スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

監視と観察

もうずっと以前に聞いた噂。
中国googleで、「天安門」を3回検索して、ファイアウォールをチェックすると、明らかに奇妙なアクセスが確認できるらしい。

でも、いつのころからか、不正なアクセスはバカみたいに増えて、ファイアウォールの記録は毎日ものすごい数ですよね。そのうちどれが「奇妙」なのか、私にはよう判断できません(笑)

中国人の多くが「天安門」を知らないという噂は、中国人の知り合いがいないので、確かめようがない。

なので、中国共産党が、情報統制をしているという噂は、
「現実味はあるよな」
と思いながらも、嘘かほんまか……というふうに、一応は思ってました。

でも、こういう記事を見るとね……。
中国、パソコンの検閲ソフト義務付け発表 有害サイト接続を遮断
中国がパソコンメーカーに有害情報遮断を義務付け

しかもその検閲ソフトは、「政府指定のもの」だってんだから、きな臭いことこの上ないとおもう(^^ゞ

その後、
中国政府指定の検閲ソフトにセキュリティ脆弱性--米大学研究チームが警告
なんていう記事で、そのソフトのお粗末さが露呈したことは、もう、
「やっぱしね~」
としか言いようがないとしても……。

なんともかんとも。

為政者とは、国民を「被支配下」に置きたくなっちゃうものなんだろうか。

いや~ね~~~。

とはいえ、アメリカにも「エシュロン論」なんて噂(じゃないっていう噂も(笑))があって、9.11テロのとき、当時の副大統領だったか誰かが、
「すべてのメールは監視していたのに、見過ごしてしまった。暗号を使っている可能性が大だ」
と発言したとニュースが流れて、3時間後にもう一度見たら消えてた……なんてことがありました。
たまたまなのかどうなのかはわかんないけど、そもそもインターネットという仕組み自体が、軍事利用のために作られたなんてこともあったりして……。

実際問題、一旦回線に乗ったものは、どこをどう通って相手のところに届くか私たちにはわかりませんからね~(^^ゞ

個人的には、メールにしても、手紙にしても、電話にしても、他人に見られたとき心の底から恥ずかしくならないような内容にすべきだとおもうのだけれども。
つまり、相手を不快にさせないためにという意味で、ですが。

でも、監視されてるというのは、あんまし気分の良いこっちゃないですわね。


だけど、よくよく考えてみれば、監視・被監視の関係というのは、日常にも結構あったりします。
家族などの間で行われるものは、監視という言葉は適切じゃなく、「観察」というべきだとは思うのだけれど。
ときどき、家族間のことでも、「監視」としか言いようのない感じの話も聞きますよね(^^ゞ
親子間でも、夫婦間でも。

うちの場合は、ほとんどのものを共有してるし、私自身、自分が自分に届いたメールの、内容が旦那の方が詳しいと判断できるときは、旦那に携帯を渡して、
「あなたから返事打っといて~」
ってやるぐらいですんで(^^ゞ

よしんば「監視」されたとしても、全然苦痛じゃあないとは思うけど。
あ、相手が旦那なら、ですよ。他の人なら苦痛(笑)

でも、一番私をよく見てるのは、旦那ではなく、もしかしたらペットじゃないかと思うのであります。

特に、わんこというのは、どうしてそうも勘が良いのかと感心したりします。

旦那から「駅についたメール」が届いた後、ご飯の支度をしながらびーこをちらちらと見ていると、最初は私に対して愛想を振っていた奴が、だんだんそわそわしてきます。

そして、しばらくすると、玄関をちらちらと観るようになり、その回数が増えてきたころ、旦那の足音が聞こえ出すんですよね。
犬の耳がいいのは本当だとしても、広い範囲の音を聞くことができるなら、それだけ聞こえてくる音の数は多いはず。
その中から、飼い主の足音を聞き分けるたぁ……えらいやっちゃ。

すごいのは音に対する感覚だけじゃありません。
「勘」としか言いようのないものもあります。

私たちが旅行中、わんこはうちの実家に預かってもらってます。
もともと、「犬を飼いたいけど、年齢的に心配」ということで、犬を飼うことを諦めている父は、結構喜んで、びーこの散歩などをしてくれてるようで。

私たちが実家を出た後、すぐにでもびーこと遊んでくれたりするそうです。

で、びーこの方も、実家の両親にはすっかりなついていて、普段なら、私たちがでてすぐ、
「よろしくお願いしま~す」
とばかりに、実家の両親に愛想をふるそうな。

でも、たまたまその日、私たちはびーこを一旦預けた後、他の用事のために一度実家を出、また実家で夕食をもらうために戻りました。

その際、私たちが一旦家を出た後、父母がどれだけ
「びーこ~、遊ぼう~~~」
と誘っても、玄関の方をビシッと向いたまま、うごかなかったとか。

「あんたたちがすぐに戻ってくるってわかってたみたいやったで」
だそうなんですよね。

なんでわかるんだろう?

会話の雰囲気からわかるのか?
私たちが実家を出るときの感じから「戻ってくる」と感じたのか?

よくはわかりませんが、「動物的勘」ってのは、ほんまバカにできないとおもうのであります。

いったいぜんたい、あのあほの犬は、私たちのどこを観察しているのか。
不思議だ。

そして、レベル的にはあほ犬ほどではないにしても、チュリーの勘もバカにはできません。

今回、私が「さぁこれから二日間留守をしよう」という朝、チュリーは餌を全然食べませんでした。

この子は、朝起きたら、軽くパリパリと餌を食べ、その後私の肩に乗ってきてひとしきり遊んだ後、また籠に戻って今度は本格的に餌を食べます。

なのにこの朝は、ご飯を食べずに私の肩へのってきて、
「そろそろご飯食べようね~」
と籠に戻そうとしても、首を曲げて羽根をばたつかせ、肩のところに戻ってきてしまったんですよね。

まぁ、夜中に旦那が帰宅したとき、3グラムほど餌がへってたってんで、昼間は諦めてポリポリ食べてたようですが。

でも、
「行っちゃやだ!」
な態度はちゃんとしてたんですよね。

普段、私が、40分の買い物の旅へ出掛けるときには、な~んの不安そうな気配もなく、のんびり頭を掻いたりしてるのに。
この小さな鳥頭のどこで「今度は長い留守番だ!」と判断するのか。
何をどう観察しているのかは不思議です。

んでもって、今回初めて呼び鳴きってのをしました。

昨日の朝、旦那が駅まで迎えにきてくれて、私を家の前で降ろし、自分は車を車庫に戻しに行ったんですよ。
で、私は一人で家の玄関を開け……たら、二階で、チュリーが

「ぴ~~~~~っ!!!ぴ~~~~~~~~~~~~っ!!!!!!!!!」
と必死で呼んでるのが聞こえました。

多分、私が玄関を開ける前から鳴いてたと思います。

いったい何がどう、彼を突き動かすのか。

正直、私たち夫婦は、わんことオカメの、執拗なほどの視線・聴覚・その他感覚の下で生きているのだと思わざるを得ません(^^ゞ

それが却って「愛おしい」と思うのは、彼らの観察の根本に、「飼い主に対する愛」があるからなんでしょうね。

むちゃくちゃ適当に分けてしまえば、「監視」と「観察」の違いは、「そこに愛があるかどうか」に関わってくるのかもしんないです。

結局、「愛があるかないか」ってのは、なんに関しても大きいとは思うなぁ。

たとえば、今朝、笑っちゃったニュースがありました。
実家に帰る妻子、パトカーが取り囲む…夫がウソの110番

夫婦喧嘩して、奥さんが実家に車で戻ろうとしているとき、旦那さんが、
「僕の車が盗まれました!中にはまだ妻と子が乗ってます。すぐ探してください!!」
と110番通報したそうでございます。

なんちゅ~人迷惑な。
なんちゅ~、視野の狭い男であることか。

ただ、この旦那が、客観的視点があまりにも欠けた迷惑野郎なのは間違いないとして、少なくとも周囲の人間にそれを許してもらえるかどうかは、この人の他の人柄や、普段の妻や子に対する愛情のようなものにかかってくるんじゃないかと思います。

奥さんは、自分の車がパトカーに囲まれ、「保護」されたとき、通報があったことを聞き、

「そんなくだらないことをするのは夫に違いない」

と答えたとありますね。

「くだらないこと」という表現には、愛がないとも言えない気がするし。
少なくとも、夫に暴力を受けてた妻の言葉ではない気がする。

その後夫は、

「悪いことだと分かっていたが、妻を連れ戻してほしかった。自分の行為が恥ずかしい」

と供述してるらしいから、悪い人ではないかもしんない。

そして奥さんは、

「心底あきれ返っている」

と、余裕のコメントをしてるから、ほんまにつまんない事件だったみたいですが……。

多分、このニュースの続報はないだろなと思いつつ、まぁ元の鞘に戻りそうな気がします(^^ゞ

よくわかんないけども、もし夫が妻を「愛のない監視下においてた」とかなら、こういう、どっか間抜けな感じは漂わないとおもうんですよね、多分ね。

そのあたり、「愛」ってのは、やぁっぱ大事だよな~~~~~~とか思ったりするのでありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。