スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バル

昨日は八尾バルのお手伝い。
近鉄八尾駅中央改札で、
「八尾バル インフォメーションこちら」
の看板を持って立っておりました。

前回の反省から、折り畳み椅子を持参。
お茶はペットボトル2本、うちわももちろん。

と万全の装備でございます(#^.^#)
しかし暑かったけどね(^^ゞ

11時過ぎに到着してまずは13時過ぎまで、駅詰め(笑)

おなかがすいてきたので、インフォメーションに戻り、
「ごはん食べてきま~す」
と告げてチケットを2枚もらい、「ライラック」さんに向かいました。

ここのバルメニューはこんな感じ。
0728_yao1.jpg

これにアイスコーヒーがついて、600円(当日券なら700円)ですよ。
お得すぎです(^^ゞ

今回のバルテーマは「八尾枝豆」。
大阪で出回ってる枝豆のほとんどが八尾産だ……と、バル実行委員の友人は言うてました。

「採れたてをただゆでただけでもうまいんだけどね」
とも言うてましたが、お店ごとにさまざまな工夫がされてて、それが楽しいんですよ。

中に入ってたのはケチャップライスじゃなく、サフランライスだと思う。
「サフランライス」とはいっても、実際は「ターメリックライス」なんでしょうが(^^ゞ
枝豆のコクとよく合います(#^.^#)

横についてるコロッケにもクラッシュした枝豆が入ってましたよ。
サクサクでうま~い♪

その後またしばらく駅に。

大学生が、「交代します」と来てくれたんで、事務所に行ってゴロゴロしてました。
そしたら友人から電話。

「今からいくからそこで待ってて」
と言われたんで待ってたら、
「僕、日本酒が好きなんです!」
という学生さんと一緒に帰ってきましたよ。

学生さんは今上越に住んでるそうですが、この日のためにわざわざ戻ってきたとか。

「大変だね~」
というと、
「学生は研究を前倒しにするとかすればスケジュールを調節しやすいじゃないですか」
と、澄ましてはります。

友人曰く、前回のバルでは、彼がほとんど店との交渉にあたったらしいんですよ。
いい社会人になるでしょうね。
将来が楽しみです。

で、友人が用意しておいてくれた、とっておきの「どぶろく」が出てきましたよ(#^.^#)
ブランド名は「千穂まいり」。
宮崎県で作られてるそうですわ。

学生さん曰く、
「日本酒の南限は宮崎県みたいですね」
とのこと。

九州といったら「焼酎」のイメージですが、もし、天孫ニニギが宮崎あたりに降臨したのなら、コノハナサクヤヒメが日本酒を醸したのも宮崎ってことで、昔から宮崎県に日本酒があった可能性は十分考えられます。

で、飲んだ感想は、
「にごりというより甘酒みたい」
でした。

大きな酒粕の粒が入ってて、これがむちゃくちゃ甘くてうまい。
お酒の味自体も、しっかり米の甘さが残ってますから、女性好みの味じゃないかな?

「おいしいね」
「うまいですね」
「甘いね~」
などと満面の笑みで飲んでましたらば、声のトーンを落とした友人が冷蔵庫から、350ミリリットルの缶を出してきました。
「あのさ。私、某メディアで日本酒のコラム持ってるやん?そんな理由で、某大手酒造メーカーさんが試飲のお酒を送ってくれはってんわ」

……やな予感(^^ゞ

しかも缶の表面にはデカデカと、
「カロリー○○パーセントオフ」
とか書かれてます(>_<)
そんな「いじくりまくった日本酒」がうまいわけないと思うんですが……。

「飲んでみる?」
「いやいやらん」
即座に言うたんですけども、友人は開栓しちゃってます(T_T)

いらんて言うたのに……。

「ちょっと……見せて……」

缶を受け取ると、やっぱり醸造アルコール添加です。
それだけじゃありません。
糖類、その上酸味料まで添加されてるるるるるるるるる~~~~~~~~~(>_<)

学生さんも能面のような表情になってましたが、情け容赦なく注がれる液体。

コップを口元にもってくると、やっぱり「あの匂い」がします。
ええ。
醸造アルコールの、薬みたいな「あの匂い」ですよ。

言うておきますが、私は「アル添してたら何がなんでもいかん!」なんて言いません。
アル添してても全然気づかない場合も(たまにではありますが)あります。

それに品評会で金賞を受賞するのは、大概アル添。
これはですね。
「ギリギリの量を見極めてるんです」
だからだそうですね。

醸造アルコールを添加するのは、「量を増やすため」じゃなく、「香を立たせるため」とのこと。
アルコール度数を高くすることによって、吟醸香が酒の中に溶け出すんですって。

ですが中には、「量を増やすため」「醸造アルコールの味が好きな人のために」としか思えない日本酒もあるわけで(>_<)
この缶日本酒は……そっちか、と……。

「カロリーオフっていうか、水で薄めてるんじゃないですか?」
学生さんがうまいこと言いはります。

友人も一口飲んで、茶碗を床に置きました。

一瞬で空気がよどむんですよね(^^ゞ

「せめて発泡させればいいのに」

褒め言葉がまったくないというのはどうかと思って、フォローのつもりだったんですけどね(^^ゞ
なぜか空気はさらにどよりんとしたものになりました。

「どういう人をターゲットにしてるんでしょうね?」
学生さんがポツリと言います。

「若い女の子ならもっとフルーティなのが好きでしょうし」
「おっちゃんならもっとガツンとしたのを飲むよね」
「日本酒好きなら絶対飲まない味だしねぇ」




どよよよよ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん。




私個人が一番謎なのは、なぜ、「日本酒好き」を公言し、さまざまな日本酒を試している友人に、この日本酒の試飲を頼んだのかなぁということです。

もしかして、
「うまいと言うはず」
って思ったのかなぁ?

だとしたら、大手酒造メーカーの未来は暗いと思うぞ……。

この後、再度「千穂まいり」が注がれ、気分が盛り上がったところで、みな持ち場に戻ります。

私は18時過ぎに一休みして、晩御飯しました。
お店は「カリプール」。

枝豆と茄子がたっぷり入ったカレー。
0728_yao3.jpg

これにラッシーと、酢漬けキャベツのスパイシーサラダがつきます。
0728_yao2.jpg

キャベツがあんまりうまそうで、写真に撮る前にパクついてしまいました(^^ゞ
本当はこの上に、ヨーグルトっぽいドレッシングとスパイスが乗ってたんですよ。
うまかった!!

そしてまた持ち場に戻り、20時まで看板持ってました(#^.^#)

ここのみんなは本当に熱心。
実行委員長かな?……は、ほぼ飲まず食わずで本部に詰めてるらしい。

彼はねぇ、ほんと偉い人なんですよ。
八尾のために尽くしまくってはります。

家では良いパパみたいだし。

友人もそうですが、「自分を喜ばせるより、他人を喜ばせる方が楽しい」っていうタイプなんですね。
こういう人を見てると、人生が楽しくなります(笑)
実行委員たちがそうやって頑張ってるから、参加店舗もすごく頑張ってくれてはるんですよね。

だから八尾のバルは、「超お得」。
他のバルを知らないので比べられませんが、一店舗のボリュームは、ダントツレベルじゃないのかな?

帰り際に、
「完売店はどれぐらい出てます?」
と確認したら、5店舗ほどが完売になってるとか。

ただし、そのほとんどが、代替メニューを提供してくれてはるってことで、お客さんにとっては、「お得」な状況が続いてます。

次の開催は11月か来年3月になる予定だとか。
興味を持たれた方は是非!

さて、今日は涼しい川の方に向かいます。

あづ~~~~~……。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

幸福の聖火リレー:南里

いろいろなところで
ちょっとシャレた洋食屋さんというのを
見かけては
ヨメサンはちゃっかり
チェックを入れています
先日も、途中下車した江坂駅からウロウロ
「いい店が見つかった〜♪」
と言っていました

「八尾バル」さん♪
チェックリストに入っているかもね?
ちょっと聞いてみよう

曽根崎新地に
「野菜ばーる」というのがありますが
同じ系列かな〜♪
と、なんだかワクワクしました♪

おはようございます〜♪

大阪の枝豆のほとんどが八尾産なんですか〜♪

ご当地の産物をいただいているんですね〜♪
なんだかうれしいです〜♪

この食と情報の連鎖に
幸福の連鎖のすばらしさを思いました

「人の喜び、幸福のために・・・」
という聖火
卓上が食材の最終成果を演出するスタジアム
多くの人が集い、その幸福感を増大し合います

食材、食材を作る人、食材をもたらす人
食材を彩る人、食材の良さを引き出す人
そうした人を手伝う人、手伝う人を募る人
食材のよさを伝える人・・・

幸福の聖火リレーは
すべての人がランナーになる可能性を秘めています
ランナーたちの想いは一つ
「人の役に立ちたい、人に喜んでほしい」
そんな想いの聖火が通ると
幸福の灯が点ぜられ
あちこちに聖火ランナーが生まれ
新たに走り出します

幸福の ともしび点ず 聖火なり
 人から人へ 広がってゆく
”若旦那〜♪、なんり、深感恩

バルというのは

お店の名前じゃないんです。
街おこしのイベントっていうのかな?

八尾バルの場合、31店舗が参加し、今回は八尾枝豆を使った料理とドリンクを用意してくださるんです。

参加者は5枚つづりのチケット(前売りなら3000円、当日券なら3500円)を購入し、参加店舗へ行ってチケットを出せば、絶品&お得枝豆料理が食べられるというわけ。

八尾バルさんの参加店舗はどこも出血大サービスで、普段なら千円以上しそうなメニューを試せます。
熱意が伝わってきます。

次の機会にはぜひ、奥様とご一緒に!!
絶対楽しいですよ(#^.^#)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。