スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祭りの後

昨日は、仕事関係のSNSで交流のある人たちとオフ会でした。

関東から出席してくださった方とは、野鳥仲間でして。
彼とは、朝に待ち合わせをして、他のメンバーとは、飲み会で落ちあいました。

さて、待ち合わせは朝の9時。
まず、ハヤブサが巣を作ってるという塔へ向かいました。

0613hayabusa.jpg

「鵜の目鷹の目」とは言いますが、ほんま猛禽類って、なんであんな上空から獲物をみつけられるんでしょうね?

旦那のカメラでは、これでいっぱいいっぱいですね。
でも、羽根の綺麗な模様がよくわかると思います。

とりあえず、ハヤブサが見れただけでもラッキー!!

そして次はカワセミスポットへ。

私たちがこの場所へ最初きたとき、雄一羽だけがでてくるのみでした。
それが、繁殖期を終えたころ、雌も見られるように。

でも、まだ雛を見ることはありませんでした。

だから、それほどは期待してなかったんですが……。

到着するなり、四羽のカワセミが出迎えてくれました!!
いや~~~、興奮したわぁ(^^ゞ

0613kawasemi1.jpg

距離も近かったので、結構鮮明な写真も撮れましたが、ちょっと動きのあるものをチョイスしました。

いつもの写真で見るカワセミより、少し色がくすんでるのがわかります?
雛なんです、この子。

ご一緒した野鳥好きさんによると、もっと綺麗な色、いわゆる「カワセミカラー」になるまでには、一年以上かかるとか。
もちろん今でも十分綺麗ですけどね(#^.^#)

この場所には9時過ぎに到着して、12時過ぎまでいましたが、四羽そろったのは、最初の一度だけでした。
その後、父カワセミと子カワセミのツーショットは見かけましたが、母カワセミはもう一羽の雛と巣の方にこもっちゃったのかな?

それでも、かなり興奮したなぁ!!

その後、昼食を済ませて、次は交野市にある星田園地へ。
入口のところで、オオルリの声を聞いて興奮したんですけどね……。

残念ながら、姿は見つかりませんでした。

綺麗な声を聞けただけでもラッキーなんだけど、でも、せっかくなんだからしぶい青色も見たかった……。

園内には、「さえずりの小道」という、「いかにも」な道があるのを発見したので、とりあえずそこへ行ってみることに。

星田園地の名物、「星のブランコ」を渡っていくことになりました。

星のブランコってなんぞやと思うでしょ?
吊り橋です。
私があんまし得意としない、あの、揺れる橋です(笑)

ど~も苦手なんですよね(^^ゞ
ここの吊り橋は、奈良県十津川村にある谷瀬の吊り橋とは違って、足元から下が見えたりすることはないし、手すりもかなり高い位置に設置してあるんですけど……。

喜んで渡りたいとは思いません。
思いませんとも。

でも、せっかく関東から来てくれはったことだし、
「話題のために、とりあえず渡っておきたいっていうんなら、行ってみます?」
と……聞いてみるんじゃなかった(^^ゞ

この客人は、私より4歳も若いにもかかわらず、落ち着いた人でしてね。
この人が、
「吊り橋は怖いからやめましょう!」
と言い出すとは、私も思ってなかったんですけど(^^ゞ
「そうですね。渡ってみましょう」
と言われるとは思ってたんですけど……。

吊り橋につくまでに、何度も、
「怖いから、やっぱりやめるっていうんなら、やめていいんですよ?」
と話しを振りましたが、その度、怖がってる私と、面白がってる旦那の両方の顔を見ながら、落ち着いた笑顔で、
「いえいえ、渡ってみましょう」
という答えが返ってくるのでございました。

チッ。

でも、渡ってみると、それほど怖いって感じでもなかったんですけどね(^^ゞ
なんつ~~んでしょうか、渡る前のドキドキ感が、いや(笑)

で、さえずりの小道へ。

いや~~~~~~~~……。
急な下り坂でしたわぁ(^^ゞ

「さえずりの小道」
なんてネーミングからは、なだらかな下り坂が続くイメージをもっちゃいませんか?

確かに、吊り橋へ行くまでに、結構急な坂をずんずん登りましたから、ゲートに戻るためにはかなり下らなくちゃいけないってのはわかってましたが、こう、なんてんでしょ。

長くてだらだらした坂だと思ってたんですよね。

だって、
「さえずりの小道?」
ですよ???
あんな急な坂が続くんなら、
「山の急坂(野鳥の声が聞けるかも?)」
っていう名前にしとくべきだと思う。

途中、綺麗な小川も流れていたりして、リラックスするには最高でしたが、期待していた野鳥とは遭遇できず。
う~む、残念。
途中で、さえずりはいろいろ聞こえましたが、どうもホオジロだとかヒヨドリなどの「平地にもいる鳥」ばかりだったようです。

チッ!!

この公園を出たら、後は宴会を残すのみ。

今回参加したのは、文房具屋さんの若旦那と、グラフィックデザイナーさんと、私ら夫婦、そして関東からわざわざ来てくれはった、整体師兼システムエンジニアさんの5人。

私ら夫婦以外は初対面でしたが、SNSでのやりとりで、割合とお互いに「知って」ます。

なので、最初から、かなりスムーズに、いろんな話題が飛びだします。

今回集まったメンバーの共通点は、「夫婦仲が良いこと」でしたから、お互いの配偶者の話しだとか、お笑の話しだとか、後は自分の仕事の話しだとか。

お酒が入っているとは思えないぐらい、秩序だった会話になってたのが、びっくり。

そして、大阪に4年(5年だっったっけ(^^ゞ)おられたとはいえ、関東生まれの関東育ちであった整体師さんが、大阪のお笑いに詳しいのにも、びっくり(笑)

花紀京をわかってくださったのには、なかなか感動いたしました(笑)

でも、わたしたちが一番アホ盛り上がりしたのは、注文した日本酒がやってきたときだったと思います。

宴会場となったお店では、日本酒は、小さなガラスの受け皿の上に載せたカップに入れてくれはります。

例えば、マスの中にコップが入ってたりする場合、大概、日本酒はコップからあふれさせて、枡の半分ぐらいまで日本酒が入りますよね?
だから当然、この受け皿にもそういう意味がある……と、私たちは思いました。

なので、一升瓶を抱えて登場したお姉ちゃんが、カップに8~9分目ほどお酒を注ぎ、ニッコリ微笑んで、私の前に置かはったときには、ついつい、
「えぇえええええええっ!?」
と驚きの声をあげてしもたのであります。

そして、その次に注文したときには、
「一杯注いで?」
と、40歳を超えてるくせに、コクンと小首を傾げて見せたのですが……。

たまたま、一升瓶にわずかに日本酒が余ったみたいなんですよね。
今回は、受け皿にこぼれるほどの日本酒を注いでくださったのでした。

それを見て、その場は大盛り上がり!!

「優しい!」
「サービスいい!!!」
「いい人っ!!」

褒めちぎったのはまぁいいとして……。

次から誰かが日本酒を注文するたびに、いかにもイカツい整体師さんや、40歳越えたおっちゃんおばちゃんが、両手の人差し指をほほに押し当てて小首を傾げ、

「たくさん注いでほしいの。こぼれるぐらい♪」
と、こぼれるほど注ぎ終わるまでやり続けたのには、多分、閉口だったと思います(^^ゞ

みなさんノリがよくってね。
「可愛くお願いしなきゃ!可愛くお願いしなきゃ!!」
と催促したら、やってくれはるんですよね(笑)

とまぁ、ほんまに、盛り上がりまくったんですけど、ふと考えてみたら、今回の集まりは、「ビジネス関係」だったはず。

ビジネスの話ししたかなぁ(^^ゞ

なんにせよ、楽しかったです。

でも、家についたら、もう午前様。
それから風呂に入って寝たのは2時。

そして今朝、さきほどやっと、写真を全部チェックし終えました。

なにしろ、カワセミが出張ってくれてたんで、興奮して撮りまくってしまい、旦那と私の撮った写真は合わせて300枚近くあったんですよ(^^ゞ
あほでしょ(笑)

ということで、やっと出掛けられます。

ただ、昨日一日留守番してたチュリー君は、ほとんどご飯を食べてませんでした。
困ったもんだ。

なので、今日はあんまし遠出をせず、なるべく家にいようと思います。
世話やけるんだから、もう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。