スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どもだまし

今月は、11月ほどではありませんが、まぁボチボチ仕事をいただいてまして、今とりかかっているのが、子ども向けの雑学本なんですね。

例えば、
「なぜ太陽は黄色いの?」
といった設問をせっていし、それに応えるというような内容だといえば、だいたい想像つくでしょ?

でもねぇ……。
どこまで「本当のこと」を教えます?

まぁ、ボカして表現する方がいいことは、ボカして表現すればいいと思うんですよ、私も。

ただ、「俗説」を、どうするか?

具体的に言えば、例えば、
「なぜバレンタインデーには女の子が男の子にチョコレートをあげるの?」
という質問があったとしますよね?

これに、
「お菓子業界の陰謀です」
と答えるかどうかですよ(笑)

伝説では、この日は、ヴァレンタインという聖者が亡くなった日だとか、恋人たちのために一肌脱いだ日だとか言われていますよね。
が、カトリック教会は、ヴァレンタインという聖者が実在したとは認めてないようです。

ただ、古代ローマにおいて、2月14日は、ジュノーの日だとされていた事実はあるみたい。

ジュノーというのは、Juneの語源になった女神。
結婚の守り神ともされてます。

ギリシャ神話で言うと、ヘラなので、「嫉妬深い女神」の印象が強いですが、ローマ神話では、夫の浮気に悩まされたというイメージはあまり強くないんでしょうかね?

ちなみに、6月の花嫁、ジューンブライドが幸せになれるという伝承は、「結婚の女神・ジュノーに祝福されるから」という理由づけがあったはずです。

そのあたりから、2月14日が恋人たちのお祭りになるのは、無理がありませんよね。

そして、それがキリスト教の布教に利用されて、現在のようなバレンタインのエピソードが作られた。

……と、子どもたちに説明するかどうかです(笑)

そんなことするよりも、「ヴァレンタインという聖者が」とまとめてしまうほうがずっと楽だし、子どもたちも納得するでしょうね?

でもさ。
それってさ。



嘘じゃん。



私はどうも、そういう「嘘」が嫌いなんですよ。
なんというか……多分、考え過ぎなのかもしれませんが、相手を見下してる感じがしません?

相手が自分より博識な大人なら、そんな説明しないでしょ?

とすればやっぱり、「相手は子どもだから、ごまかしとけ」という意識があるとしか考えられなくて。

でも。
物理的な問題として、ちゃんと説明するためには、圧倒的に字数が足りません(>_<)

妥協案としては、「~~という伝説がありますが、実際は、もっといろいろな事情があるとされています」と説明するってことかなぁ。

悩むところです。

何度も書いてますが、私の時代、「しつけ=叱ること、否定すること」に近い部分がありました。
なので、うちの親は、何か問題がおきると、
「あんたが悪いことをしたんでしょ?」
「何かかくしてるでしょ?」
と私を疑いましたんで、私は親に相談するということをほとんどせずに育ちました。

相談する=起こられるタネを作るってことですからねぇ(^^ゞ

とはいえ、客観的な問題。
例えば、算数の問題の解き方なんかについては、質問しても怒られることはないので、こういったことはよく親に聞いてました。

こういった説明は、母より父の方がうまかったんで、一般的な雑学に関しても、父から教わったことが結構多いように思います。

そういうとき、お固い父は、くそ真面目に教えてくれたんですよね~。

すごくはっきり覚えているのは、
「ふりちんって何?」
と聞いたとき、かすかにも表情をくずさず、
「『ちん』というのは、『ちんちん』を略したものだ。パンツをはかずにちんちんを放り出している状態を『ふりちん』と呼ぶけど、なぜ『ふり』なのかは、お父さんにもわからない」
っていう返事が返ってきたんですよね~……。

ごくごく神経質で、ちょっと走っただけでも、
「埃が舞う!」
と怒る人でしたが、私が性的な質問をしても、ごくごく真面目に、胡麻化さずに答えてくれたように記憶してます。

クリスマスに関しても、私は早くから、
「本当はイエス・キリストの誕生日じゃない」
と知ってました。

父がそう言ったんですよね。

「イエス・キリストの誕生日だとされているが、それは嘘だ。聖書にはキリストの生まれた日についてどこにも書かれていない。でもなぜ12月25日が選ばれたのか、お父さんは知らない」
というようなことを言ったと記憶してます。

そういう記憶があるからか、それとも私にもやはり父のくそまじめな気質が受け継がれているのか、
「適当にごまかして答えよう」
というのが、どう~もいやなんですよね。

ん~……悩ましい。

悩ましいなやましいと言いつつ、今日の午後は原稿書きです。
まぁなんとかかんとか。
自分の納得いくように仕事を終えたいと思います、まる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。