スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見るということ

旦那曰く、
「のりこはほんまに猪突猛進」
らしいです。

興味のあるものを見つけると、ほかのものが見えなくなるらしく(^^ゞ
迷惑をおかけすることも、しばしば。

なもんで、人ごみの中で、ふと気づくと旦那とはぐれてるってこともたまにあります。
興味あるものに突進し、好奇心のままに観察し、ふと我に返ると、旦那をどこかにおいてきてた~ってパターンですね(^^ゞ

でもまぁ、今は携帯電話がありますし、はぐれっぱなしってことにはまずなりません。

それに、不思議なことに、どんなに人がたくさんいても、旦那の姿がちらとでも目に入ったら、
「旦那だ!!」
ってわかるんですよね。

なぜだかはわかりませんが、
「ピン!」
とくる(笑)

長年夫婦をやってると、
「あれ」
だけで通じると言いますが、これは本当です。

旦那が運転中、左手を伸ばしてきたら、
「お茶を飲みたいんだな」
ぐらいのことは、わかる。

反対に、旦那も私を見つけるのは得意です。
人ごみで、かつ暗闇の中でも、あわてず私を見つけ出してくれます。

私が意図したことを、かなり正確に理解してくれます。

それは、
「魂が呼び合ってるからだ」
なんて表現をすればかっこいいかもしれませんが、なんのことない。

それだけよく相手を観察してるからだってことだと思います。

「愛とは何か」
と聞かれたら返答につまりますが、だれかを愛したら、必ずやることは、

「どうやったら喜んでくれるかな?」
「どうしたら笑ってくれるかな?」

関心いっぱいで相手のことを見ることじゃないですかね??

たとえ、その観察の結果がハズれていても、そういう目で自分を見てくれてる人がいるってことだけで、うれしいものです。
よね?


さて。
昨日はほんとに体調が悪く、体が重くて持ち上がら~~~~~~~ん……と寝込んでたんですが、こういうとき、ほとほと感心するのは、チュリーなんですよね。

普段なら、私が横になろうもんなら、
「起きろ!!起きて遊べ!!」
と大騒ぎするのに、私が体調の悪いときは、チュリーもおとなしくじっとしています。

「おとなしいなぁ」
とかごを見ると、私に一番近い場所で、かごにしがみつき、こっちをがん見してましたけど(笑)

鳥の気持ちはわかりませんが、飼育書によれば、
「飼い主と同じことをして、飼い主と同じ気持ちになりたい動物」
なんだそうです。

そういえば、私がごはんを食べていると、必ずチュリーも熱心に食事をしだします。

私が
「コン、コン」
と咳をすれば、
チュリーも、
「キュン、キュン!」
と普段はあげない声で鳴きだします。

別に何をするでなくても、私のそばにいたがるのは、
「同じものを見ていたい」
のかもですね。

つまり、あれですよ。
ペンギンの集団って、すごい「集団行動」ですよね(笑)
一羽が右をみたら、みな一斉に右をみる。
左に走り出したら、一斉に追いかける。

あれと同じなのかもですね。

とにかく、「見て」はります。

だから、私も同じくらい見ないとダメなんでしょうね。

仕事とかでパソコン画面にくぎ付けになってたりすると、
「こっち見ろ」
とうるさい(笑)

耳を甘噛みしたりしてきますが、そのうち本気噛みになるんすわ(T_T)
痛い。

まぁ、本気の本気で噛んだら流血沙汰だと思いますから、これでも手加減してるのかなとは思いますが。


痛い。



もう一度言いますが。




痛い。




でもさ。
旦那だって、私と一緒のとき、そんなに私ばっかり見てるわけじゃありません。
ゲームしてるときもあれば、テレビ見てるときもある。

チュリーほど私のことを観察してくれる存在はいないでしょうね。
んなことを考えるとね。

大切にしなくちゃな~、と、思うのでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

愛情あふれる猪突猛進:南里

ご主人の期待に応える
猪突猛進なんでしょうね
そんな、のん様が愛されていることで
幸福感を分けていただいている感じがします

おはようございます♪

猪突猛進とは言いますが
とっさに、自分以外に人に対して
不用意な言葉にして伝えないところは
かなりな、優しさと理性のなせる技だという感じも
のん様に感じます

人を傷つけることに対して心底、かなりな配慮を
いつも感じています
こういってしまうと
発言に消極的だという印象を与えてしまいますが
心を尽くしてもてなす、相手を立てる、相手が心地よくなる
言葉を選んでいるという意味で
発言に積極的であるということだと思います

想い=言動=行動

誠実
というんだと思います

つまり
人に対して、労りの言葉、賞賛の言葉
心地よい言葉、元気が出る言葉、美しい言葉を
猪突猛進で選んでいるように思うんです

そんな心の動きがやはり私には
とてもうれしいことだと思います

愛と言えば
「自分の命にかえても」
とか
「捨て身で」
という
心構えをいつも感じています
そして、その言葉に続いて
「与える・許す」こと
となります

話が少しそれますが
私たちが、終戦によって
当時、進んでいるとされた
欧米の習慣を受け入れるまで
日常、畏れ多くてあまりたやすく使われない言葉が
現代、日常よく使われているように思っていて
「愛」「誠」「道」が今、思いつくものです
かなり重厚な意味が含まれていると思うのですが
よく使われてきたことで
その畏れ多い意味の部分がなくなってきて
人の謙虚な気持ちの育成を遅らせているようにも思います

戦前は「柔道」「剣道」を「柔術」「剣術」と言ったそうですね
「道」を使わなかったのは
心構えは容易には成らないことの
威厳を保っていたようにも思います

「愛」という言葉に
命を吹き込むには
やはり捨て身でないとダメなようですね

言動に 命吹き込む ためならば
 捨て身となりて 言霊となれ
”若旦那~♪、なんり、深感恩

No title

ほんとですか?>言葉に対する配慮
ありがとうございます(#^.^#)
でも、難しいんですよね、言葉って。

人によって受け取り方も違いますし。

若旦那も、いつも前向きな言葉を精力的に発信されてます。

それはきっと体力のいることだろうと思うんですよ。
でもそれは、自分自身をも元気づけること。

一見捨て身に見えても、実は自分を生かすことでもあるんですよね。

そして、そういう体力もまた、鍛えれば増えていきます。
「道」ですね。
体力が増えれば、発信できる言葉の量も増え、質もあがるはず。

頑張りましょう(#^.^#)!!
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。