スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土台

昨日は、枝豆とオクラの植え付けでした。

写真がないのでよくわからないと思うのですが、ポットに土を入れて種をまき、あらかじめ苗を作ってあったんです。
そしてその苗を畑に移すわけですが……。

これがね~もう、大変(^^ゞ

苗がスポンと抜けないんですよ。

畑主さんに聞くと、
「苗を作る土をもう少し圧縮しとかなあかんかったな」
とのこと。

苗の作り方からちゃんと聞いときゃよかった(>_<)

まぁこれも勉強ですね。

畑へは今、私たち夫婦と、奈良在住の男性が作業をしています。
彼はFACEBOOKを見て参加表明してくださったんですが、チャキチャキ動いてくれはるんで、私たちも影響されてます(笑)

で、苗も我が家と彼の家で作ったんですが、大阪のほうが温かいのか、我が家の苗のほうが成長もいい。
根もちゃんと張っている。

……ということで、うちの苗は結構「スポン」と抜けてくれたんですよ。
成長の悪い苗は、土がボロボロになってしまい、うまく抜けてくれません。

よく言うでしょ?
木の生えた斜面は土砂崩れしにくいって。
これを見てると本当だなと思います。

根が張ることによって、土が強固になるんですね。

木は土の養分を吸って育ちます。
土に生かされていると言っていいかも。
でも、土はその木に守られているんですね。

「共生」
こんな形でのギブ&テイクもあるんだなと思います。

でもまぁなんとかボロボロさせながら苗を畑に植え替え終わりました。

枝豆を2列半。
オクラを半列。

畝どうしの幅は1.1メートル。

種を撒く間隔は、枝豆で35センチ。
オクラで50センチとなります。

……こういうことは来年のために覚えとかんとね(^^ゞ

「来年はあんたらのしたいように、好きにやってもらおかなぁ」
という畑主さんの言葉は、たぶん冗談だと思いたい……。



無理。



奈良の彼は、いつも「次に何をすべきか」と考えて動く人なので、作業はいつもサクサク終わります。
昨日も結局1時間ぐらいかからなかったかな?

「勝手に生えてんねん」
とおっしゃるフキをいただいて、家の中で肥料について学びます。

肥料の基本は、NPKです。

わかります?

つまり、窒素とリン、そしてカリウム。

窒素は葉を茂らせ、リンは根を丈夫に、カリウムは実を大きく甘く実らせます。

だから、たとえば青菜類は窒素肥料が重要。
大根を植えるのに、カリウムばっかりあげても意味がない。

ただ肥料をあげればいいってもんじゃないのよ!

あと、鶏糞などの有機肥料は発酵が必要なので即効性がないとかね。
そして、発酵の際のガスが、植物に害を与えることもあるとか。

もう、いろいろ勉強すること、ありすぎ(笑)

とはいえ、これで、ジャガイモ、トウモロコシ、枝豆、オクラが畑に育ち始めました。
再来週はナスですよ!

どんどん秋が楽しみになってまいります(#^.^#)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

語呂合わせしましょ♪:南里

「土」は科学的に言えば
無機質なんでしょうけど
「共生」のお話に興味が湧いて
土には、植物を茂らせる
自然の意志がたっぷりと
しみ込んでいるように思い
うれしくなりました
土と対話ができそうなレポート
ありがとうございます♪

おはようございます~♪

ほんと秋の実りが楽しみですね~♪

そこで!なんと発見です!
「鍬(くわ)」という漢字
「金へん」に「秋」と書くのですね
農耕の民の国々の想い
ひと鍬ひと鍬
秋の実りへと近づいていく金属製の道具ということでしょうか?
わ~♪、いいなあ~♪
南半球なら、「金へん」に「春」になるのかな?

自然から学ぶことは
ほんとうにありがたいです♪
漢字にしてもそうですもんね
ありがたや~♪ ありがたや~♪

のん様レポートの肥料のところは
まさに
ステキな三要素
N:葉を茂らせる→鍛錬や実践
P:根を張らせる→足元を固める
K:実を大きく実らせる→夢やビジョンがかなう
となり
ちょっと無理がありますけど
Nは「なんぼでも働く」のN
Pは「ポジションを確固たるものにする」のP
Kは「感動が待っている♪」のK
でいかがでしょうか?
人生を充実して過ごすエッセンスも
ほんとうに自然界から感じて、学べて
うれしく思いました
ありがとうございます

ひと鍬に 秋の恵みを 夢見ては
 神さまの笑み 降りそそぐなり
”若旦那~♪、なんり、深感恩

No title

確かに、「鍬」という漢字に「秋」が入っているって、素敵な感覚ですね(#^.^#)

秋の実りを豊かにするための道具という思いがあるのでしょうか。

自然は、苗を育て、花を開かせ、実らせます。
でもその反面、せっかく育った食物を風で倒したり、日照りでからしたり、長雨で腐らせたり。

そんな中、人々は昔から、生きるための努力をしてきたのだと思います。
自然の恵みを受けながら、自然の厳しさから作物を守る工夫をしてきたのですよね。

その一つが肥料の工夫。

「人間」という作物にも同じことが言えるかもしれません。

このよで生きていくための工夫。
いろいろできるものですよね。
人間にとっての、NPKを探してみたいです(#^.^#)
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。