スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なにごとの

西行法師は歌人として有名ですが、武人としても優秀な方だったそうな。

彼の歌といえば、

「願わくは 花の下にて 春死なん その望月の如月の頃」

が有名ですよね。
そして彼が没したのは、旧暦の2月16日。
如月の、望月……を一日越えた日ですね。

おしいっ!!!

そして彼が命のともしびを消した場所というのが、大阪の弘川寺なんですね。


昨日は旦那が休みだったので、エンジンオイルを入れ替えてもらえに行ってきました。
で、ついでに、日産リーフの試乗をさせてもらったんですよ~。

ただ、今のところフル充電しても、連続して走行できる距離は100~150キロだそう。
充電には8時間かかるってことですから、遠出のときは300キロ以上走る私たちには向きません。

充電時間が速くなるか、走行距離が増えるか。
どちらかの方向で進化してくれないとダメなんですけどね(^^ゞ

旦那が運転している横で、日産の担当者さんにいろいろと教えていただきました。

「エコカーってどういう方向に進むと思います?」
という質問には、
「今の業界の流れとしては、電気が主流ですね」
とのこと。

トウモロコシのオイルを利用しよういう流れもあるそうだけど、Noxは別として、二酸化炭素を排出するところは、ガソリンと変わりないよね。
水素爆発を利用しようという動きもあるそうですが、これもまた、安全性の確保が難しいそうです。

「充電に時間がかかるなら、動力を取り換えるという方法もあるんじゃないですか?」
と聞いたら、
「当初はその方式だったんです。でも今後は充電が主流でしょうね」
とのこと。

充電なら、電気代もそんなにかからないそうですしね。
電池を取り換えるとなると費用がかさんじゃうでしょう。

「急速充電という方法もあるんですよ」
とおっしゃったので、
「でもバッテリー傷みません?」
と聞いたら、
「確かに。でも、メーカー曰くですが、急速充電を繰り返しても10年は持つそうです」
と教えてくださいました。

でも、電気自動車が開発されてから数年ほど。
本当に10年ももつかどうか、証明はされてないんですよね。
もしかしたら20年持つかもしれませんが、まだ、わかりません。

ちなみに急速充電なら1時間弱で8~9割ほど充電できるとか。
でも、それでも1時間弱なんでうすよね(^^ゞ

ランニングコストはガソリン車よりずっと安い。
いや、ず~~~~~っとず~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~っと安い。

ただ、購入時の費用は高い。
これは、高いっっっ!!!
くらいかな(^^ゞ

我が家のガソリン代は、一年で20万ぐらいでしょうか。
10年乗るなら200万近く浮くことになるわけですね。

でも、土日に長距離走るという私たちのケースでは、やっぱり今の電気自動車の性能では、ちょっと合わないなぁ。
いや、性能より価格はもっと合わないっすけどね。
全然合いません(笑)

でも、10年後にはまったく進化してるでしょうしね。
私たちの経済状況も変わってるでしょうし。
楽しみにしとこうと思います(#^.^#)

で、日産を出た後、
「南に向かおか?」
ってことで、弘川寺に向かったわけです。

西行法師は伊勢に参拝したとき、

「なにごとのおわしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」

とうたったと言います。

こういう感覚、私にもあります。

神社じゃなくても。

そう、まさに。
「何の木の 花とはしらず 匂ひ哉」
って。

西行法師が晩年に隠遁したという西行堂も、何か匂いを秘めたたたずまいでした。

0601_hirokawa3.jpg

新緑が太陽を遮っているのに、スカッとした明るさがあるんです。
0601_hirokawa1.jpg

そういう場所ってあります。

私はそういう場所を、
「スカーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーンッッっとした場所」
と表現してますが、何かそういう場所ってあります。

天と地が直結してる場所とでも言うんでしょうか。

ダイレクトに、「聖」が存在してる感じ。

……言葉で説明してもわかんないですよね(^^ゞ
その場所に立てばわかるんでしょうけど。

でもそれは神社やいわゆる聖地とは限らないんです。

なんでもない場所にそれはあったりします。
なぜだかはわかりませんが。

で、この西行堂より坂を少し上ったところに、西行の墓があるんですが、参拝しようと坂を上りかけると、屋根を見下ろす形になりました。

0601_hirokawa2.jpg

わかります?
なんの意味があるのかはわかりませんが、硬貨がいっぱい乗ってます。

しかもこれが、全部、たぶんぜ~~~~~~~んぶ、1円玉なんですよ。

さすが大阪人(笑)

私たちもみならって、硬貨を屋根に投げ上げましたよ。
えぇ、1円玉を(笑)


弘川寺の縁起を紐解けば、有名人山盛りです。

開基は役小角。
中興したのは弘法大師。

楠正成公がこの地を本拠地として。
西行法師が最期の地として選んだ。

ね?
なんて盛りだくさんな顔ぶれ。

しかし、面白い。

役小角と楠正成公は、修験つながりですよね。
楠正成公と西行法師は、兵法者つながりです。

なぜ彼らはここ弘川寺を選んだのでしょう?

何か、ありそうでしょう?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。