スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二日目:横浜~渋谷~新宿

さて、二日目、ホテルのベッドの上で、
「やばい予感」
とともに目覚めました(^^ゞ

「こりはやばい」
トイレへ行って、「処置」。

ふふ……前夜飲み過ぎたわけでございます(T_T)


とりあえず、水をガバガバ飲んで、「加水分解」を加速させます。

この日は9時過ぎに、横浜で、ライターさんと待ち合わせしてました。
彼は「テクニカルライター」と呼ばれるタイプのライターさんになると思います。

パソコン関係のマニュアル本を出しておられるんですよね。

だから、どちらかというと軽い文章を求められる私とは、仕事の内容が結構違うはず。
そういう話をしよっかな~……と思ってたんですが、なぜか話題は歴史に関してでした。

「あれ?アレクサンダー大王とソクラテス(違ったかも(^^ゞ)って時代が前後してましたっけ」
「え?シーザーとイエス・キリストって同年代っすか?」
「三国志って、魏・呉・蜀ですよね?」


……どんだけの時代、国に渡ってんねんって話でしょ(笑)

何しろ博覧強記な方だったんで、どんな話題でもどんどん広がるんですよ。

「いつリバースするかもしらん」という気があり、注文したカフェオレをちびちび飲んだのが幸いして、2時間おしゃべりしてる間、店員さんが、
「お下げしま~す」
とやってくることはありませんでした。

良かった良かった(?)

で、11時ごろ、ライターさんとお別れして、私は渋谷へ。

今回の一番の目的は、渋谷で行われるエッセーの合評会だったんですね。
記念本に掲載していただくエッセーについて、合評会を行い、それを参考に訂正し、版元へ送ります。

去年の合評会は生徒作品の合評会だったんですが、今回は「会員」つまり、講師側の合評会ということになる……と言ってよいでしょうか。

なので、当然厳しい意見がでるわけです。
私は、構成が分かりづらいと指摘を受けました。

去年も思ったんですが、私のエッセーは、浮き上がっていました。

みなさん、「生活」を書いておられるんですよね。
私は、「生活」なんか書きたくないんすよ(^^ゞ
「そんなものは下男にでもやらせとけ!」
とまでは言わないけれど、せっかく文章で何かを描くのなら、美しいものを。
そう思うのですが……。

ま、我が道を行こうと思います。
構成については、時系列順に並べ直すつもり。

合評会が終わったのは16時ごろ。
この後は、友人たちとの飲み会の約束があります。

待ち合わせ場所は、新宿アルタ前(ベタベタ)。
時間は19時。

時間があまるのでどないしようかとも思ったんですが、とりあえず新宿に向かい、本屋で時間をつぶすことにしました。


しました。


しました。


しましてたんです。


でも…………………。




新宿って、なんであんなに広いの~~~~~~~~~~~(T_T)




待ち合わせの、アルタスタジオのある場所は、新宿駅東口です。

帰りの夜行バスが出発するのは、西口近辺です。

まず、アルタまでたどり着くのに、四苦八苦(^^ゞ
去年もアルタ前で待ち合わせしたはずなのに、一本道を間違えたみたいでして、何度右往左往しても、見覚えのある景色なし(>_<)

やっと見つけたときは、もう17時半を周ってました。

渋谷から新宿まで電車で10分ほど。
徒歩の時間を合わせても30分かかってないと思います。

ということはつまり、アルタ探して1時間さまよってたわけですね(^^ゞ

そしてその後、バス乗り場を一応下見しておくことにしました。

この日会う予定の友人の一人は、方向感覚に非常に信頼が置けるので、彼に案内してもらおうという気はあったんですが、なにしろ仕事帰りに待ち合わせなんで、最悪の場合、
「仕事で行けなくなった!」
ということを考えておかねばなりません。

でも、普通、「東口から西口への移動」なんてすぐで簡単だとおもうじゃないですか?

なのに……東口から入っても、東中央口、南口、南東口へ行く案内板はあるのに、西口への案内がな~~~~~い!!!!!

時計についてある方向磁石で西の方へ行こうとしたら、ルミネ・エントが邪魔をする!!!!!!!!!


おどりゃ、私を大阪に帰さへんつもりやな?!(←なんて都合のよい解釈(笑))

「こりゃ、駅構内を移動するという考えはやめた方がいいな」
と気づいたのは、

東口から入って南口から出る。
東口から入って、南口から出る。
東口から入って、南東口から出る。

……で、自分が狸に化かされてるということに気付いた後でした(笑)

外を周ったら、なんとか西口に行くことができ、バス乗り場も確認できて、やれやれですわ。
でも、最後に、友人たちがバス乗り場へ送ってくれたときは、もっと近道でこれたんですよね……。
どこをどう行ったのやら、ようわかりませんが(←ダメぢゃん!!)

で、再度アルタ前に戻ってきたのは、もう18時30分を周ったころでございました。
「早目について本屋でも」
と思ってたけど、また本屋を探してたら次は19時半になってまうわ、と、時間つぶしを諦め、アルタビルの中をうろうろしたり、そばの電器屋さんをちょろちょろしたりして19時まで時間をつぶしました。
やれやれ。

この時に約束していた友人は、男一人、女一人。
旦那より古い付き合いです。

私が仕事でインターネットの管理などというものを任されたとき、周囲にはインターネットはおろかパソコンの扱い方を知っている人さえおらず、私はインターネットを通じていろいろ学んだのであります。
そんときにね、知りあったの。
旦那と結婚してからは、旦那とも共通の知り合いです。

男友達は、いわゆる「役人」。
女友達は、簿記に関係する仕事だっていうんだから、商社で働いてるのかな(^^ゞ

……お互いの私生活については、それぐらいの認識しかなかったりするのに、一年に一度会って、すぐに腑に落ちる会話ができるのは、ある種の信頼関係があるからなんだと思います。

つまり、お互い、お互いの「最悪の時期」を知ってるからじゃないかと思います。
何をどう辛いと感じ、何をしんどいと思い、何を苦しむのかは人それぞれなんですが、多分、私たちは三人とも、大概のことを「やり過ごす」タイプじゃないかと思います。
自分の手に負えないことで悩んでも無駄だし、自分の力に余ることに苦しんでもせんないこと。
なので、大概のことは、通過するのを待つしかなかったりしますし、そのことは、「わかってる」んですよね。
そして、そういうときでも、自分ができること、やるべきことは必ずある。
それは、とりあえず懸命に、全力でやるしかない。
そういうもんです。それ以外、何ができるってんです?

そしてそういう真っ最中に、友人に何ができるかというと……なんもできるわけがない(^^ゞ
ただ、
「あなたなら、この辛い期間を耐え抜いて、またへらへら笑えるようになるでしょ」
と信じて、そばで見てるぐらいしかできないじゃないですか。

それもまた、多分、「信頼関係」なのだと思います。


これは別の友人ですが、ペットロスのとき、、「長すぎず、短すぎず、適度な時間、飼い主の勤めとして凹むがよい」という言葉をくれたのは、ほんまに助かりました。

もちろん、慰めてもらえるのは、ありがたいし嬉しいんだけど、そこにあるのは、「労り」。
「おまえなら耐えられる」という信頼は、ないでしょ?
私という人間は、「労り」に「信頼」をプラスされると、元気になろうって気がするんですよね(笑)
もちろん、自分がしんどいときにどういう言葉が欲しいかというのは、その人の個性によるとは思いますから、正解なんてないんですけどね。

とまぁ、そういうわけで、この日集まった三人は、お互いに、お互いの「むっちゃしんどい時期」を知りつつ、「しんどいのが終わったら、ぱ~っと遊びに行こか~」でやり過ごした仲間だったりするわけです。

でもこの日、私は二日酔いが完璧にはおさまらず、酒はやめとくことに。
女友達も「私も今日はソフトドリンクで」。
男友達だけがアルコールを飲んだんですが……。

酔っぱらいの集まりとしか見えなかったと思います(笑)

本人たちはまじめな話をしてるつもりなんですけどね(^^ゞ

「69」とか「海綿体」とか、「Gスポット」なんていう単語が飛びだすからといって、別にエロい話をしてたわけじゃありません。
全共闘世代の、共通の友人の話から、村上龍の「69(シックスティナイン)」の話になり、「あれは69(シックスナイン)とかけてるんだろうね~」「そりゃそうでしょ」なんて話になり、そこからなぜか半陰陽の話になり、半陰陽の人の性器の形成についての話題となり……。

実に、文学的かつ学術的な話題……のつもりなんですけどね。
本人たちは(笑)

特に、男友達なんかは、今最高学府で教鞭をとってるわけで、アホではあり得ないはずなんですが。
どこをとってもアホやん(^^ゞ
日本で一番お勉強のできる大学の学生さんたちは、この男から何を教えてもらってるんでしょうね(笑)

女友達は、見るからに爽やかで清潔そうな美人なんですが(笑)
「ペニスの太さはね?」
なんて、とっても涼やかな声で(しかも女二人はまったくシラフなのに)話すわけです。

周囲が酔っぱらってたから良いものの、そうでなければ、お店の中で、かなり引かれてたかも、しれません。

金曜日の新宿ってこともあり、お店は2時間しか置いてもらえませんでした。
私のバス出発までは、1時間30分ほどあります。
ってことで、なんとなく、カラオケに行くことになりました。

でも、カラオケボックスはどこも満杯でね~~~(^^ゞ
やっぱり金曜日の新宿ですわ~(T_T)

やっと見つけたカラオケボックスは、飲み放題がついて、一時間一人1500円。
……ちょっと高ぇ……とは思いましたが、それまで客引きにきたカラオケのお店は、飲み放題がつくとはいえ、一時間一人3000円とか言われましたからね~(^^ゞ

妥協点でしょ。

ってことで、ボックスに入ると、とりあえず私が、定番の、「心もよう」を。

「心もよう」は、井上陽水のミリオンセラーなんですが、今の人は知らないでしょうね(^^ゞ
「フォーク世代」の人なら必ず知ってるとおもうんですが……。

まぁ、そういう歌です。

陽水ファンの私にとっては、これが定番なんですが、なぜかこの後、全員で陽水メドレーになってしまったのは、なぜ???

他の歌手の項目を見ただけで、

「浮気すんな!!」
と、頭はたかれました(>_<)

さっきまで、「前立腺とペニスの相関関係と、Gスポットとクリトリスの相関関係は同じなんだ」なんぞとまじめな表情でひそひそやってたメンバーが、

「人生が 二度あれば!!」
とこぶし固めて絶叫し、

「行かなくちゃ 雨に濡れて行かなくちゃ!」
と声をふるわせ、

「夢の中へ行ってみたいと思いませんかぁふふっふ~♪」
と軽く握った両手のこぶしを胸の前で左右に振ったりして、1時間を過ごしたわけです。

客観的に見たら、気持ち悪い集団っすね(^^ゞ

そうやって3時間を一緒に過ごし、私をバス乗り場まで送ってくれて、そこで解散となりました。

また来年っすね。
でもまた来年も、1年間のブランクを感じず、非常にばかばかしくくだらなく、生活になんのプラスにもならない話で額をつきあわせてひそひそやるのでしょう。

そういう友達もいいよね(笑)

で、私は、夜行バスで大阪に戻り、先ほど家に帰ったわけです。

今回の旅でお世話になったみなさん、本当にありがとうございました。

こ~んな私ではございますが、これからも見捨てず、どうぞよろしく!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ!

いい友人をお持ちで羨ましいですね。

情景が手にとるようにわかりますよ。素晴らしい!

いつも面白く読んでますよ。素通りが多くて・・・・ごめんなさい・

いつもありがとうございます

いえいえ、ご覧くださってるってだけで、むちゃくちゃありがたいです。

「会えばすっと心が通じる友達」
は、結構頻繁に会えても、たまにしか会えなくても、どっちでもいいんだな~なんて思ったりしてます。

友達って、とても大切だし、素敵なものですよね(#^.^#)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。