スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みぎひだり

といっても思想の話をしようとしてんじゃありません。

脳の話ですよ。
そう。
ブレインの話です。

「右脳・左脳テスト」なんてのがあった場合、絶対私は、
「あなたは、おもっくそ左脳型です」
と出るのはお決まりです。

そして旦那は、
「超~~~~~~~~~う、右脳!」
と言われるわけですよ。

かといって、私が理系で旦那が芸術系であるってわけじゃないから困ったもんなんす。

とはいえ、文章を書くというのは左脳の仕事だそうなんで、私はまぁ、自分の適性にあった仕事をしてると言えるんでしょうね。

問題は旦那。
超~~~~~~~~~う右脳!
なくせに、システムエンジニアでございます。

どんな風にプログラムを組み立ててんだか、想像もつきません(笑)

とはいえ救いなのは、システムプログラムの場合、間違ってたらすぐわかりますよね。
実際にランしてみればいい。
プログラムミスがあれば、正常には動きません。

「動かない」となったら直せばいいわけです。

文章の場合、そういうわけにはいきません。

そもそも、文章には正解なんてない。
また、正解があるとしても、一つじゃない。

誰にだって文章のクセなんてのはありますしね。

とはいえ、ライターの仕事の場合、
・何を伝えたいのか
・どういう風にしたいのか
・ターゲットは誰か
という三点がはっきりしています。

チューリップの花が黄色いということを伝えなきゃいけないのに、
「桜の花が咲いていました。とっても綺麗でした」
なんて文章を書いて提出したら、もちろんNGを喰らいます。

また、綺麗な黄色のチューリップを見に来てくださいと言いたいのに、
「チューリップは黄色い花が一番綺麗です。なぜならば……」
と、チューリップの花について解説しても仕方ありません。
「今、○○公園では綺麗な黄色のチューリップがたくさん咲いています。ピクニックシートを敷いてお弁当を食べるのも良いですね。ぜひ来てください」
とかなんとか。
求められている文章は、そういうものです。

また、就学前の児童向けの文章なのに、
「鬱金香が人の心を惹きつけるのはどのような原理に基づくものだろうか。まさかあの蝋質の花びらが隠し持つ濡れた核が、人心の奥底に秘められたリビドーを刺激するわけではあるまい」
なんてことを書いたら、

「アホかぁあああああ!!!」
と罵倒されるのがオチでございます。

そんな風に、「間違った文章」はありますが、はっきし言いまして、「間違ってない文章」は山ほどあるのでございますよ。
えぇ。

てなわけで、お仕事をいただくとまず、
「間違ってない文章」
を書きます。

そこからブラシュアップしていくわけですが……。

これがね~、難しいのよ(>_<)

以前、あるメーカーさんが主催する宴会のレポートをしたことがございます。

えぇっとですね。
今「ステマ」という言葉が流行してるようなので言うておきますが、決して「表に出さずに宣伝」したわけじゃありません。
その宴会のスポンサーがそのメーカーであることははっきり表に出しておりました。

「タイアップ」ってやつですね。つまり。

でもさ。
レポート文章中に、そのメーカーの商品について、何度触れるかってのは結構難しいところだと思うんですね。

で2000文字ほどの文章の中に、私はその商品名を5回入れました。

これでもかなり「くどい」と思ったんで、なるべくさりげなく入れたつもりでいたんですよ。

が。

「もっとくどく、読者がいやでも気付くぐらいわかりやすく商品名を入れてください」
という指示がきたんですよね~(^^ゞ

そこらへんの加減は難しいですし、実際にできた文章を見ていただかないと、具体的にわからないこともあります。

あとはリズム感ですよね。
する~っと読める文章でなきゃ、読者は途中で投げ出してしまいます。

とりあえずは「最後まで読んでもらえる文章」でなければなりません。

そのためには、なるべく冗長な表現を避け、誤字脱字はもちろんなくす。

これがね~……難しいんすわ~~~~~~~~~(T_T)

読めばわかりますが、私の文章にはクセがあります。

「ってことで」
「まぁ」
「そんなわけで」
「ということで」
「つまり」

がむちゃくちゃ多いでしょ。

ここらへんをブラッシュアップせねばなりませんねん。

そのためには何度も読み返す。

特に、いろんな目線で読み直すためには、時間を変えなきゃいけません。

大変なんすわ~~~~~~~……。

ランを走らせるのと同じような意味で、誰かに読んでもらうってのもアリなんですけどね(^^ゞ
大らかな人に読んでもらったら、大概、
「オッケー」
って言われるし(^^ゞ

神経質な人なら、
「そんなんどうでもええやろ」
ってことまで気にするかもしれない。

そもそも、文章をブラッシュアップするのに、元の目的からはずれちゃっては意味がありません。

小学生向けの文章なのに、やたら気どった文章にしても意味ないっしょ?

大変なんだよね~……と思いつつ、今日も取材で~す。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。