スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱きしめられたい

毛むくじゃらの動物を飼ってるとね。
ときどきそう思います。

オカメのチュリーを遊ばせているとき、お尻の羽根が指にあたることがあるんですよ。

これがね。

むっちゃ柔らかい!!
ほわっほわっです(#^.^#)

アンデルセン童話はあんまり好きじゃないんですが、親指姫は憧れるなぁ。
凍えていたつばめを介抱するんですよね。

はぁ。
ほわほわだろうなぁ。

そして全快したつばめは、親指姫を背中に乗せて花の国へと旅立つんですわ。

はぁ。
ぬくぬくだろうなぁ。

しかも、旅の途中、親指姫はつばめの羽根にくるまって寝るんですよ!!!

うらやましいったらありゃしません!!

うちのあほ鳥は、ほんと~にアホなので、これが巨大化したとしたら大変危険だとは思います。
せめて、親指姫が助けたつばめぐらいの知能がなくてはねぇ。
でもときどき、その羽毛に包まれて眠ることを考えると、うっとりしちゃうんですわ。
私だけっすかね(^^ゞ

つか、寒いのか???

あほ鳥の示す愛情だけは、よくわかりません。
犬のびーこはね。一貫性があるんですよ。

「ご飯ください♪」
「散歩いきたいです♪」
自分から要求することといえばそれぐらい。

あとは、
「何を言ってるんだろう?」
「どうしたら喜んでもらえるだろう?」
と、飼い主の様子をうかがっているように見えます。

ときどきなでて欲しそうにしていることはありますが、それも、
「なでて欲しいなぁ」
と控え目な感じですね。

なのにあほ鳥ときたら……。

朝起きたらまず、
「かごから出せ~、出せ~、出せ~~~~~!!!」
と大騒ぎします。

出すとプンプンしながら肩に乗ってきてしばらくはご満悦。

でもしばらくすると私の顎を噛み始めます。
手加減はしてると思うけど、それでも痛い(-"-)

これはつまり、
「ご飯を入れ替えろ」
って言ってるんですね。

痛いのはいやなのでシードを入れ替え、かごの中を掃除すると、
「大儀であった」
とでも言わんばかりの偉そうさでかごの中へ入っていき、ご飯を食べます。

そしてまたしばらくすると、
「出せ~!!!」
ですね。

そして今度は執拗に私の右顎に頭をすりつけてくる。

「なでれ」
と言うてはるわけですわ。

仕方なく左手でなでるとしばらくは目をとじてうっとりしてはるんですが、そのうち何が気に入らんのか、指に攻撃を始めます。
「下手くそ!」
とでも言うてはるんでしょうか(T_T)

なんちゅう手前勝手な!!

「こんな男と結婚したら不幸になる」
の典型みたいな野郎です。

が、このふわふわもふもふ感がねぇ(^^ゞ

それになんてんだろ。
ここまで人の都合を思いやらない態度って、いっそいさぎよいと思うこともあったりします。


ふぅ。
なぜだかわかりませんが私、
「優しい人」
と勘違いされるんですよね~(^^ゞ

正直なところ、私は旦那とあほ犬、あほ鳥以外の存在については、
「知ったこっちゃない」
と思ってるような冷たい人間なんですけどね(^^ゞ

ただ、できればたくさんの人が気持ちよく過ごせる方が世の中は楽しいと思ってるんで、そうなるよう努力はします。

また、大切に思う友人はいますから、彼らが大変なときは、自分にできることはないかと探しますが、それ以外については、単に自分の存在する世界にほころびがあるから、なんとかつくろえないかなと行動してるだけなんですよね……。

その人を思いやってるわけじゃないような気がする。
単に、自分の目の届く範囲の環境は、なるべく心地の良いものであってほしいと思ってるだけで。

なのにそういう行動を「優しい」とか言ってくださる方のいくらかが、私のことを「何をしても怒らない人」みたいに偶像化するのが……。
とってもとってもとっても困るんですど(T_T)

そういう人は、私を怒らないと思っているから、
「困るからやめてね」
とお願したことについて、かなり無頓着です。

いらちなんで、何度も言わせられるの、本当に嫌い(笑)
ほんと~に、嫌い。
はっきり言葉にしてるのになぁ……。
なぜ何度言っても理解してくれないんだろう。

「いい加減、人の言葉をちゃんと聞いてくれ~~~(>_<)」
と、最終的に怒ることになるんだけどさ。
そうするとすっごくびっくりされてしまう。
私だってできれば怒りたくないしさ……。

イライラして旦那に八つ当たりしてしもたりして(^^ゞ
あぁ、可哀そうな旦那(笑)

そういう人は悪気でやってるわけじゃないということもわかるんで、お涙ちょうだい的に、
「すっごく困ってるの。他にもいろいろ問題抱えててとっても大変だし。だから、ね?わかって?」
と言う言い方をしてみたりするんですが、それでも
「私になんでも相談してください?あなたが心配です」
とか言われるだけ。

本気で心配してるなら、私が困ると言うてることをやめてくれいっ!!!!!!
だいたい、相談したって、自分が聞きたいようにしか聞かないじゃんよ(^^ゞ

何回繰り返すんだろ、このパターン……。
というぐらい、私の人生にありふれた展開だったりします、これ。
なんでなんでしょう(^^ゞ?

すっぱりご縁を切っちゃえばいいんだろうけど。
この場合、相手に悪気がないとわかってるだけにね。

単にキャッチボールができないだけなんですよね。
で、なぜキャッチボールが成り立たないかというと、相手が私を偶像化してはるからでしょう。

どうしたら
「滅多に怒らないのはめんどくさいからで優しいわけじゃない」
「人のために行動してるように見えても、実は自分の環境を心地よくしたいだけ」
なんだってわかってもらえるんでしょうね(^^ゞ

多分、そういう人たちより、私の方が「自分の環境」がほんのちょっとでも広いんだと思う。
彼らにとって、私が「自分が心地よくいられるために修繕しよう」と手を伸ばそうとするような場所は、「よそごと」なんでしょう。
だからそれに手を加えようとする私を「優しい」と誤解するのかなぁ。


そういうジレンマがあるので余計、あほ鳥の身勝手さが潔く感じてしまうのでございます(笑)
でもこのあほが、こんな可愛い顔じゃなく、こんな可愛い姿じゃなく、こんなに愛らしい仕種をしてなければ、身勝手さはやっぱりムカつくんかしら(^^ゞ
あ~、可愛い。もふもふされたいわぁ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。