スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本人の微笑

小泉八雲のエッセー中、もっとも好きなのが「日本人の微笑」と題された掌編です。

当時、日本在住の外国人の多くは、日本人の微笑を
「何を考えているかわからない、気味の悪いもの」
と感じていたとか。

その一例として、
「夫が病気だからと休んでいた下女が復帰したと思ったら、
『夫は亡くなりました。これが夫の骨です』
と骨壷を見せ、微笑むんですよ。何が嬉しいんでしょう?気持ちの悪い」
などという意見が挙げられています。

でも。

でも、と、八雲は言います。
「彼女は自分の悲しみを他人に押し付けてはいけないと、努めて笑顔を見せているのだ」
と分析するのです。

日本人は、自分の苦しみは自分の中だけで完結させ、他人には笑顔を見せようとする、極めて思いやり深い民族なのだ、と。

植村直己さんが亡くなったとき、記者会見で奥さまが見せた笑顔も同じたぐいのものだったと思います。

でも……。
一言で「微笑」たって、いろんなものがあります。

日本人の私が見てさえ、「気持の悪い微笑」ってのはあるのです。

目にキョドキョドとしたおびえを湛え、口元にのみ張り付いたような微笑を浮かべている人が、ときどきいます。

人にからまれないよう、喧嘩を売られないよう、
「私はあなたに敵意を持っていません」
と必死で訴えているかのような笑顔は、主に「自分のため」の笑顔です。

対して、他人を安心させよう、心地良くさせようとする笑顔もあります。
彼、彼女の笑顔を見るだけで、ホッとする。
そんな笑顔ですね。

「大丈夫?無理しないでね」
「私に何かできることがある?」
そう尋ねかけてくるような笑顔は、人の気持ちを救ってさえくれることがありますよね。

そして、無心の笑顔もあります。
その人の心の輝きが、顔に浮かんでいるような、そんなまぶしい笑顔です。
彼が体内に包括する、幸福感がそのまんまに輝いているかのような。

何も訴えているわけではない。
けれども、その人のパワーが輝きあふれでているような、力強い笑顔を浮かべる人のそばにいると、それだけで暖かいような気がします。

でもそんな笑顔を浮かべられるような人は、なかなかいない。
努力してそんな表情を作れるわけじゃないですもんね。

私はそんな笑顔の持ち主を、また一人失いました。

私は基本的に、他人に対しては敬語です。
めんどくさいんですよ。
ため口でしゃべった途端、馴れ馴れしくなってくる人ってたくさんいるでしょ?
こっちが敬語を使ってても、馴れ馴れしくしてくる人もいるぐらい。

馴れ馴れしくされるのって、苦手です。
よっぽど親しくならない限り、距離感を保っておきたい。

なので私が安心して、えらそうな口を利ける相手ってのは、限られています。
なんの意識もせず、相手に対して必要最低限以上の敬意を払える性格の人。
それだけです。

彼はそんな数少ない一人でした。

中学校時代の後輩であるとわかったこともあったのでしょうが……。
それだけじゃない、
「この人は、相手の都合を無視して自分の勝手を押しつけることは絶対しない人だ」
という安心感があったのだと思います。

そして事実、彼は自分のことを二の次にして、他人に尽くしてばかりいました。


……なんでそんな人が、若くして亡くなっちゃうかねぇ。

後悔はいっぱいあります。
5日に会ったとき、
「すぐ病院へ行かなくちゃダメ」
と言ったのですが、
「仕事で行けないんです」
と言われて、
「じゃあ、週末に行きなさい」
答えました。

なぜあのとき、
「健康と仕事、どっちが大事なの?」
と強くでなかったのか。

それは大きな後悔になっています。

後悔は先に立たないんだけどね(^^ゞ

知らせが入ったのは15日の朝8時前でした。
いつもこの時間、旦那からのメールが入るので、これもそうだろうと思って、しばらく放置してたんです。

しばらくしてから、
「そうそう、メールが来てたな」
と携帯をみると、旦那ではなく、件の後輩からでした。

7日ほど前からブログの更新が止まってたのでずっと気にしてたんですよ。
だから、
「あぁ、良くなったのかな?それとも入院したとか言う知らせだろうか?」
と思いながらメールを開いてみたら、送信主は後輩本人ではなく、ご家族だった。

しばらくなんの感情も湧きませんでしたね。
不思議なものだと思います。

旦那に知らせを入れたら、すぐに電話がかかってきました。
でもしばらくしゃべっても、実感がわかず。

誰でもいいから話がしたいと感じ始めたのは10時ごろでしたか。

共通の友人たちは皆、PCじゃなく携帯でしか連絡がつかない場所にいてます。
多分仕事中。
そこに電話してしゃべるわけにもいきません。

……と考えた中で一人、共通の知人を思い出しました。
幸いなことに、彼は人の気持ちを洞察してくれるタイプの人です。

「迷惑だろうな~(^^ゞ」
と思いつつ、なんじゃかじゃ、混乱したままメールを打っているうち、やっと泣けました。
やっと素に戻ったというか。

この日は取材があったので、それからすぐ家を出ました。
前日、いきなり友人から連絡が入り、
「明日、空いてない?」
と仕事を回してもらったんですね。

この友人もまた、なんかえらくタイミングが良い人。
多分意図してないと思うけど、救われるタイミングで連絡くれたり、仕事を回してくれたりする人なんですね。なぜか。
多分彼女もまた、
「他人のためになりたい!」
といつも強く願っている人だからこそな気がします。

いつもの通り、ひとつとなりの駅まで歩き、メールを見たら、先ほどメールをした知人から、返事が入ってました。
期待した通り、余計なことは一切言わず、でも
「気持を楽にしてあげたい」
という思いが籠った文章でした。

んでまたここでもちょっと泣くことができまして。
それで随分楽になりました。

取材でいろいろな人と話をして、そしてまたかなり楽になりました。

いろんな人に救われながら生きてるんですね、私。

今、私は、亡くなった後輩のために、何ができるか。
何をするのが一番良いことなのかと考えています。

彼が喜んでくれること。
ひとつでも見つけようと思います。

……と、言いつつ、今日はお出かけです。
ゴーゴの様子を見てきます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。