スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の話題はやっぱコレでしょ

今朝は5時起き。
遠出じゃないので、あほ犬の散歩やあほ鳥の世話は後回しにして家を出ました。

いや、我が家からも見えるとは思ったんですよ。
でも、
「少しでも南に行く方が、長い間金環食が見える!」
という旦那の運転で、当麻にある「ふたかみパーク當麻」へ。

到着したのは6時40分ごろでしたが、もうカメラマンが集まってましたよ。

一枚目は日蝕グラスをレンズにあてて撮影したもの。
0521_kinkan8.jpg

二枚目以降は、旦那お手製のフィルターで撮影したものです。
黒い画用紙を買ってきて穴をあけ、念のため黒いごみ袋をかぶせてあります(笑)
0521_kinkan7.jpg

下弦の太陽。
言われなければ月かと思うような姿ですよね。

ご存知の通り、日蝕は、月が太陽を横切るときにおこります。
つまりこのとき私たちは、月の軌跡を見てるってこと。

日蝕を見てるのか、月を見てるのか、わからなくなってきます(^^ゞ
太陽を見ようとすればするほど、月の存在を意識してしまう。

太陽を遮る黒い影に、夜空に浮かぶ和やかな月の別の表情が見える気がしてならないのです。

そして月はとうとう、太陽の正面近くまできました。
0521_kinkan4.jpg

金環蝕。
0521_kinkan3.jpg

上の二枚は旦那のカメラ。
下の一枚は私のカメラでの撮影です。
まぶしくってねぇ(^^ゞ
0521_kinkan6.jpg

周囲を見回すと、みなさんいろいろな工夫をされています。
一台のデジカメを太陽に向けてモニターに太陽を写し、もう一台のデジカメでそれを撮る……という手法で撮影している若者の一団がいました。
なかなかのアイデアだと思うけど、直接太陽にレンズを向けてるデジカメのCCD、痛むんじゃないかなぁ(^^ゞ

あとはうちと同じように、厚紙にピンホールを空けて持参してる人とか。
みなさん、お金をかけずにいろいろな工夫をされてますね(#^.^#)

金環蝕が終わった途端、みなさんバラバラと帰り始められまして、最後まで残ったのは私たち夫婦以外はもう一組だけになりました。

でも、見てるとこれがまた面白いんですよ。
0521_kinkan5.jpg

上弦の太陽。
これから満ちていきます。

0521_kinkan2.jpg
月はほとんど太陽から去ろうとしています。

そして、
0521_kinkan1.jpg

このときつくづく、
「太陽ってなんてすごい存在なんだろう」
と思いました。

だって、月が遮る光は、たぶん総量に比べれば微々たるものです。

なのに、
「すべての光が見えていない」
と明らかにわかるのです。

太陽って、どんだけ光ってるんでしょう(笑)

私たちは日々、この太陽の恵みをいただいてるんですね。
なんだかそれを再確認しちゃいました(#^.^#)

さてさて。
昨日の写真もアップしておきます。

そろそろ菖蒲が見ごろかと、奈良にある民俗公園へ行ってきたんですね。
残念ながら菖蒲は固いつぼみさえ見つけるのが難しい状況でしたが、面白い子に遭遇しましたよ。

0520_minzou5.jpg
ケヅメリクガメ。

名前はイーちゃんというそうです。
7歳だとか。

無心に草を食べてます。
0520_minzou2.jpg

ちょっとお澄まし?
0520_minzou4.jpg

もの珍しそうに寄ってきた柴犬ですが、カメが近づいてくると、びびりまくってました(笑)
0520_minzou3.jpg
「なんだこの生き物は?!」
っていう表情をしてるでしょ。
かわいい(#^.^#)

ちょっとかわいそうなのですが、飼い主さんがおなかを見せてくださいました。
そのときの表情が、
「いや~ん」
っていう感じでまた、かわいいんですよ。
0520_minzou1.jpg

「く~~~~~~ん」
って鳴くんですね。

「いやだよぅ」
って言ってるんでしょうか。

この日も鳥には会えませんでしたが、イーちゃんだけでも満腹でした(笑)

でも、イカルの鳴き声はあちこちで聞こえたんですよね~。
また行ってみようと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

さだめ:南里

天体ショーに驚くと同時に
星の運行をこれほど正確に分かることの叡智にも
感動しました

運命という人の運行を
星に託すというのも
人間らしい行いなのかもと
占いという営みに敬意を覚えます

おはようございます~♪

おっしゃるように
全ての人が見上げる太陽
感じる、その大きさにまた
絶大なる統一力を感じました

また、日食とカメで
月とスッポンを思い出しました♪
すみません♪
どちらも絶大なる宇宙の営みです♪

月の陰 遮る光 美しく
 明暗共に 宇宙輝く
”若旦那~♪、なんり、深感恩

No title

コロンブスの時代には、日蝕の日付を予測できてたらしいですよ。
ということはつまり、日蝕が月と太陽の「すれ違い」により起こることはすでに判明してたんでしょうね。

なんにせよ、金環蝕は素晴らしかった(#^.^#)!!

スッポンはよく見たことがないんですが、もし、「月とケヅメリクガメ」なら、それは「どっちもいい!」っていう意味になるんだと思います(笑)

かわいかったですよ~♪
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。