スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただしイケメンに限る

ちょっと前のことですが、テレビで、
「何をセクハラというか?」
というような特集番組をやってました。

街角で男性を捕まえて、テレビの実験であることを明かし、
「落ち込んでいる女性をなぐさめてみてください」
と頼みます。

で、男性たちは、自分なりのやり方で女性を励まし、なぐさめます。

確か設定では、「大事な会議に遅れて叱られ、落ち込んでいる女性」をなぐさめるというものでした。

でもこの実験、実は、「どうやって慰めるか」を見るものではありません。
慰める過程で、何度「セクハラ」と認定される行為を行うかを見るものだったんですね。

その結果、セクハラについて敏感な30代の男性は、ほぼセクハラ行為はありませんでした。
が、40代以上の男性は、まったく無意識にセクハラ行為をやってたんですよね……。

そしてですね。
40代の私には、
「え?!それがセクハラになるんだ!」
って驚くことがいっぱいでしたよ~(^^ゞ

たとえば、「女なんだから」はすでに「セクハラ」として認定されてるんですって。
反対に「男のくせに」もセクハラだとか。

「女なんだから」「男のくせに」は、私も大嫌いな言葉ですが、セクハラなんですね。
なるほど。

あと、ボディタッチはもちろんNG。
軽く腕に触るだけでもセクハラになるそうです。

ほほ~~~。

これについてはその後で、興味深い実験をやってました。

女性3人男性3人を軽く対面させ、好感度に順番をつけてもらいます。

女性はAさん、Bさん、Cさんとしましょう。
男性はDさん、Eさん、Fさんとしますかね。

で、男性の中ではDさんが一番人気。
女性のすべてが
「Dさんが一番好感度が高い」
と答えました。

その後、1:1で対話する時間を設けます。

この際、Dさんは、女性に一度だけボディータッチをするというミッションが与えられるんですね。

そしてすべての組み合わせで対話を終えた後、女性たちに再度男性の印象を確認します。
するとどうなったと思います?

全員がDさんを格下げしたんですね~……。
最下位まで落とした女性が2人いたんじゃなかったっけか。

よくさ。
「セクハラかどうかは相手次第。おやじがやったら『セクハラ!』って騒ぐことも、イケメンがやったらキャーキャー言って喜ぶんだろ?!」
という、男性の意見も聞きます。

が、この実験結果から見ると、イケメンでもボディータッチはNGってことなんですね。

とはいえ、その後、複数の女性に、
「この行為はセクハラでしょうか?」
と尋ねていくというコーナーもありました。

たとえば、
「お、髪の毛切ったんだ」
というセリフがセクハラと感じるかどうかを聞きます。

で、この実験では、A班とB班に分かれて、まったく同じ事象を、セクハラかどうか確認したんですが、A班では10項目中たった1つしかセクハラ認定されなかったのに対し、B班では実に9項目がセクハラと認定されたんですね。

A班とB班、何が違ったと思います?

実はね。
A班は、「同僚の男性がこの行為をしてきたら、セクハラだと思いますか?」という設定で質問したんです。
それじゃB班は?

そうなんです。
「上司がこの行為をしてきたら、セクハラだと思いますか?」
という設定だったんですね~。

同僚……つまり、対等な立場の男性なら平気でも、上の立場の男性ならすごくいやだっていう気持ち、すごくわかります。

「逆らいづらい」
という前提が、かくも人の心象を変えるってことですわ。

だから、気さくで優しく、人望のある上司なら、OKかも。

ただ、自分で、「俺は気さくで優しく、人望もあるはずだ」と思い込む人も多いんだろうなぁ(^^ゞ
私がOL時代も、女性社員が影でなんていってるか気づいてない上司、山ほどいましたもんね。

そして本当に人気のある、優しい上司は、決して出過ぎたことはせず、押しつけがましいことは一切おっしゃいませんでした。

とはいえその上司に、
「お、髪の毛切ったんだね」
って言われたとしても、
「やな感じ!」
と感じる女性はほとんどいないか、とも。

つまりね。
「ただしイケメンに限る」
じゃないと思うんですよ。

「ただし、本当に人の心に配慮できる、優しい男性に限る」
なんじゃないかな、本当は。

そういう人なら、たいがいのことは素直に受け止められるという女性が多いと思います。

そしてそれは、反対でも同じなんじゃなかろうか、と。

ただ、たまに、「自分が傷つくのがいやだから」「自分をよく見せたいから」と、結局は自分のために、他人にきついことを言わなかったり、他人に親切にしたりしているように見える人がいてはります。

そういうのって、バレちゃうんですよね(^^ゞ

本当にその人を心配して、力になりたいと願って行動する人とは、何かが違う。
それが何かはよくわかりませんが(^^ゞ

てなことで、他人から好感をもたれたければ、容姿に関係なく、やっぱりその人のことを心の底から思いやるしかないってことだと思います。

容姿じゃないんですよ、たぶんね。


ちなみにです。

ボディータッチの実験については、反対のシチュエーションでも実験してました。

男性に一番人気のなかったCさんにもミッションが与えられてたんですね。
そう。同じように、「会話の中でさりげなくボディータッチをする」というミッションです。

結果どうなったと思います?

すべての男性が、Cさんを格上げしたんですよ~(笑)
そういうもんなんですかね(^^ゞ

とはいえ、これもやっぱり同じこと。

長い目で見れば、「本当に相手のことを考えている女性」の方が人気があがっていくと思いますよ。
世の中なんて、そ~いうもんですとも。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。