スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エニアグラム

エゴグラムってのは知ってたけど、最近「エニアグラム」なるものが注目されてる(?)んですね。

両方とも、性格論やら性格分析に使われるものですが、「グラム」という通り、それを図表化しようというわけです。

エゴグラムは有名……かな?
自分の中の、5つの要素をポイント化するものですね。

高校のときにこのテストを受けさせられた記憶がありますから、随分古いものでしょう。

5つの要素とは、WIKIによれば
CP(批判的親)
厳しい心。自分の価値観を正しいものと信じて譲らず、責任を持って行動し、他人に批判的である。この部分が低いと、ルーズな性格になる。
NP(養育的親)
優しい心。他人を思いやって行動し、保護的で親切である。この部分が低いと、冷淡な性格になる。
A(大人)
合理的な心。現実を重視しており、物事をきちんと計算して行動し、合理的である。この部分が低いと、非合理的な性格になる。
FC(自由な子ども)
自由奔放な心。明るく無邪気でユーモアがあり、わがままで自己中心的である。この部分が低いと、閉鎖的でネクラな性格になる。
AC(順応した子ども)
従順な心。他人に嫌われたくないという気持ちが強く、言いたいことを言わずに我慢してしまい、妥協的である。この部分が低いと、マイペースな性格になる。


となります。

超~~~~~~~ぅおうお、意外なことに、私この中でAが一番高かったんですよ~。
うそよね~?

そして、超~~~~~~~~~うおうおうおうおう、意外性のないことに、ACが一番低かった(笑)

とりあえず、高校時代からマイペースだったのは確かなようですね(^^ゞ
「人に嫌われたくない」という思いがあんまり強くなかったのは、生まれ持ったものなんでしょうか?それとも後天的理由があるのかな?
たぶん両方だと思います。
人前に出ることが多かったので、見知らぬ人から中傷を受けることも多く、
「んなこと気にしてたら生きていけるか!」
と開き直った時期がありましたし。

高校時代にはすでに開き直ってたんだったかなぁ??
かわいくないやつ(笑)

私の親友の一人は高校時代からのつきあいですが、学校帰り、
「何が一番怖い?」
という話になり、
「ん~、強迫観念が一番怖い」
と言ってたのを思い出しますね(^^ゞ

今検索してみると、「強迫観念」は、「ある種の考えが, 自分では不合理であると自覚しているのに,自分の意志に反して何回も強い圧迫感 をもって絶えず頭に浮かんで日常生活にも支障をきたすほど悩む状態」といった風に説明されてますが、当時の彼女は、どちらかというと「思い込み」という意味で使ってたと思います。
思い込みで可能性を壊すのが怖い、と。

かわいくないやつ(笑)

そういう友人ができることを考えても、当時の私は超~~~~~~~ぅおうおうおうおうおうおうかわいくなかったんだと思います(笑)

こういう「性格の図表化」って自分の性格を客観的に見るにはいいんでしょうね。

で、エニアグラムというのは、自分の中の性格を図表化するというよりは、自分のタイプを見つけ、人との関わり方を図表化してるという感じでしょうか?

まず人のタイプを9つに分類します。
これまたWIKIから引いてくれば、
1.批評家:職人。完全主義者。鑑識力が高い。神経質。融通が利かない。
2.援助者:人助け。細かい気遣い。八方美人。人を操作したがる。
3.遂行者:成功。計画実行。行動的。人を駒のように扱う。
4.芸術家:天才。孤高の志士。一番病。ナルシスト。
5.観察者:博士。分析屋。内向的。皮肉屋。有益性を重んじる。
6.忠実家:安全第一。石橋を叩いて壊す。新しい物事への拒絶。
7.情熱家:楽天家。好奇心旺盛。自由人。飽きっぽい。
8.挑戦者:唯我独尊。理想主義者。自信家。他人に操られるのを嫌う。
9.調停者:平和主義者。器用な経営者。葛藤を嫌う。逃避。怠慢。


ネット上に、いくつかのテストがあるので3種類やってみましたが、どれも私のタイプは「7」と出ました。
あらま、そうですか(^^ゞ

次点は「8」でしたが、こっちの方があてはまってる気もしないでもないこともないこともないような(笑)

日本エニアグラム学会というNPO法人のサイトによれば、この分類は3×3であらわされるようですね。

すなわち、
●本能センター(腹=gut) ・・・8・9・1
●感情センター(心=heart)・・・2・3・4
●思考センター(頭=head)・・・5・6・7

の分類と、
「■自己主張型・・・タイプ3,7,8
■義務遂行型・・・タイプ1,2,6
■引き下がり型・・・タイプ4,5,9

の分類。

本能センターは、活動のエネルギーで、生存と行動に関係しています。
感情センターは、感じるエネルギーで、自分の気持ちをどう受け取り表現するかに関係しています。
思考センターは、考えるエネルギーで、安全な居場所を探すことと関係しています。


とも説明されていますから、私は、安全な居場所を求めつつ、自己主張をするタイプってことですか(^^ゞ
なんかどうなのこれ(^^ゞ?

すげぇやなやつじゃないっすか(^^ゞ?

まぁいいけど(え?よくない??)

そしてまた、
各性格タイプの人が、さらに人間的な成長をする時に、それぞれ統合の方向にあるタイプの性格特性の良い面があらわれると考えられています。
反対にストレスを受けた場合などには、分裂の方向にある性格タイプの特徴があらわれると考えられています。

とあり、
統合の方向 (1→7→5→8→2→4→1、9→3→6→9)
 分裂の方向 (1→4→2→8→5→7→1、9→6→3→9)

とも説明されてるのがなかなか興味深い。

たとえば私の場合、調子が良くて成長するときは、冷静な観察者・分析家となり、ストレスが多いと批評家になると。
自分の性格が、「情熱家」というのはあまり納得できませんが、これは納得するなぁ。

つまり、自分の中に9つの個性がすべて入ってるんですね。
その中のどれが一番強く表れているかということ。

まぁ、「人の個性は9種類しかないんかい」とつっこまれたら、
「すんません」
というしかありませんが、性格を、ある種の類型にあてはめて考えるのも、性格分析の手法としてはある程度有効かもしれません。

まぁ、こだわりすぎると失敗しますけどね(笑)

友人のいうとおり、「思い込み」というのは恐ろしいものです。

ただ、私が性格分析をしてみたいという相手はいるんですよ。
それが、旦那です。

私は旦那のことを「夫婦として生まれてきた半身」とは思ってます。
この先何があっても、旦那のことだけは守っていこうと決めてますし、世界で一番大事な人です。
旦那の気持ちを最優先していきたいとも思ってます。

が、旦那のことを理解しているかと聞かれたら、決してそうじゃないんですね~これが(^^ゞ

そもそも、人から、
「旦那さんってすごく優しいんでしょ?」
と聞かれたとき、返答に困ったりします。
あれは優しいというより……「ベタ甘(笑)」

旦那のことを知らない人が見たら、
「何か裏があるんじゃないの?」
と疑うレベルです(^^ゞ

私が見る限り……ですが、旦那は自分の感情にとても素直に見えます。
感情のままに行動するというか(^^ゞ

そして旦那の感情は、怒りや否定よりはずっと、慈しみや肯定に傾きやすい。あとたぶん、「悲しみ」と。
ふつうの人間なら怒り出す場面で、
「あんなことを言わなくちゃいけないなんて、しなくちゃいけないなんて、かわいそうやなぁ。よっぽどつらいんやなぁ」
と同情するのが旦那です。

昔、一緒に「アマデウス」を観たとき、
「サリエリ、かわいそう!サリエリ、かわいそう!」
って横でうるさかった(^^ゞ
まぁ、私もサリエリはかわいそうだと思うけどさ。

そしてたぶん……たぶんですが、旦那の性格の特徴として……たぶん、たぶんですよ?
たぶん、「のりこ第一主義」ってのがあるように思えてなりません。

私が喜ぶことが旦那の喜びだし、私の悲しみが旦那の悲しみ……というところが、間違いなくあります。
それはもちろん私だってそうですよ、当然です。
旦那が喜べば、単純にうれしいし、旦那が悲しんでいたら私も悲しい。
ただ、旦那の場合は、その度が激しいような。

もうずっと昔、旦那はテレビの開発をしてました。
そのため、北海道に出張してたのですが、当初3週間の予定は、延期に延期で半年に。

理由は、「現場をわからない役員が、わけのわからない注文をつけてくるから」とかいうようなものだったみたいです。
その結果、ライバル会社が、似たような製品を先行して発売。
結局旦那が開発にかかわったテレビは没になったと思います。

そしてやっと大阪に帰ってきたときの会話。

私「ほんま、ムカつくなぁ!」
旦「うん!!(プンプンしながら)」
私「悲しいよな」
旦「うん……(下を向いて)」
私「でもまぁ、いい経験になったかな?」
旦「うん♪」

って、あんたはキューピーさんかぁあああああああああ!!!!!

と、これだけを聞いたら、旦那のことをアホやと思うでしょ?
それがそうでもないんですよね。

一度通った道は絶対忘れないし、それだけで、頭の中にほぼ完ぺきな地図を書き上げてしまいます。
そのほかにもいろいろ、
「賢いんちゃうん?!」
と思わされるところもあるんですよ、えぇ。

ときどき、どんな脳みそしてるのか、すごく知りたくなるんですね~……。

どれだけ好きな相手でも、大事な相手でも、その心を完ぺきに理解することはできません。
でもだからこそ、いつもいつでも、相手の気持ちを見つめていたいと思うのです。

旦那が何を感じ、何を思い、何を考えているのか、そばでじっと見ていたい。
それが夫婦ってものなのかなぁと。
私はそう、思ってます。

だから、私たち夫婦は「理解しあってる」とは言えないと思いますが、ときどき言葉に出さなくても共感しあえてるときがあるんですよ。

たとえば、同じ花を見て、まったく同時に顔を見合わせ、
「ニマッ」
ってするとか。

それがなんなんだと言われたら困りますが……。
私はそういう瞬間を大事にしたいなぁなどと思ったりしてます。

でも、旦那の脳みそは解剖してみたいんですよ(^^ゞ
それとは関係なく。
だって、すごく珍しいと思うんだもん(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

喜びの種を植えよう:南里

自分を知るというのは
純然たる成長なんだと思います

おはようございます~♪

エニアグラムっていうんですね

自分の良さを知るってのは
ほんとうにいいことですよね~♪

それを使って
自分自身をより理想的な自分自身に創り上げる
って感じがするんです

結局、現状の自分の良さを活かし
理想的な自分像へと自分を近づけ育てるってことで
それでまた自分の良さが成長しているんですもん

畑で土の性質や、その土地の環境を知り
自分のほしいものの種をまく

その種の名前は
「喜び」だったり
「幸福」だったり
「愛情」だったり
「夫婦生活」だったり
「イキイキと生きているご自身」だったり
します

耕し、肥やしを加える作業~♪
ステキです♪

土にぎり 天を仰いで ひとり立ち
 喜びの種 大きく実れ
”若旦那~♪、なんり、深感恩

No title

なるほど、確かにそうですよね。
土壌は変わらない(^^ゞ

何を植えるかなんですね。
あとはそれをちゃんと育てることかぁ。
そういうことですよね。

でももし、気持ちがまっすぐじゃなかったら、せっかく良い種を撒いても枯れさせるかもしれないし。
そもそも、良い種を選べないかもしれない。

健全でいないとだめですね(笑)
がんばります。
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。