スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドッカ~ン!

10時ごろからネットワークにつながらず、今頃になりました。
ネットワークにつながらないので下書きも残らず(T_T)
なぜかハングする始末だし(>_<)

ほとんど書き終えてたのに、何を書いたか忘れた~(-"-)





……ってことで、映画「告白」のDVDを見直しました。
私は映画館で観たんだけど、旦那にも観せたいな~って思ってたんですよ。
こういうパターンすごく多いんですけどね(^^ゞ

私は家での仕事なんで、ときどき煮詰まっちゃうんです。
仕事が多いときは、落ち着いた瞬間に、
「出かけたい!」
ってなるし。

暇なときも、
「出かけたい!」
ってなる(笑)

そういうときに手軽なのが、映画か動物園なんですよ。

動物園は500円だから安いんだけど、雨の日とか寒い日とか反対に暑い日なんかはちょっと……ってことで、水曜日のレディースデーに映画を観に行くことになります。

で、面白いと、
「旦那にも観てもらいたいな~」
ってなる(笑)

で、DVDかブルーレイを購入する。

今まで映画館で観て、DVDを購入しなかったのは、購入しようかなと思う前にテレビで放映したもの以外は、ムニャムニャ……な内容だったものだけです(^^ゞ

そもそも旦那は松たか子さんが好きなんです。
なので映画に行くとき、
「いっしょに行く?」
って聞いたんですよ。

でも、
「すぐにテレビでやるやろからいい」
って言われたんでひとりで。

そして、映画を見終わって、
「こりゃテレビではやらんやろ(^^ゞ」
って思った(笑)

原作のレビューを見るとほとんどの人が
「後味悪い」
と書いている本作品。

結局誰も救われないんですよ。

主人公は娘を殺した少年に復讐をしますが、
「スッキリした~!」
って復讐の仕方じゃないんですよね~(^^ゞ

いじめられてた子が仕返しをするシーンでも、
「よっしゃ!やった!」
って思えないしさ。

なんてんだろ。
全体的に、「テレビではやらなさそう」っていう雰囲気の内容。

でも物語としては面白いんですよ。
だから、DVDを購入したわけです。

で、昨日は二人とも早く用事を済ませられたんで、「映画みよっか?」という話になりました。

ただ旦那は朝早かったため、
「眠いかも」
とは言うてましたけどね(^^ゞ

途中で、
「寝る?」
と聞いても、
「最後まで見る」
と言い張りました(笑)

途中でやめられるタイプの映画じゃないもんね(^^ゞ


さて。
どんな場面でもそうですが、だれに感情移入するか、で、物語は全然変わってきます。

特に「告白」の場合は、誰にも言い分がある。
誰にも欠陥があり、誰にも良い点がある。
現実と同じです。

少年犯罪などで人権派弁護士さんなどがよくおっしゃるのが、
「彼らの家庭環境に問題があったからこのような事件が起きた。彼らも被害者なんだ」
っていう理屈。

でもそれは確かにそうだと思うんですよ。

犯罪を犯した少年の生い立ちを見ると、同情すべき点が多いような気がします。

でも同じような家庭環境に育ったって、犯罪を犯さない子だっているんですよね。
それどころか、他の子たちよりもしっかり育ってる子も多い。

「じぶんが一番かわいい」
という風に育っちゃうのか、
「誰かのためになりたい」
と願う人に育つのか。

それはどこで変わるんでしょう?

何で読んだのかは忘れました。

(アルコールにせよ、薬物にせよ)依存症の人が立ち直るには、一つの要素が必要なんだそうです。

何かわかりますか?

「この人のために頑張りたい」
という気持ちなんですって。

心から信頼できる、心から大切に思える人の存在。
これがある人は、依存症から必ず脱却できるんですって。

犯罪者の更生にもそれに近いものがあると書かれていたと思います。

一度犯罪を犯すと、罪を償って出てきても就職が難しく、生活が苦しくなると、過去と同じ犯罪に手を染めてしまうことが多いと言いますよね。
そんな中、「本当にこの人を幸せにしたい」という人を見つけられた人は、必ず更生できるんだそうですよ。

もちろん片方だけが「幸せにしたい」と思ってるだけじゃダメですよ。
お互いに、「いっしょに幸せになろう」と思える相手ってことです。

「告白」の登場人物には、それがありませんでした。

加害者少年は母を誰よりも愛していましたが、その母は少年を愛していませんでした。
だから少年は「振り向いてもらうため」に犯罪をさえ犯したのです。

主人公は恋人と娘を心から愛していましたが、既に二人とも故人です。

もう一人の加害少年は、母親から完全にスポイルされていました。

ウェルテル先生は、生徒を愛そうとしているつもりで、結局は「熱血先生」を演じる自分を愛しているだけでした。

でももし、これらの登場人物の中に一人、
「本当に大切な人」
が存在する人がいたら?

物語は全然変わってくるんじゃないかなと思うんですよ。

きっと。

「告白」は物語の中の話ですから、「すべての人が誰も愛さない」っていうことがあり得るのでしょう。
でも現実ではそうでもないんじゃないかな?

世の中って大変じゃないですか。
いろいろと。

でも、「大変だな」と思うとき、誰かを心から幸せにしたいと願ってみたらいいかもしれません。
そしたらいつか、少しずつ変わっていくのじゃないかななんて。

楽観的に考えてみました(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

人生を楽しむ:南里

先人の足跡や書き残したものは
やはり役に立つ
特に、伝記と落語に思います

逆境・不遇・不幸

功績・使命・幸福
に変えるのが人間であると
人間ってほんと捨てたもんじゃないと思えました

チャレンジ精神(ハングリー精神)
アイディア(ひらめき)
ユーモア(笑い)
この三つで楽しみましょう♪

こんばんは♪

軽率に生きるのでもない
はたまた
無責任に生きたり
何もせずにただ生きながらえたりだけでもない

人は関わり合って生きるものではあるが
それには
たいへんな
排除を受け
不遇におかれても
のん様がおっしゃる通り
人の喜びが自分の喜びとなるような心構えがあれば
自分の苦労がやがて愛する人の支えとなる夢が描ける

自分がたいへんな働きをしている分
誰かがとても豊かな時間を味わい
自らの生を充実させて生きていってくれるなら
自分の生も、捨てたもんじゃなく
価値があるんだと思える
そして
そのような独りよがりに思えるようになることも
楽しいものだと思います

大切に育てた子供は
母への恩を背負って
医者になり、また、冒険家となり
自分の命をも省みないで
偉業に取り組む
そんな双方向ではない
一方通行な「与える」「許す」という活躍の連鎖が
人の社会を心から豊かにしているように感じられてきました

なんとすばらしいことでしょう
すべてが人のための汗です

「ありがとうをたくさん言う人が、幸せ者になり
 ありがとうをたくさん言われる人が、成功者となる」

世の中に、善意や親切や思いやり

充満してくる感じがステキです♪

悪を摘むことよりも
良心のタネを撒きたくなってきます
正しいということよりも
良心の指し示す美しく輝く光の方向へと
芽を出し、葉を広げて、人は大きく
のびのびと生きて欲しいと思いました

良心に
 気づきし命 芽を生やし
  輝く光 浴びて育たん
”若旦那〜♪、なんり、深感恩

No title

>悪を摘むことよりも
>良心のタネを撒きたくなってきます

そうですよね。
それが大事なのかなと思います。

悪を摘もうとすれば、「キリがない!しんどい!!」ってなりかねません。
でも良心のタネを撒くのなら、1日1粒ずつでもいい。
継続すれば……って思えますから。

少しずつでいいんですよね。
少しずつ、で。

そう思ってます。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。