スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風恋人

嫌いなんです、私。
なんかしらんけど、こういう店の名前を見ると、

「ずぇったい入らん」
と即座に決意してしまう(笑)

昔よく見たのは、「来夢来人」でしょうか……。

そういや、「limelight」の意味を知らんかったので調べてみると、舞台照明に使われるライトのことなんですね。
よくはわかりませんが、「来夢来人」は、まったく場違いなアテ字だと思う(-"-)

日本にカタカナがないならば、「風恋人」も、「来夢来人」もしょうがないでしょうよ。
でも日本には、カタカナもあれば、英語だってふつうに使われるようになってきてるっつぅの!!
なんでわざわざ漢字にする必要がある??

なんかすっごいいや!

……というか、そこはかとなく漂ってくる、
「オシャレでしょ?」
な勘違いがいや。

日本語粗末に扱っといて、何がオシャレやねん!!

とはいえ、たとえば、香港などに旅行する友人がいたりすると、
「マクドのメニュー持ち帰りできたら頼む。できへんかったら写真撮ってきて!」
と頼んだりします。

ご存知の通り、中国語には「ひらがな」や「カタカナ」がありませんから、すべて漢字で表現されるんですよえね。
それを見るのが面白い。

見た感じ、音を拾って漢字をあてはめているものと、意味をとりあげて漢字をあてはめているものがあるようですね。

今、撮ってきてもらった写真が手元にないんで、ネットで検索してみれば、ハンバーガーは「汉堡包」みたい。
「ハンバオバオ」みたいな読み方になるみたいですね。
中国語は母音が10以上あるらしいから、日本語で表記するのは不可能ですが(^^ゞ

つまりこれは「漢字で音を表現してる」のでしょう。

反対に意味を表現していると思われるのは、たとえばフィレオフィッシュ。
「麦香魚」
チキンバーガーが、「麦香鶏」らしいから、「麦香」は、麦のバンズに挟まれた~……とでもいう意味でしょうかね??

ちなみに、チキンナゲットは「麦楽鶏」みたいですから、「香」と「楽」のイメージを考えてしまったりします。

個人的にうまいなと思うのは、
「可口可楽」
でしょうか。

わかります?
「けこけぇれぇ」
みたいな発音になるようです。

はい。
コカコーラですね。

音も意味もそれらしくなってるのが、いい。

なんというのでしょうか。
「風恋人」
とは、違うでしょ?????

漢字に対する姿勢というか、敬意みたいなものが、決定的に違う(と、思う)。

なんつ~んだろ。
「風恋人」的な漢字の使い方って、漢字の品位を大事にしてないように思えて。
なんかやなの。
すごく、やなの。

カタカナつかえ!
日本人はカタカナ使え~~~~~~~~!!!!!!!!!!





ゼイゼイ。


まぁ、そこまで熱くなることでもないんですけどね(笑)

でもその点、アルファベットのお国は、あんまり無理がありません。

短大時代、第二外国語はドイツ語をとってたんですが、スペルをみたら、なんとなく意味がわかるものもいくつかありました。

たとえば、曜日などはとても似てます。

日曜日はSonntag。月曜日はMontag。
tag=dayだということもわかってきますよね。

太陽がsol(だったはず)ってのも、sunと同じ肌合いです。

授業の中で、
「ドイツ人の名前をあげていく」
という、山手線ゲームのようなものをしたことがありますが、どうしても思いつかないときは、英語の名前を思い出そうとしてました。

それをドイツ語に変換すればいいわけですよ。

たとえば、
Michaelは、英語ならマイケルですが、ドイツ語ならミハエルです。
Albertは、英語なアルバート、ドイツ語ならアルベルトですね。

もともとゲルマン語から発生した言語ですから、何か通じるものがあるんでしょうね。

そういう意味でも、日本語の「ひらがな」「カタカナ」って、すごく独特だと思いませんこと?

日本人ならそれを大切にせんか~~~~~~いっ!!

何が「風恋人」や。
「フレンド」や。
日本人なら「フレンド」やぁあああああああ!!!!!!!

ぜいぜい。

でもでもでも。
まだここまでは許せた。

でもこないだ、JR池部駅近辺で、思わず目を見開いてしまう案件を発見!!

「豊豆樹」


一瞬、首をかしげ、次の瞬間、
「見るんじゃなかった!!」
と激しく後悔。

たぶん、「ほおずき」???????


に、に、に、日本人なら、「鬼灯」って書きやがれ!!

フンガー!!!


ちなみに、「酸漿」って書き方もあるけど、これは、漢方などで使う漢字みたいですね。


私が最初に宇太水分神社に参拝したとき、大変でした。
榛原駅からのバスは1時間に1本ほどしかないし、10キロほどだったから歩こうと思って、歩き出したのはよかったんですよ。
往復20キロぐらいなら、さほど苦痛なく歩ける距離だしね。

歩くことはよい。
が……。

腹は減るのでございます(>_<)

でもでもでも、道すがら、喫茶店もレストランも、皆無なのでございました。
道行く人に、
「このあたりに食事処はありませんか?」
と尋ねまくるも、
「………………ないんちゃうかなぁ」
と判を押したような答え(T_T)

あれには参った。

途中で、一つだけお店のようなものを見つけて走り寄りましたが……。

あぁ無情。
定休日なのでした。

結局神社に参拝して、榛原駅のミスドで15時半のランチをしましたが、あのときはもう、ぐったりだったなぁ。



でもでもでも。
こんな状況でもね。

絶対入らんのやからね、私は。

絶対絶対、入りませんとも。

「豊豆樹」「風恋人」「来夢来人」には、意地でも入らんからな、覚えとけ!!!!!!!!



こうなったらもう、意地です(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

母国語を愛する:南里

「恣(ほしいまま)」
「詳らか(つまびらか)」
「潔し(いさぎよし)」
「慮り(おもんばかり)」
「悉く(ことごとく)」
高度に調和した表記と音で
ほんとうに振るえんばかりの
我が国の先祖の叡智の結集
訓読みのすばらしさ
そして、漢字を変化させて
発明された表音文字
「ひらがな」「カタカナ」
ひらがな表記のすばらしさは
文語調で書かれた
「にほひ(におい)」
ほのかな香り、なんともいえぬおだやかな感じ
などにあらわれ
ほんとうにすばらしいと思えます
このように豊かな想像を巡らすにいたる
日本語に敬意のこもる
ステキなレポートありがとうございます

おはようございます♪

のん様!
のん様!
のん様!
すごい!すごい!すごい!

中国人もすばらしい!
ちょっと感動しました
ありがとうございます

「口に可(す)べし、楽しむ可(べ)し」

「可口可楽」
って~♪
コカコーラ!!!!!

バッチリのキャッチコピーじゃないですか~♪

酒飲みの私は、コカコーラは甘すぎて飲みませんが
これは「うまい」「一本とられた!」と思いました
というわけで
中国人とコカコーラに敬意が湧きました♪

日本語で大切にしたいことが
自分の中に三つあることに気づいたんです
漢字仮名まじり文
文語表記
そして
縦書き
です

これだけヨコ文字が飛び交っているのに
出版物、新聞、親書などに根強く
縦書きが使用されて続けています

理由は
「うなずきながら読む・書く方向だから」
と肯定的な表記ということで
自分自身、勝手に思っています

日本語っていいですね~♪
発見が楽しい、想像が楽しい
ご先祖さまさま、ありがとう~♪

ふみ読みて 音と想いが 豊かなる
 國と民とに 魂宿る
”若旦那~♪、なんり、深感恩

No title

いいでしょ、いいでしょ、「可口可楽」
漢字に対しても、商品に対しても、愛を感じます。

そうなんですよね。
現在の日本語は、50音で整理されていますが、その昔はもっとバラエティ豊かな音だったんじゃないかと思います。

それがおっしゃるような「ひほひ」など。
たぶんそれは「におい」じゃなかったんじゃないかと思います。

「縦書きはうなずきながら読む文章」
って素敵な発想ですね。

表意文字と表音文字を混ぜて使い、角ばった文字と丸い文字を使い分ける日本語。
大切にしたいですよね(#^.^#)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。