スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「なんとかなる」と「なんとかする」のバランス

苦境なんてのは、だれの人生にも訪れるものですが、私の場合は大概、
「まぁなんとかなるかなぁ」
と、やれることだけ頑張ってるうちに、苦境が終わってたってことが多いです。

ただ、「なんとかなる」と神頼みしてただけじゃなく、まぁとりあえずなんとかできるところはなんとかしてたわけで。

でも、なんとかしようと行動しつつ、
「できないものは仕方ない。運に任せよう」
という意識もあったわけで(笑)

両方があったから、なんとかなってきたのかなと思ったりします。

どっちかだけだったらしんどいだろうなぁ。

たぶん今、かつてない苦境ってやつなんじゃないかとも思うのですが(笑)
結構気楽だったりします。

理由の一つは先が見えてるってこと。
今を乗り切ればなんとかなるだろうという見通しがあることですね。

「一人じゃない」ってのも大きい。
旦那はもちろん、本気で力になろうとしてくれる友達もいる。

でも一番の理由は、
「自分たちはベストを尽くしたと胸を張って言える」
ってことなのかな~などと思ったり。
というよりも、良いとは言えない状況の中、ヘンテコで筋違いな妨害のある中(笑)、できる限りのことはしたと思う。
「後悔」「反省」をする必要がないってことは、かなり重要かつ大きな要素かもしれません。

筋違いな妨害をした人たちが、「自分たちは関係ない!」つぅてるのがどうにも笑っちゃう……というのも救いになってる気がします。
「世の中のことは僕が一番よくわかってる!」
っていうてた人が、
「事情を知らんかったんやから、しょうがないやろ!」
ってねぇ(^^ゞ
「世の中にはいろいろな事情がある」ってことさえわかってなかったんだな、と、大笑い。
笑うことは、脳にも体にもいいんだそうです(笑)

その上、押しつけがましい態度で
「損失分を補てんすればええんやろ?」
と鼻で笑うんですよ(^^ゞ
長い目で見れば悪影響による損失が、どんだけの額になると思ってるんやろ(笑)
わかってない、いや、わかろうとしてない証拠なんですよ、こういう態度がとれるってことは。
せめて、
「ほんまに悪かった。これからは無理言わないから(←これが一番重要だよね)こらえてな」
なら、恥ずかしくないのにね。
世間を知らないって、恥ずかしいというよりおかしいって感じだなぁ(^^ゞ
もちろん、笑えるからいいんですけど(笑)

でも、これで今まで受けてきたものをかなり返せたなと、荷が軽くなったのもありがたいところです。

そういう意味で考えても、この状況は、「プラスへの第一歩」なのでしょう。
なんにせよ、前に進むだけ。
レールはすでに敷かれています。

ただ、私の場合、いつも仕事があるわけじゃありません。
あるときは重なるんだけどね(T_T)

なんかやってないとせっかく前向きになった気持ちが失速しそうなんで、依頼されつつも、
「う~~~~~ん……」
と足踏みしてたお仕事を請けることにしました。

悪い仕事じゃないんですよ。
ただなんていうか、「噂話を記事にする」って感じなんですよ。
苦手なんですよね、噂話(^^ゞ
日常生活で苦手なことなもんで、仕事でそれを書くってのはすごく難しそうな気が(^^ゞ

だけど、贅沢言ってらんないなと思い直しました。

結局、大変なのは、ネタの考案なので、出せないときは、
「すいません、どう~しても出ません(>_<)」
ってことになろうと思うし。

ネタがでれば、1時間ほどで執筆できるでしょうから、ほかの仕事に差し支えることもなさそうです。

ってことで、今日からさっそくネタ探しでございます。

この「ネタ探し」ってのが結構大変なんですよ(^^ゞ
ネット上で話題になってることを探すわけで、検索などしていると、必ずといってよいほど、2chにたどり着くという(^^ゞ

あの膨大な文字を読むのって、むちゃくちゃ大変っすよ(>_<)

私はあの掲示板を、世の中で言われているような、「悪いもの」とは全然思っていません。
あの中でいろいろな意見を見ているうちに、
「世の中にはいろいろな人がいて、いろんな生活があり、いろんな考え方がある」
ってことがわかるというところもあると思います。

デマ情報が飛び交っている状況は、多少困ったものかもしれませんが、現実世界と同じっちゃぁ同じだよね(笑)
「根も葉もないデマ」ならばいいんだけど、「根や葉があるデマ」が、問題なんすよね~。
でも、ネット上のデマは、その場で検索して、ことの真偽を確認することができるだけ、タチがいいと思うな。
自分で裏付けをとれば、少なくとも自分はデマ情報を信じてしまう可能性はグッと減ります。

ただ、いかんせん、量が多い(笑)
目ぇチカチカしてくるんですよ(T_T)

でもまぁ、考えてみればこれって、「好奇心を満たしながら仕事できる」ってことになるのかも。

こうやってね。
「なんとかしよう。なんとかしてみせる!」
と思ってみれば、
「あれれ?結局なんとかなりそうだぞ?」
と見えてくる。

こういう状況って、すごくハッピーなのでしょうね。

「なんとかなる」だけでもだめ。
「なんとかする」だけでもしんどい。

両者のバランスがちょうどよい環境な気がします、今。

さて、今日は午後からネタの考案です。
得意分野なら、1時間もあれば10本ぐらい出るんですけどね~。
おとといも、企画の考案を依頼されましたが、30分で7つ出たんですよ。

でも、噂話系は、ほんと苦手(^^ゞ
今日は、時間かかるかも……。
でもそれでも、「小さいけれど、前への一歩」だと思えますから。
頑張ります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

過去を愛する:南里

向き・不向きより、前向き
という
すばらしい心構えです
さすが、のん様!

正しいことへの誠意というか
真実の追求というか

うわさ話っていうのが苦手というのも
よく伝わります

こんにちは~♪

自宅マンションの総会に出席して参りました
48戸の小規模なんですが
住民どうしの精神的な壁がほぐれてきて
長屋的な雰囲気が
少しずつ少しずつ出てきたように思います
よかったよかった♪

気がついたことがあるんです
「自分の過去も愛したい」という想いです
それは、自分の作り出した作品、結果、結論にも及んでいる
それが、自信ないとか、失敗とか、間違いとか
後悔・反省も必要だと思います
でもそれは
「過去」である「結果」や「作品」を
否定することや愛さないことというのとは違うと思うんですね
これからも創り続ける「結果」や「作品」を
よいものにする作業
よりよい人生にする作業なんだと思います

苦手であろうと、ヘタであろうとも
自分のその時の「良かれ」という想いのこもった
「結果」は
自分が真っ先に愛するもんなんだと思うようになりました

だんだんとそれが人に対しても行えるように
だって貴重な人生の時間を
できるだけ愛し合えたら
ステキだなあって思うんですね
・やったことは認め
・できたことは誉め
・すばらしいと思ったことは賞賛する
まさに自他共に過去を愛する作業ですね

「良かれ」という想いが
神さまがほほえむようなことなら
きっとのん様を通じて
のん様らしさという筆の神さまの筆さばきが見られると思います
そして、その能力や作品も身体や人生の一部となり
私たちが自力で得たものではないのに
大切にしたり、大切にされたりするとうれしいもの
(命、心、身体、誕生日、名前など)
になります

そこで私たちには大切な使命が見えてきます
神さまもほほえむ「良かれ」という想いをつかむための
そして
自分の命がこの世で果たすべき役割を感知する
センサー
「良心」
この良心が高度に発達するように
日々の営みを努力でもって磨いていくのが
私たちの務めであるように思いました

良し悪しを 神さまの顔 ながめては
 是非を決めつつ 良心育つ
”若旦那~♪、なんり、深感恩

Re: 過去を愛する:南里

人と人との関わりの中で生きてると気づいたとき。
そしてその中に、本当に自分を生かそうとしてくれる人がいることを確信できたとき。

後ろ向きになる理由なんかない気がします(笑)

そういう意味でも「夫婦」というカタチは、なんと美しいものかと。

「自分の過去をも愛したい」
っていうのは、本当ですね。

ただ、消し去りたい過去もいっぱいあるのが悲しい(笑)

とはいえ、その過去の中からできてきた「自分」を、ありのままに認めてくれる人がいるってことは、
「自分の過去」
も肯定された気分になることです。

その「輪」が広がれば広がるほど、人生は豊かになるのかもしれませんね(#^.^#)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。