スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化粧

「女は化粧をするもの」
という前提で話しかけられることがあります。

「クレンジングは何を使ってる?」
とか。

「使わない」
と答えると、
「肌が荒れるよ?」
とびびられます。

つまり、私が肌に何も塗ってないということを、彼女は気付かないわけですね。

以前もあるクライアントから、
「こないだ化粧もせずに売り込みに来た人がいてさ~。化粧は社会人の最低限のマナーでしょ?」
と言われて、黙り込んだことがあります。

「私、化粧してないです……」
と答えると、
「でででも、眉毛は描いてるやん?」
と先方がフォローしてくださいました。
すいません、気を使わせて(^^ゞ

つまり、それぐらい今のファンデーションは高性能ってことですよね。

つまり、
「塗ってないように見える」
ってこと。

だから女性は、スッピン女を見ても
「塗ってるな?」
と勘違いしがちだし、男性は結構分厚く塗ってても、
「ノーメイク?」
と勘違いすることもあるみたいです。

私の場合、ノーメイクと言っても、仕事のときは眉毛は描いてるし、リップクリームは塗ってますから、まったくもってノーメイクってわけじゃありませんが、汗っかきなので、ファンデーションは塗りません。
塗った方が顔が明るく見えるってのはわかってるんだけどね(^^ゞ
ただ、絶食した次の日は、ファンデーションを塗るより肌が明るくなりますよ?

とはいえ、化粧ってのはそもそも、姿を綺麗に見せるためのものだったわけじゃないようです。

本来、魔除けだったらしい。

縄文人は顔に刺青をしたといいます。
今でも、縄文人と同じ起源をもつ、ポリネシアの人たちは顔に刺青をしておられることがありますよね?
あれは、男らしさを誇示する意味もあるでしょうが、本来は魔除けの意味だったとか。

悪霊が入り込まないように、ですね。

私が小学生のころ、手塚治虫さんの……

全然関係ないんですが、
宮崎駿
は一発で変換されました。

手塚治
ね?
てづかおさむさんは、「虫」がつきません。

不二子藤尾
ふじこ先生もダメですね。

えぇっと……。
赤塚富士夫
ダメだ。

なぜ宮崎駿だけエコひいきなのかしら(^^ゞ

もとい。

手塚治虫先生の「火の鳥」が流行しました。
私はピアノ教室でそれを読んだんですが、うずめとおぼしき女性と、サルタヒコとおぼしき男性が登場したのを覚えています。

サルタヒコは、いやがらせで、醜い女を妻にさせられるんですね。
醜いと言うか、おたふくのような女性でした。

ところが、彼女はサルタヒコと二人きりになった途端、化粧を落とします。
そしてこう言うんですね。
「化粧は美しく化けるためだけのものではないわ」
って。

言葉通り、化粧の下から表れたのは、美しい素顔。

これがむちゃくちゃ印象的で。

ストーリーは全然覚えてないのに、ここだけ覚えてます。

つまり、化粧とは、「仮面」に他ならないんだなって。
美しく化けるとか、醜く化けるとか、本来的なものではない。
単に、「本当の自分」を隠すためのものなのだな、と。

やっぱり魔除けなんですよね。

私が眉毛を描くのは、たしなみという意味もありますが、
「怖そうに見せる」
という意味もあります。

ただ、本来私はかなり気が強い性格だと思います。
気が強いというか、理不尽なことがあれば怒るタイプ。
黙ってしまうことはありません。

でもなぜだかはわかりませんが、
「あの人は何でも許してくれそう」
と誤解する人が結構いるんですよね。
なんでだかはさっぱりわかりませんが……。

そうやって近づいてくる人は、限度なく甘えはるんで、最終的に怒ることになるんですが、そうなるとものっそびっくりされてしまいます。
相手の迷惑考えずに甘える人たちって、基本的に人間関係の処し方があまり上手な方ではない場合が多いので、大概その後こじれます(^^ゞ

なので最初から、「この人は甘えたら怖い」と思って欲しいんですよね~……。
でもなぜ甘えても大丈夫と思われるのか?
自分では、垂れ目気味なのと、垂れ眉気味なのが原因だと思っていましたが、まだ会ったことのない、ブログでコメントし合っているだけの人から、
「ご当人はいやだと思いますが、あなたには寄りかかりたい、甘えたいと思わせる何かがあるんです」
と言われちゃったんですよね(^^ゞ

ということは、容姿が原因じゃない。

……これを聞いて、眉毛描く気が一気に失せました(笑)

つまり私の場合、化粧する意義ナッシング。

なので、「化粧は社会人のマナー」って言われちゃうとすっごい困るんですよね(^^ゞ

ただ、私の場合、若いころからほとんど化粧してませんでした。
なので、肌があんまり荒れてないんですよ。

「ファンデーション塗らないと、素肌なんか見せられない」
とおっしゃる方もおられますが、そういう素肌になったのは、化粧のせいだと思う……。
だって私、肌がきれいなわけじゃありません。
その上、顔を洗った後も何も塗ってません。
昔は化粧水と乳液ぐらい塗ってましたが、めんどくさくなってやめても全然調子が変わらないことがわかったんで、すっかりやめました。
それでも、
「ファンデーションを塗ってる」
と思われる程度の肌質を保ててるわけですよ。

化粧のせいで肌がボロボロになって、それを化粧で隠す。

なんだかな~……と思わずにいられないんですけど。

試しに1カ月ほど化粧をやめてみたらどないでしょ?
化粧いらずになるかもしれませんぜ?

だって無駄遣いや~ん。
化粧品って、なんであんなに高いのん???
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。