スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルミ考

10月に、網野へ行ってきました。
静御前を追いかけての旅だったんですが、彼女の生まれたとされる「尼の下」を散策したとき、ちょっと不思議なものを見つけたんです。

それが、これ↓↓↓
1211_arm.jpg

何かわかります?
ひっくり返すとこんなんです↓↓↓
1211_arm2.jpg

正確に言えば、見つけたのは旦那。

「なんやこれ?」
と私にくれました。

家に帰って調べたら、どうやらアルミの鉱滓。
金屎とも言われますね~(^^ゞ

いいの。クソ好きだから(笑)

アルミは加工しやすい金属なので、回収されたアルミ缶は、とかされて再利用されます。
その際に、このような滓がたくさんでるみたいですね。

でも、綺麗でしょ?

面白がることではないんだけど。
実は、拾ったとき、
「水銀関係だったら面白いな」
って、思ったんです。

だって、水銀なら、静御前ととても関係が深いでしょう?

その昔、水銀はおしろいの原料になっていたと聞きます。
白拍子であった静御前は、きっとおしろいを使っていたでしょう。

そして、錬金術において、水銀は月を象徴していたはず。
ちなみに、太陽は硫黄。
つまり、月は、「夜の女」。

「月は死んだ女のよう」
と言ったのはサロメですが(というか、サロメを書いたワイルドですが)、月は色の白い女を強くイメージさせる星です。

んなわけで、「静御前生誕の地」で、水銀関係のものを拾ったんなら、なんらかの暗示を感じるな~と思ったんですが、どうやら全然違いました。

だいたい、水銀にしては軽すぎるしね(^^ゞ

さて。
それじゃあ、アルミとはどんな金属なのかと気になってきました。

調べてみると、アルミの歴史はさほど古くはありません。

アルミニウムの原料は、ボーキサイトという、岩というか土なのですが、ここに金属が含まれているとは、普通の人は思わないでしょう。

ここからアルミニウムを分離するのは、水酸化ナトリウムによる分離やら、電気分解やら、えらく近代的な処理が必要となるため、初めてアルミニウムが分離され、その基本的な性質が解明されたのは、1845年のこと。

まだ200年も経ってないんです。

明治元年は1868年ですから、日本の文明開化とほぼ同時期に、アルミニウムが生まれたということになります。

そこまでしてアルミニウムが精製される理由は、あります。

現在でも、アルミは有用な金属とされてますよね。

その性質上、もっとも特筆すべきは、「軽さ」でしょう。
アルミニウムの比重は2.7。
鉄の7.8に比べると、驚くほど軽いことが理解できますね。
水に浮かべることができる唯一の金属じゃないでしょうか?

あぁ、えぇと。
嘘つきましたね(^^ゞ
水の比重は1ですから、普通には浮きません。

そして、ほとんどの金属は、板状にすれば、表面張力を利用して浮きます。

ただ、「硬貨」ほどの分厚さ、大きさに加工した場合、水に浮く金属は、アルミぐらいじゃないかな、と。

……と調べてみたら、もっと比重の軽い金属はありますね(^^ゞ
リチウムなんか、0.7でした。
円柱状にしても水に浮く比重ですね、こりゃあ。

……すんませんm(__)m
ほんっと~に失礼しました。
嘘を言ってしまい、ほんと~~~~~~~~~~に、申し訳ございませんんんんん!!!!!!!!!




……気をとりなおして(笑)

アルミの性質として、素人がすぐ思いつくのは、「柔らかい」ってことでしょう。
つまり、「加工しやすい」ってこと。

でも、「たわみはしない」んですね。
「ぐにゃ」ってすぐ曲がる(笑)
その点、いいところも悪いところもあるみたいです。

そして素人が思うアルミの特徴。
「錆びない?」
ってことでしょうか。

これは、調べてみて、大いなる勘違いだとわかりました。

実はすっごく錆びやすい金属なんですって。
でも、それだからこそ、空気中にあっては、酸化被膜=保護膜が形成される。
ということだそうな。
なるほどねぇ。

そして光を反射するので、うちの伝熱ストーブにも使われてたりします。

一時期、「アルミニウムを摂取しすぎるとアルツハイマーになる」なんて話もありましたが、今ではそれは、
「はっきりしてません」
ということになっています。

ということはもちろん、アルミニウムがアルツハイマーの原因となる可能性はゼロとは言えませんが、経口摂取した場合、ほとんど消化吸収されないみたいなので、過敏になりすぎることはないでしょう。

いや~、うちの母親にね。
「アクとりするとき、アルミ箔をクシャクシャにしてからもう一度伸ばして、煮物の上に覆いかぶせたら簡単にとれるよ」
と教えたら、
「アルミはアルツハイマーの原因になるんやよ!?そんなことしたらあかん!!」
と怒られまして。

……で、何気なく、台所の鍋を見たら、アルミ製なんですけどね(笑)

母親とは長い付き合いですが、そういう、
「いや、もう少し踏み込んで考えてみようよ?!」
なことがよくあります(笑)

そういう人たちが「アルミは危ない」とかいうような「あんまり有益とは思えない噂」を流しはるんでしょうね(^^ゞ

ちなみに、アルミについては、「アルミニウムマニア」というサイトさんが、愛情を持って紹介してはりますので、興味のある方はぜひどうぞ。

とまぁですね。
アルミニウムと静御前の関連性をあげれば、です。

・キラキラ美しい
・たおやか
・しなやかに軽い
・見た目は強そうだが、その実、とても儚く弱い
・哀しい噂に翻弄される

んまぁ、ぴったりじゃないの!!

ということで、静御前縁の地で、アルミの滓を拾ったことには、大きな意味がある!!
ということにしておくのでございます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。