スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前から気になってたんですよね。





関係ないけど、関西では「おみおつけ」という言葉はあんまり聞きませんよね。
小学生のころ、教科書だったか、子ども向けの読み物だったかに、
「花子さんはおみおつけをいただきました」
なんて文章があって、
「おみおつけってなんぞや?」
と不思議に思ったことを思い出します。

あ、小川未明の童話だったかも。
後で確認してみよう。

それはとにかく、「おみおつけ」を漢字にすると「御御御付け」なんですよね。

……なんかすごく、バカみたいだと思いません(^^ゞ

丸谷才一氏は、
「~させていただきます」
という日本語を批判してはります。

「くどいっ!!」
っていうんですよね。

たとえば、「お盆は休業させていただきます」じゃなく「お盆は休業いたします」「お盆は休みます」でええと。

「過剰にへりくだるんじゃねぇ!!」
とおっしゃってるのでございます。

私自身は、「~させていただきます」はさほど気になりませんが、「御御御付け」はくどいと思います(笑)

で、気になってるのが「御」ですよ。

今朝、出来上がった原稿をクライアントに送ったところ、
「あと何件か依頼したいのがあるけどまだ用意できてないんで後で連絡する」
との旨のお返事が届いたんですよ。

そこでね。
「ご用意できましたらご連絡いたします」
とあったのが妙にひっかかりまして(^^ゞ

以前から気になってたのは、自分の行動に対して「ご」をつけることなんですわ。
この文章ではそれが2つつながってるので気になっちゃったんですね。

「お気軽にご相談ください」
なんてフレーズはよく見かけますし、「相談も」「気軽」も先方のことなんで「お」「ご」がついても問題はありません。

私はなんとなくくどい気がするんで、「気軽にご相談ください」と「お」をとると思いますが……。

まぁ、文章的に問題があるわけじゃないですよね。

でもね。
「ご相談させてください」
はどうです?

自分が相談するのに「ご」をつけるのって、なんか変だと思いません?

でもよく使われてますよね、この言葉。

一応、文科省の指針を確認してみました。
PDFですんで、重いのがやな人は開けないでくださいね。
引用しますから。


こう書いてあります。
自分側の動作やものごとなどにも,「お」や「御」を付けることはある。自分の動作やものごとでも,それが<向かう先>を立てる場合であれば,謙譲語Ⅰとして,「(先生を)お待ちする。」「(山田さんに)御説明をしたい。」など,「お」や「御」を付けることには全く問題がない。また「私のお菓子」など,美化語として用いる場合もある。
「お」や「御」を自分のことに付けてはいけないのは,例えば,「私のお考え」「私の御旅行」など,自分側の動作やものごとを立ててしまう場合である。この場合は,結果として,自分側に尊敬語を用いてしまう誤用となる。


ということで、相手をたてる謙譲語として「御」を使ってるわけだから、OKってことらしいです。

ちなみに「~させていただく」についてもありますね。

基本的には,自分側が行うことを,ア)相手側又は第三者の許可を受けて行い,イ)そのことで恩恵を
受けるという事実や気持ちのある場合に使われる。

ってことで、この二つの条件を満たさない場合は、不適切な表現だと書かれてます。

たとえば、人の本をコピーさせてもらうとき、
「コピーを取らせていただけますか。」
はOK。

「休業させていただきます」
は相手の許可を得なきゃいけない場合以外は、冗長すぎるからNG。

ただし、たとえば、有給休暇をとりたい場合、上司に使う場合はOKですよね。
まぁ、「休業」なんて言い方はせんけど(^^ゞ

というわけで、一応、気になってたことに答えは出ました。
はぁ良かった(笑)

暑いので動くのがいやになりますが、今日は仕事もありません。
午後からゴロゴロしながら本でも読むか~……ってことで、午前中は働きます。

さて、やるかぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

いただく・下さる・頂戴する:南里

「おみおつけ」

「汁」という言葉を避ける時に
使用しています

なんでかわからないのですが
「汁」という言葉を
発声するのが恥ずかしいようなんです

こんばんは♪

「させていただく」
については、その場所の雰囲気で
使用不使用を考えます

普段はほとんど使わないんですけど
対話の相手や、セミナーでのスピーカーさんが
多用していると、積極的に使うようにしています
「質問させていただきます」とか・・・

話は少し違うのですけど
「いただく」が多用されそうな時
その重複感(くどい感じ)を
減らすには、類語を使用したらいいんじゃない
と思っています

「多大なご尽力をいただきながら
 手前どもにご配慮下さり
 その上、お礼状まで頂戴して
 たいへん恐縮に存じております」

小さいハガキの紙面なら
いろいろな言葉を詰め込みたいですもんね
小さな言葉の宝石箱になったらいいなって
暑中ハガキに筆を走らせてみようと思いました

汗落つる
 暑中見舞いの 筆走る
  健やかなれと 言葉光らす
”若旦那〜♪、なんり、深感恩

やっぱり

若旦那は言葉に気を使っておられるんですね(#^.^#)

変化をつけるってすごくいい方法だと思います。

他に「省略する」っていう方法もありますね。

「多大なご尽力をいただきながら
 手前どもにご配慮下さり
 その上、お礼状まで頂戴して
 たいへん恐縮に存じております」

を私が一応プロとしてリライトするなら、

「多大なるご尽力とご配慮、さらに御礼状まで頂戴し、恐縮に存じます」
かなりシェイプアップできます。

こんな風に文章をいじくるのって楽しいですよね(#^.^#)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。