スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏本番

「夏だ!」
と実感するのはいつですか?

梅雨が空けたら?
それもあるでしょう。

どこかで海開きしたら?
もちろんそれもあるかもしれない。

でも私の場合、「鮎の塩焼きを食べたら」なんですよ。
おほほほほほほ。

昨日はまず、吉野へ向かいます。

そう。
今年も「しいたけの宿」さんで鮎の塩焼きを食べようってわけですね。

0729_takakamo5.jpg
どうです。うまそうでしょ?

店先にはおばちゃんが立ってて、私が手を振ると、
「いや~!!」
と笑顔を見せてくれました。

店の中からはおっちゃんも。

「今日は川まで行って鮎を食べるんで、持ち帰ります」
とお願いして包んでもらい、いつものスポットへ。

0729_takakamo2.jpg

どこかのボーイスカウトらしき集団がきてましたが、食事中みたいなので川は私たちが独り占め(笑)

水はやっぱり冷たく清く、小さな魚がたくさん泳いでいます。
杉の木立を渡る風、もみじの葉を通して降り注ぐ太陽、そしてひぐらしの声。

鮎の塩焼き!!

実はこのとき私は二日酔いでした(^^ゞ
そんな飲んでないはずなんですけどね~~~~~~……。

やっぱあれがいかんかったんやと思う。
友人が出してくれた、いじくりまわされた日本酒(^^ゞ

夜も飲んだんですが、二合ぐらい。
なもんで朝起きたとき、体が重いなとは感じたんですが、まさか二日酔いとは思わず。

「何がしんどいんやろ?熱中症?」
なんて思ってたほどなんですよ(^^ゞ

でも熱中症という感じじゃない。
「二日酔いかなぁ?でもそんなに飲んでないけど。昼間に飲んで、夜にも飲んだのが悪かったかな?」
と旦那に言うと、
「量より質の問題やろ」
とあっさり肯定されました(笑)

「醸造アルコールは悪酔いさせる」
というのは迷信だ……とおっしゃる酒人さんもおられます。

でもねぇ、飲む者の実感としては、醸造アルコールがジャバジャバ入った日本酒を飲むと、良い酔い方はできません。
たぶん、成分云々の問題だけじゃないんでしょう。

なもんで、このときちょっとしんどかったんですが、川の流れに足をつけ、鮎を食べてるうちに気分改善されました。
ただ強烈な眠さが襲ってきたけど(^^ゞ

その後はいつもの神社へ。
お誕生日のご祈祷をしていただきました。

知らないうちに池に舞台ができててびっくり。
0729_takakamo.jpg

秋の観月演奏会ではここで雅楽が演奏されるそうです。

昨日宮司さんから教えていただいた興味深い情報を、備忘録代わりにここに残しておきます。

・延喜式の記録によれば、中臣氏が清め祓の儀式を行った後、清めの人形(ひとがた)は、忌部氏と卜部氏により対馬に運ばれ、そこから海に流された

・宗像大社には海軍のトップが天下り、宮司職となった

清め祓の儀式に、中臣氏や忌部氏、卜部氏が関わるのはよくわかります。
でもなぜ対馬?
関西で集められた人形はすべて、対馬に運ばれたそうな。

ちなみに関東の人形は伊豆だそうです。

宗像大社は、朝鮮半島に近いので、守りを固めるためにも、外交のためにも、海軍のトップが関係するのはよくわかりますから、こちらは謎じゃないんですけどね……。

この神社は、風の森に坐す、雷神の社。
ご祈祷の間中、涼しい風が吹き抜け、遠くでは雷が鳴っていました。

なんともゴージャスなシチュエーションだと思いませんか?

さて、今日は畑です。
そろそろ準備して行ってきます!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美しい国、日本:南里

のん様の二日酔いを除いては
和やかでとても気持ちがいい
一日でしたね
レポートありがとうございます♪

おはようございます♪

話は、全然関係ないんですけど
全国民が一日2杯ご飯をおかわりすると
食料自給率がたいそう上昇し
そして、国力も増強されるという構図は
あるユニークな発明家の書いた本で
読んだように思います

日本で自給できる主食を
国民が一生懸命摂取することで
1、パンなど他のものの摂取が減るから
 食料自給率が上がる
2、米を食べるとエネルギーが出る
 古くからの日本体質を呼び起こす

日本のビールに
米を合わせてあるのも
そのためかもしれませんね

そして
特に日本酒は、国産米で製造されていますので
純国産のいい酒になると、二日酔いの心配もなく
のん様!
浴びるほど飲んでいただくと
食料自給率・国力が増大します
日本人にとって
米は食の原点という感じがして
うれしくなりました

さて、話は本題に戻り

写真にありますように
日本の風景にたいへん心が和まされました
ありがとうございます
やはり、日本に生まれたことを感謝してしまいます♪

我が国の
 山河彩る 四季があり
  鮎の塩焼き 川面に映える
”若旦那〜♪、なんり、深感恩

No title

良いところでしょう?
まだ太古の息吹が残っている雰囲気なんです。

酒造米は、台風の多い日本では育ちにくいはずなんですが、日本以外では栽培されてないようです。
それはやっぱり、日本人が「米の酒」を愛している証拠でしょうか(#^.^#)

若旦那にもまた、おいしい日本酒をお勧めしたいなぁ!!

私は毎食ごはんを0.75合ほど食べてますから、たぶんおかわりしたのと同じぐらい?
お米のごはんがないと、味気なくて仕方ないタチですから、お米がなくなったら本当に困ります。

これからも大事に守っていきたいですね!!
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。