スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下りたそうです。今朝。
都祁には(^^ゞ

でも、今日は都祁の畑へ行ってきます。
オクラと枝豆の植え替え作業をするんですが、明日も霜が降りたら、やばいかなぁ?

畑作業は、天気との兼ね合いが大きい。
そして、天気が人間の都合やらテクニックやらでなんともならないということに改めて気付いたりします。

つくづく、地球は生きてるんですよね。

さてさて。
おととい、新しい仕事の打診をいただきました。

ライターの単価が下がっているというのは、皆さんがおっしゃってますが、1文字2円とか、1.5円とか。
お世話になっている編プロさんからのお話ならお請けするんですが、結構キツイっす(^^ゞ

ただそれでも、勉強になるような内容なら嬉しいんですけどね……。

どう~しても割に会わなければお断りすることにもなるんですが、別の編プロさんから打診を受け、テストとして少しやってみて、
「これは無理だ」
とお断りした仕事が、別の編集さんから打診を受けることになったってことは……。

あれからどうなったんだろう??

お断りした理由は、時間に猶予がないからなんですね。
依頼をうけたら2時間ほどで原稿をあげなくちゃいけない。
請けてしまったら、家を出られませんし、その仕事に追いかけられることになります。
そして、単価がすごく安いんですよね……。

この仕事のために取材を断るわけにもいかないし、外出もしたいしということでお断りしたんですが、編プロさんも、
「これはちょっとキツイ仕事ですよね」
とおっしゃってました。

で、別の編集さんが、まったくもってその仕事について、
「誰かやってくれる人、いませんかねぇ?」
と募集してはった、と。

編プロさんとしても、この仕事は
「割に合わない」
と感じてはるってことでしょうね。
それでタライマワシ的になってる?

でもどこかの編プロさんが請けはるんでしょうね。
それで少しでも収入になればいいんだけど、実際のところ、
「受ければ受けるほどキツイ」
になるんじゃないのかなぁ……。

そういう仕事が増えてきているようにも思います。
出版社の社長さんから、
「大変!!」
という話も聞かされます。

不景気をつくづくしみじみ感じますねぇ(^^ゞ
不安に思ってしまったら閉塞的になるんで、なるべく楽観してますが(^^ゞ

その点、大地と天気は変わりません。
人間の世界がどうだろうが、太陽は変わらずひかりと熱をくれるし。
大地はさまざまなものを生みだします。

そちらに意識を同化すれば、浮上するものもあるはず!

ってことで、そろそろ出掛ける準備をします。

……っていうかね(>_<)
パソコンの調子が悪くて(T_T)

最近毎日のようにハングしますねん。
で、書いた記事が消えてしまいまして……(>_<)

今日はこれくらいにしときますけども……ふふっ。
ってことで、出掛けます(笑)

落ち込んでるとき、橋下さんの動画は、妙に元気が出るなと気付いた次第です。
なんかすごいわかりやすい、勧善懲悪の時代劇みたい(笑)
とりあえずしばらくは、元気が出ること探していきます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

仕事の向こうに人がいる:南里

芸術家に貧乏はつきものだったり
オタクと呼ばれている人たちが
今の、ITのシステムを支えていて
携帯電話が当たり前のようにつながるのも
彼らが、何年も夜を徹して
仕組みを構築してくれたお陰なんでしょうね

おはようございます♪

消費者も
そして製造、販売も
コストパフォーマンスということで
たいへんな時代
「生き残るため」
という時の主語は、確実に「私」という
個を守る、生存欲から来ていると感じます
この場合、単純に「働く」=「稼ぐ」となると思います
すこし、言葉を変えますと
「生き切るため」
とすれば
自分の命を活かすとか、役立つとか
そんな言葉が連想され
「働く」=「端楽」「役立つ」「命を活かす」
となると思います

このレポートでタライマワシになるお仕事に
どんな価値を見つけるのか
誰が楽になる
誰の役に立つ
誰が喜ぶ
仕事やお金(=コスト)で見えなくなっている
人の顔
仕事の先には必ず人があるということが
特に現代には、希薄となってきたことを思いました

たくさんの 汗を含んだ 商品を
 汗のにじんだ 紙幣で求め
”若旦那~、なんり、深感恩

No title

やりたいことができれば収入がなくてもいい!
……なぁ~んてことまでは言えないんですけどね(^^ゞ

でも実際、「これは世の中のためになるんだろうか?」と感じる仕事もあるわけで。
そういう場合、受けるかどうか悩んだりしますです。

反対に、
「これはやりたい!」
と思う仕事なら、超安いギャラでも受けますが、こういう場合、ほかの人たちもほとんどボランティアで、しかもすごく楽しそうにやっておられて、とにかく終わった後、すごくいい気分になったります。

生きるためにはお金が必要だし、そのためにはやりたい仕事ばかりを選んでられませんが。
でも、
「これはダメだ」
と思う仕事は、断る勇気も必要だと思ったりもします。

なんか、難しいですね(^^ゞ
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。