スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌おう 溢れんばかりの愛を

……っていうタイトルの短編小説を知りません?
カート・ヴォネガットあたりの、ちょっと皮肉の利いた短編だったと思うんですが(^^ゞ
日本の小説じゃなく、多分、欧米の小説です。

……最近、こういうことが増えました。

小説の中のワンフレーズや、プロットだけは覚えてるんだけど、タイトルも作者も思い出せないってこと。
そういう場合、探しても絶対見付からないんだよな……。

さて、昨日、カレワラを読み終わりました。
いろいろ興味の惹かれるところがありましたが、
「なるほど~」
と思ったのは、
「花嫁抱っこ」
でしょうか。

別名「お姫様抱っこ」とも呼ばれますが(ほんまか?)、この抱きかかえられ方をするのは、お姫様と王子様が結婚するときなような気がします。

つまり、男性が女性を横抱きに抱え上げることですね。
腰の弱い男性には無理でしょう。
ぜったいギックリくると思う(笑)

でもこれ、なんのためにやると思います?
まぁ多分、一つは、男性の力強さを誇示する意味もあるんだと思います。
でも、本来的には、
「地霊に対して失礼のないよう、新参者が地面を踏まないための措置」
なんだそうです。

まずきちんと地霊に挨拶をしてから、初めてやっと足を降ろすことが許されると考えたんだとか。

なるほどねぇ。
な~~~るほど。

形式ばっかりが残って、本来の意味が失われている儀式って、いっぱいありますよね(^^ゞ
でも、
「なんでこんな儀式をするんだろう?」
と疑問を持つ人には、その意味は未だに生きてきます。

好奇心や疑問は持っておく方が、人生お徳です(笑)



ってことで、この後いろいろ書いてたんですが、トラブルに加担することになるかもと思いなおし、一旦消しました。
ここしばらく、ちょっとしたトラブルに関わってたんで、頭がそっちに行っちゃってるんですよね~(^^ゞ

結局トラブルってのは、「キャッチボールができてない」から起こることが多いと思うんですよ。

私は疑問に思ったり不快に思ったら割ときちんと言葉にして伝える方なんで、直面するトラブルは、相手がそれをちゃんと受けとめず、胡麻化してしまおうとすることから起こるものがほとんどです。

逃げるために言葉を使う人は、「そういう風なことには答えられません」など、まったく具体的ではない言葉でその場を収めようとします。
また、その人の発言内容がその場その場で都合よく変わるんで、矛盾しあっています。
「本当にそう思ってたら、前回のような発言しませんよね?」的な矛盾ですね。
そう指摘すると、「あなたはいつもそこまで考えて発言するんですか?」って言われるんですよ(^^ゞ
私は考えて発言してるつもりですけどね……。

相手が問題をちゃんと解決する気がなく、その場から逃げたいだけなんだと気付いたらこちらも退散するしかありません。
言えば言うほど、相手は逃げようとしますから。
結果、関係を解消するしかなくなります。

私も相手から疑問を呈されたり、不快を表されることはありますが、そのときは相手の言葉を5回は読み返して何を伝えたいのか考え、なんらかの意見を言えば……多くの場合、無神経に失礼にやってたことに気付いて謝るんですけどね(^^ゞ……今まで以上に仲良くなれることがほとんどです。

でも、「キャッチボールができないというトラブル」には、自分の疑問や不快をきちんと言葉にせず、「言葉にしなくてもわかってよ!」という態度の人のところでも起きるんだなと改めて確認しました。

そういや、若いころ、
「恋人が私の気持ちをわかってくれない!」
と文句を言っている人と、
「ちゃんと伝えた?」
「ううん。でも恋人なんだから言わなくてもわかってくれなきゃおかしい!」
という会話をして、うげ~~~~~……となる体験、山ほどしたなぁと思い出したんでございますわ。

そういう人、思っている以上に多いんでしょうね。
私の周りには少ないんで、忘れてただけで(^^ゞ

おかげでいろいろ考えることがありましたが、まぁそれはほとぼりさめたらおいおいと。

今日はこのへんで。

******
後記

いろいろ苦労して検索してたら、今回はちゃんと答えが見つかりました(#^.^#)

レイ・ブラッドベリの
「歌おう、感電するほどの喜びを!」
でした~。

あぁ、スッキリした。




が。

家にこの本がない……。

ブラッドベリは何冊か読んだはずなんだけど「10月はたそがれの国」しか、本棚に残ってない~~~~~~(T_T)

確か、ロボットの話なんですけどね~。

しか~も、「買い直すか?」と調べたら、絶版じゃ~ん(>_<)




結果。



「やっぱりスッキリしませんでした」


とほほほほ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。