スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

性善説

光市母子殺人事件で、死刑の判決が最高裁からくだりましたね。

……長かったなぁ……

個人的には、ものすごくしっくりしないものを感じています。

いえ、元少年・大月孝行被告は死刑になるべきでないと考えているわけではありません。

なんというか、今の日本の裁判システムが、犯罪者の更生の機会を奪っているように思えてならないことが気持ち悪いんですよ。

この事件においてもっとも印象的なのが、差し戻し審における弁護団の主張でしょう。
あれほど醜い「言い訳」は、珍しいんじゃないか。

記事などで読み、あまりのことに、
「開いた口がふさがらんわ、おどりゃ!!」
という気持ちになりましたが、それよりも気になったのが、元少年……当時は大月だったのか福田だったのかわかりませんが……が、死刑判決後に、被害者遺族の本村さんに対し、深々とおじぎをしたということです。

このバカげた法廷劇……弁護団たちが仕組んだ……は、元少年が心から被害者遺族に謝罪する機会を、永遠に失わせたのではないかと思ったのです。

弁護士の仕事は、被告の受ける罰をなるべく軽くすること……ではないはずですよね?
被告人が正当な罰を受けられるよう、検察により、不当に重い罰を与えられないように被告を守るのがその職務のはず。

ならばなぜもっと正当に、被告が現在とても反省していること。
そして殺意はなかったこと。

この点を堂々と主張しなかったんだろう?

「殺意がなかった」という根拠としては、やよさんの首を片手で締めたという事実があると聞きます。
もし殺すという明確な意志があるのなら、両手を使うだろうと。

もちろん、殺人は取り返しのつかない行為です。
つぐなってもつぐない切れるものではありません。

いくら殺意がなくても、明確に乱暴目的だったわけで。
有罪であるのは間違いありません。

そして当初少年が獄中から友人にあてて書いた手紙もまた、どうしょうもなく醜いものです。

でも、長い服役生活の中で、彼にも変化があったはず。
実際、変化があったのじゃないかと……報道を見る限りですが……思われます。

でもあのくだらない弁護は、彼の自省とこころのありようを表現する機会を永遠に失させてしまいました。
そしてそのことは、もしかしたら被告の死刑回避のチャンスをも奪ったのかもしれません。

それは被害者遺族にとっても、本意ではないんじゃなかろうか。
加害者の心の変化を知れば、救いになる部分もあるんじゃなかろうか?

やりきれない気がするんです。

そしてもっとやりきれないのが、あの弁護方法が「合法」だということ。

差し戻し審の後、当時弁護士だった橋下さんは、
「あの弁護が許せないなら懲戒請求を出して!」
とテレビで訴え、弁護団から提訴されました。

最高裁の判断は、橋下氏の行動は「原告の受忍限度の範囲を越えないもの」としましたが、「橋下の発言が配慮を欠いた軽率な行為だった」とし、弁護団の弁護方法は妥当だという判断のようです。

それが変だと思うんですよ。

あんな弁護、今後また繰り返して欲しくないでしょ?

被告に正当な罰を下せるよう、検察とは反対の立場から議論をするのが本来のあるべき姿なんじゃないんですか?
被告の罪が軽くなれば、それでいいの?

そんなの絶対変。

なんとかならないもんですかねぇ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。