スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐!

今朝方、観ていた夢は妙に印象的で、起きてからも現実との区別がうまくついてません(^^ゞ

子猫を預かる夢なんですよね……。

おびえていた子猫がすぐに人間を信頼していく過程が割としっかり描かれてました。
そのうち横になった私の顔のすぐ前で丸くなって眠ってしまったので、
「あぁ、すっかり信頼してくれたな」
とホッとする。

ところがこうなると今度はイタズラがひどく(笑)
ふすまに飛びあがっては爪とぎをするんで、
「ボロボロになったら張り替えなきゃなぁ」
と思ってる……。

そんな夢でした。

私は夢判断はできませんが、多分、この猫は、チュリーの分身だと思います。
私の顔の前で寝てる子猫に顔を近づけたときの感覚が、チュリーに顔を近づけるときの気分と似てましたし。

チュリーは家に来たとき、そりゃぁ~おとなし気で、気弱でした。
それが今じゃあ………。

今じゃあ………………。

今じゃあ………………………………。

ふぅ。

でもまぁ、あれですよ。
ペットは楽しそうにしてくれてるのが一番。
飼い主にとってそれが一番幸せです。

いや、本心からそう思ってますよ。
もちろん、本心ですとも。

さて。
昨日はすんごい嵐でした。
風の音が異常なぐらい。

普通の大風って、
「ゴォオオオオオオオオ!」
じゃないですか。

昨日の風は、
「ボヒィイイィイイィイイイブッホィイイイイイイイイフィィイイイィィイイイイイイ」
でした。
ビル風っていうんですか?
狭いところを通り抜けた風が、大きな風の流れと合流したり、分岐したりして、複雑な音を奏でていたような。

昼過ぎに買い物に行ったんですが、風が背後から吹いてくるときは、
「植木鉢が飛んできてもカバーできるように」
と後頭部にリュックをあててましたよ(笑)

いろんなものが飛んでました(笑)

鳥にとって風は嬉しいものではないはず。
特に小鳥たちにとっては、「流される」危険性も高いだろうと思うんですよ。

でも残念ながら(?)、チュリーはまったく反応なし。

「ドヒィイイィィィ!!」
という最大級の風の音の間にも、
「遊ぶ!遊ぶ!出して、出して!!」
と、騒ぐだけ騒いでました。

びーこに至っては、風の中、そりゃ楽しそうにしてましたね。

びーこは、雨が降ってると、散歩に行くのがいやみたいなんですよ。
家の玄関を飼い主より先に越えない子なんですが、普段なら、私が家を出ると、待ち兼ねるように追いかけてきます。
でも、雨の日は、私が家を出ても、なかなか出てこようとせず、
「行きますぅ?」
とでもいうように私の顔を見上げてきたり(笑)

いや、おしっことうんこはしたいでしょ?と思うんですけどね(^^ゞ

でも昨日の風はすごい楽しそうだった(笑)

前を行きながら、何度も、
「楽し~ですねぇ?」
という嬉しそうな顔で振り返ってましたもんね(^^ゞ
何が嬉しいんだか。

チュリーが風を怖がらないのは、風の中を飛んだ経験がないからだろうと思います。
もし風の怖さを知ってたら、あの音におびえたかもしれません。

……というか、鳥の本能ってのはないのでしょうか???

でも、わんこにとってあの風は「恐怖の対象」じゃないのかなぁ?
でも、「飛ばされちゃう!」っていう怖さはあると思うんだけど。

びーこは多分、楽天的な性格の犬だから、
「飛ばされちゃう!」
というより、
「飛べそう!」
って思ったのかな(笑)?

なんにせよ、普通ではない気象のとき、動物たちを観察するのはなかなか面白いです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。