スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乾為天

あほ犬は、昨日の午前中、おやつならバクバク食べるという調子でした。
が、ごはんを出してみせても、
「つ~ん」

普段なら絶対食べられないような、「御馳走○○」などと書かれた生タイプでもダメでした。

でも、着実に元気になってきてることだし、最終日くらい出かけようか……とやってきたのは、毎年訪れる滝です。

いつ来てもほとんど貸切状態。
修験者さんの修行場でもあるようですので、場所は書きません。

でもここは本当~に涼しいんですよ。

0815_bunzou7.jpg

下流。
0815_bunzou6.jpg

そのアップ。
0815_bunzou8.jpg

見るからに涼しそうでしょ(#^.^#)

岩肌を流れる水。
0815_bunzou11.jpg

イワタバコ。
0815_bunzou10.jpg

花だけ。
0815_bunzou9.jpg

岩肌をしたたる水滴。
0815_bunzou11.jpg

は~、涼んだ(#^.^#)

この川の水に1分以上足を浸けてることは無理です。
痛くなる(^^ゞ

どんな暑い日でもそうなんですよ。
水辺に座ってぼ~っとしてたら、今が夏だなんてこと、忘れてしまいます。

でも本当はね、秋の気配はもうそこかしこにあふれていることに気づいてました。
0815_bunzou5.jpg

夏まっさかり。
でも本当は、そこから秋の始まりなのです。

このところの荒天で空気が澄んでいるのでしょう。
遠くの山が近くに見えます。
0815_bunzou4.jpg

青々とした稲が、本当にきれい。
0815_bunzou2.jpg

山並みのアップ。
0815_bunzou1.jpg

いかがでしょう。
秋の気配をお感じいただけましたでしょうか(笑)

アザミやヘクソカズラなど。
秋の訪れを感じさせる花もところどころで見かけましたよ(#^.^#)
0815_bunzou3.jpg

結局この日は5時間ほどの外出でしたが、余裕の表情で留守番してたびーこ。

出かける前に、
「一応……」
と置いて行った生タイプの食事はいつの間にかなくなってました。

追加で出してみると、バクバク食いつく。

どんどん食欲も戻ってきてるみたいですね。

元気になったら、今まで通りの、療養食(あんましおいしくないらしい(^^ゞ)だからね~~~~~……。

とはいえ、お医者様曰く、
「いつもあげておられる療養食ですが、意外と普通のドッグフードと変わらないです。脂肪分が少ないぐらいなんで、そんなに神経質になる必要ありまっせん!」
だそうなので、まぁボチボチ様子みながら食事させてみます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和:南里

本当のものは
静かに語る
というような写真
ありがとうございます

「和」の「調べ」と書いて
「調和」

「美」とは
大宇宙と高度に実現された「調和」
なんだと思います

人も
大自然のように
「美しくあれ」
と言われた気がしました

こんにちは〜♪

ワンワン、回復してきて良かったね
おめでとう〜♪

医療が発達したことと
今回のような、先生が世にいらっしゃること
ほんとうにありがたいなあって思います

「信頼」するとは
私たち日本人同士にとってほんとうに
取り戻したい大切なことだと思います

「不信」のために
心配が増えます
契約書が増えます
法律が増えます

これがほんとうに必要な労力なのか
どうかは分かりません

人に身を委ねる覚悟がむずかしいようです

「信頼」は
高度な対他的な「和」の実現ではありますが
なぜか、自然発生的な心構えを感じるのは
「縁」という私たちにはどうしようもない
出会いの運命に基づくからなんでしょうね

私たちは
他の国々の「平和を愛する」気持ちを
信頼して、戦争を放棄すると憲法に明文化し
世界に宣言しました

信頼が縁によるもので
それが悪縁であれば、確実に信頼することができません
そうしたら、世の習いで、信頼できないなら
相手にしない、排除するとなりますもんね

日本人同士、ほんと
互いに日本人として生まれた事を良縁にせんと願い
「和をもって貴しとなす」との言葉通り
すこしでも信頼し合う和を広げていきたいですね
このような写真の風景を美しいと感じ
同じ国土に立つ
ありがたさを思うだけなんですけど・・・

「縁」と「信頼」を結びつけていいものか
どうか分かりませんけど
その獣医先生を「信頼」する気持ちが
文章の中にあふれているようで
いいなあって思ったんです

国土あり
 和の美しさ 広げよう
  共に国土に 立ちたる同士
”若旦那ん〜♪、なんり、深感恩

No title

今回つくづく思ったのですが、病気の快復に「信頼」の有無は非常に大きいです。

私たちが獣医さんを信頼することで、あほ犬も安心して病院にいられます。
待合室で他の人たちとしゃべっていても、みなさん口をそろえて
「この先生はいい人、それに腕がいい」
とおっしゃいますが、確かに、腕も良いと思うんですよ。
処置がすごく早い。

以前の病院では、注射を打つとき、
「動かないでね~、動かないでね~」
とびくびくするお医者様もおられて、それでびーこもびくびくして却って動いてしまうなんてことがありました。一瞬で終わる注射でさえそうです。時間のかかる点滴だったら大変だったでしょうね(^^ゞ

その点、今のお医者様は、目にもとまらぬ……と言ったら大げさですが、ささっと注射針を刺してくださるため、びーこも何が起きたかわかっていないようで、結果的に怖がる様子を見せることもなく、点滴の診察台の上で落ち着いて座ってます。

お医者様に対しても、
「痛いことをする人」
と認識しないからか、おびえる様子も見せませんし。

「信頼」って、本当に大きな力だと思います(#^.^#)
ただ、おっしゃっているように、縁やら相性もありますから、誰とでも信頼し合えるわけじゃないのが、悲しいところかもしれませんが……。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。