スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年賀状

今年は……。
出してない人からたくさん年賀状が来て、大慌てで返事を書きました。

すべて仕事関係の方……。

あかんがな(>_<)

来年から、ちゃんとお正月に届くように出しますm(__)m

さてさて。
今年も年賀状の総数は減ったとニュースで見ました。
確かに、
「メールで済ませちゃお」
という方も増えてきている感覚はあります。

私自身、メールで済ませてしまった方も何人かおられますし。

ただ、
「年賀状だけの付き合い」
という知人も結構多いじゃないですか。

そういう人の近況を知るために、年賀状ってのはまだまだ有効ではないかと思ったりもします。

とはいえ、
「年賀状をやりとりするだけという交際はむなしくない?」
と言われたら、言葉に詰まりますけどさ(^^ゞ

ただ、なんにせよ、年賀状を出そうと思える相手ってのは、今現在は没交渉でも、機会があれば会って話したいなと感じてる人だと思うんですよね。

でもでも、なんせ年に一度のやりとりなんで、私が出した年賀状と、相手がくれた年賀状は、大概噛み合っておりませぬ。

「おいしい日本酒を飲ませてくれる居酒屋を見つけたんで飲みに行こう!」
と出した相手から、
「年末に子どもが生まれました~。しばらく禁酒です~。辛いです~」
という年賀状がきてたり。

……思い出させてすまぬ。

これは去年ですが、
「まだバカやってる~?」
と出した旧友から、
「司法試験に通りました!」
という年賀状がきました……。

この年になって、未だにアホなんは、私だけっすか。
寂しい(T_T)

彼女から届いた今年の年賀状には、
「弁護士登録されました」
とありました。

あぁ、遠くなっていく……。

学生時代は、
「あんたら目クソ鼻くそや」
と言われて、
「私が目クソ!」
「い~や、あんたは鼻くそや!」
とモメたりしたのになぁ。

……っていうか、目クソと鼻くそでは、かなり違いません?????

あと、今年の年賀状の特徴は、自分の顔を大写しにした年賀状が二通も届いたことでしょうか。
一人はライター友達なので、PRを兼ねてるんだなとわかるんですが、もう一人の友人はちょっとドレスっぽい服を着てポーズを撮った写真に、枠やらスタンプやらでデコレーションしてある年賀状なんだけど、意図不明(^^ゞ
シャレ好きな友人なんで、何か意味があるんだと思うんですが、わかりません(^^ゞ
彼女とは普段から結構顔を合わせるんで、会ったら聞いてみよ。

とまぁ、なんじゃかじゃ言うて、年賀状ってのは嬉しいもんですよね。
類は友を呼ぶってことで、私の友人知人は、自己主張の強い人が多いのかも。
個性的な内容のものが多くて、結構笑えます。

書くのはめんどくさいんだけど、来年もきちんと出そうと思いました(笑)

さて、最近、仕事関係の方と事務的なやりとりをしているとき、
「あなたはとてもはっきりものを言うので、ついつい怖いと思ってしまいます」
と言われました。

OL時代は、結構怖がられてたんで、懐かしい思いに(笑)

ただ、実は私、その方に対して、
「失礼な人だな……」
と感じてたんですよね、その時。

とても大人しい方なんですが、やるべきことをやらず、私にさせておいてそれに気付いてない。
仕方なく、
「ここはあなたがやってくださいね」
とお願いするんですが、反省も謝罪もなく、
「わかりました。あなたがおっしゃるんなら、私がします」
なんですね。

私としては、
「『そうします』じゃね~よ。『気付かずお手数をかけてすいませんでした』だろうがよ!!」
という気分になっちゃったもんで、話がこじれちゃいまして(笑)

こじれてはややこしくなるんで、
「この仕事については、元来ここがあなたのすべきところ、ここは私のこなすべきところですよね?」
と、じっくり説明すると、返ってきたのが上記の言葉だったんですよ。

「はっきり言う人は怖いと感じてしまい、苦手意識で全体が見えていませんでした」
って。

そう言われれば、私にも見えてくるものがあるんで、悪かったところは反省し、その後はスムーズに話が進んでます。
んなわけで、日常もそうですが、特に仕事の上では、相手に対する敬意は持った上で、なるべくシンプルに率直に伝える方が話が早いと思うんだけど。
なかなかそういかないのも現実なんですよね。

ただ、このことを通じてなんとなく悟ったのは、
「話がかみ合わないな」
と感じたら、相手から苦手意識をもたれているのかもしれないと思ってみることも重要かなってことです。

話が噛み合わないということは、どちらかがもしくは両方が、相手の伝えたいことをちゃんと受けとめてないってことです。
なぜ受けとめられないのかというと、「相手が苦手だから」「相手が嫌いだから」ってことなんでしょう。

人が自分と違う意見を持っていると気付いたとき、
「私はあなたと違う。でも何が違うかとかちゃんと考えたくないし、ほっといて」
という態度になる方は、とても多いです。

「いろいろな考え方がある。だからどんな考え方があるのか興味がある!聞かせて?」
というタイプの人は、5割もいないかもしれません。
でも、自分を含めて周りの友人がこういうタイプばっかりなので、ついついそれが全部だと思っちゃうんですよね(^^ゞ

そういうこともあってか(言い訳ですが(^^ゞ)私はそこで、
「もちろん違うのは当然。でもとりあえず私が言いたいのはこういうことなので、ちゃんと聞いて?」
と無理強いしちゃうんですよね(^^ゞ
相手はそんなこと聞きたくもなく、私が言えば言うほど、脊髄反射的に
「ほっといて、ほっといて!!」
ってなる……。
伝えようとしたことは、却って伝わらなくなるだけだ、と経験上そろそろ気付かなくてはならんかったんですが、気になるんすよ。
ちゃんと目を合わせて語ることなく、すれ違いのまま放置するってことが(^^ゞ
アホな性分ですな(>_<)

自分自身が誤解されるのは、全然平気なんですけどね。
自分の「言葉」がちゃんと伝わらないのは、すごく落ち着かないんですよ……。
伝わらないことって多いし、いろいろな価値観がある限り、仕方ないんですけどね(^^ゞ
職業病(笑)?

でも、放置したってなんの問題もないことが多いんだと最近やっとわかりました。

苦手意識をもたれていて、こちらも苦手で、仕事に関係ない人ならば距離を置けばいいし。
……っていうか、相手が自分に苦手意識を持ってるんなら、こっちも多少は苦手意識を持ってる場合が多いですよね。
私だって、はっきりしない人は苦手だもんね(^^ゞ
なので、どこかですれ違っている可能性が大きいような気がします。

だから、仕事に関係があるのなら、腹を割って話してみるしかないんでしょうね。
相手は私以上にいやだろうけど(^^ゞ
なはは。

そういう意味では、フリーランスになってからは、楽になりました。
はっきりものをおっしゃる方が多いんで、あれこれ気を回す必要がなく、すれ違いも少ないです。
仕事が忙しくてもあんまり疲れないのはそのおかげかなぁと。

「恵まれてるなぁ」
とつくづく感じております(#^.^#)

ということで、今日は初仕事でございます。

張り切って行ってきます!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。