スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発音はハッキリとっ!!

以前記事執筆した本が出版になったみたいです。
見本がまだ届いてないんで、内容はわかりませんが、私が執筆したのは20人分プラス年表全部。
あとコラムです。

年表はほんま大変だったんで、見かけた方は手にとってやってくださいまし。

中学・高校6年間の歴史を7時間でつかむ!日本史世界史人物対比年表中学・高校6年間の歴史を7時間でつかむ!日本史世界史人物対比年表
(2012/02/21)
エディット

商品詳細を見る


私の担当ページは、
卑弥呼&カラカラ帝
聖徳太子&ムハンマド
光明皇后&楊貴妃
白河天皇&グレゴリウス
平清盛&フィリップ二世
源頼朝&ジンギスカン
徳川家康&アクバル
徳川家光&フーゴーグロティウス
徳川吉宗&ヴェルヘルム一世
北条泰時&シモン・ド・モンフォール

ちょっち苦しい内容もありますし、以前、「聖徳太子は複数の人物をモデルとした虚像だ」なんて説明したくせに、この中では実在の人物みたいに書いてたりして、いろいろ言い訳したいところなんですが(^^ゞ

でも、「中学校高校の復習」としては楽しんでいただけるかと。

コラムでは、「偉人の対談」なんてのを書かせていたいだんですが(ボツになってなければ掲載されてるはず)、これが初めての内容の割には、結構文字数ぴったりでつじつまがあったりして(笑)

実はこっち系の才能があるんじゃないかと自画自賛したりしております、ハイ。

さてと。
フランス語の話です。

私は第二外国語としてドイツ語をとってたんで、フランス語の発音については全然わかりません。
スペルも。

こないだ、旦那とドライブ中、

「GARND BLEU」
と描かれた看板を発見。

「RとAの位置が間違ってるな」
と言う旦那に対して、
「はぁ?EとUでしょ?」
と言い張る私。

英語しか知らない私には、フランス語で「青」が「bleu」だなんて知らないんだってば。
そっちばかり気になって、GARNDの不自然さにまで気付きませんでしたとさ。

なんてんでしょ。
フランス語の雰囲気がよくわからないんですよね~~……。

さて。
昨日、思うところあって、子どもの頃に読んだ童話集を引っ張り出してきました。

「フランスとオーストリアの戦争において、最前線にあった塔に一人籠り、オーストリア軍とたたかった豪傑」
が誰かと気になったからなんですね。

子どもの頃この話を読み、まさに血沸き肉躍った記憶があります。

多勢に無勢と言いますが、なんとオーストリアの大軍相手に、たった一人で戦ったってんですよ。
すごすぎません??

でも名前が思いだせない。
これを機会にちゃんと頭に入れとこうってわけです。

童話集は「お話宝玉選」。
300ページほどある分厚い本ですが、お目当ての話はすぐ見つかりました。

「勇敢なドーベルヌ」と題されたお話しです。

が。

GOOGLEで「ドーベルヌ」を検索しても……。

なんにもヒットしな~~~~~~い♪

むむ。

「ドーヴェルヌ」
に変えて検索するとヒットしますが、17世紀の子爵と16世紀のメディチ家妃しかヒットしません。

googleさんが、
「ドーヴェルニュじゃない?」
と教えてくれたんでそれで調べてみましたが……。
やっぱり子爵とメディチ妃だけ。

む~、もう一つキーワードを入れねばだめか、と、彼が戦没したとする戦争の名を入れてみました。

「ドーヴェルニュ ヌーブルヒ」

はい。ご想像通りです。
な~んもヒットしな~~~~~い♪

それどころか、「ヌーブルヒの戦い」で検索しても出てきません。
ヒントは、1800年に行われた戦いだってことでしょうか……。

フランス革命戦争の中のひとつでしょうね。
しっか~し。
WIKIで調べても、「ヌーブルヒ」っぽい地名がでてきませ~~~~~ん♪
てへっ♪

なんかムキになってきましたが、もう一つのヒントは、「ドーベルヌはパンテオンで眠っています」という結びの文章でしょうか。

「ドーヴェルニュ パンテオン」
で検索するよね~???

でも、それらしきものはな~いのよ~~~~~~~~ん(T_T)

どうすりゃええねん!!

とジタバタしてましたら、「ヌーブルヒにあるドーベルヌの記念碑はオーストリア軍も敬意を払っています」という内容を発見。

記念碑かぁ……。
どうも弱いなぁと思いながらも、半ば自棄で、
「ドーヴェルニュ 記念碑」
で検索っ!!!!!!!!

これがヒット~~~~~!!!!!!
やった~~~~~~~~~~~~~~~~~~(T_T)

http://france100.exblog.jp/2647948/

上記ブログによれば、ドーヴェルニュのフルネームは、テオフィル=マロ・ラ・トゥール=ドーヴェルニュ。
彼が没したのは、ノイブルクの戦い。

ヌーブルヒがノイブルク。
なるほど。
なるほどね~~~~~~~……。






だからフランス語って嫌いよっ!!!
カタカナ表記しづらいったらありゃしないってことでしょ?!

あ~~~、苦労した(^^ゞ
しかし、かなりの英雄だと思うのに、日本ではあんまし有名じゃないのね。

そしてそんなレアな話を載せてるなんて、やっぱりやるなぁ、「宝玉選シリーズ」!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。