スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間に合った~!

もう、ダメかと思いましたよ(^^ゞ

昼間には小雨降ってましたし。

天気予報では、思いっきり晴れマークだったんですけど(^^ゞ
全然晴れてませ~~~~~ん。

夕方になっても、分厚い雲は健在。

一時期は、
「もう、いいや。月食」
と、ふて寝しそうになりましたよ(^^ゞ

が、23時を回って、外に出てみると、なんと!!
雲が晴れてるじゃ、あ~~~りませんか!!!!!!


あ~、日ごろの行いがよくて良かった(違)。


さて。
11時14分ごろの月はこんな感じでした。
1210moon3.jpg

やっぱり、三日月とはかなり雰囲気が違いますね。

ちょっとだけ、ISOをあげた写真を載せておきますね。
あんまし変わらんけど(^^ゞ
1210moon2.jpg

三日月は、なめらかですが、月食は、確かに「喰われた後」という風に見えます。
暗いしね。

これを「食」と表現した古代の日本人は、いい感性してますねぇ(#^.^#)

皆さん、ご存知とは思いますが、なぜ月食が起こるかを説明しときましょう。

月は太陽の光を反射して光ってるということはご存知でしょう?
とすれば、太陽と月の間に邪魔者が入れば、月は光らない。

とはいっても、月の直径は、3474km。
ボール投げたぐらいじゃ、影になったりしません。
東京ドームや大阪ドーム投げても、点ぐらいにしかならんでしょうね。

ってことで、月に「喰われた」と思わせるほどでかい影を作ることができるのは、かなり大きなもの。
そう。
地球さんですよ。

あら~いやだわ~。
テラさんじゃなきゃ、誰がそんな影を作ることができるのん?
てなもんです。

対して、普段の月を満ちたり欠けたりさせるのは、太陽の入射角度です。
地球から見て真正面から月を照らしているときは、まん丸に見えますが、真横から指しているときは、半分は暗いまま、半月になるというのはわかりますよね?

月の満ち欠けは太陽の作用。
月食の食は地球の作用ってわけです。

そして、ということはつまり、月食というのは、満月の日ではないと起こらないってこともおわかりいただけるか、と。

さて、撮影しているうちに、時間は過ぎ、さらに月は細くなりました。
そして……。

1210moon1.jpg

これが、ほぼ食甚時の姿です。

本当に紅く染まりましたよ。

昨日、満月を撮影したとき、いろいろ設定を整えてましたが、それでは全然ダメでした(^^ゞ
ISOあげて、露出補正を最大の+2にしても、何も映らんです。

シャッタースピードを1/1にして、やっとこれです。

やっぱり三脚は必要でした(^^ゞ
満月だったら、全然必要ないのにね。

でも、目に映る月は、そんなに暗くは思えないんですよ。
普段の月より赤っぽいなっていうぐらい。

でも、カメラは、
「全然光量が足りてないっす!!」
と言うてはります。

人間の目ってすごい!!


最近私、写真撮りながらブツブツ言うくせがついちゃいました。

「いいね、いいね~、いいよ~。可愛いよっ!そうそう、そのポーズ。いいねぇ」

花の写真を撮るときにも、なぜかブツブツ言うております。

我ながら、変なおばさんですが、なんせ無意識なもんで(^^ゞ

ということで当然、月の撮影中も、ぶつぶつ言うてたらしい。

いきなりお隣の奥さんに声をかけられました。
「良かったね。晴れて」
って(笑)

昨日、月撮影の予行演習をしてるときも声かけられたんですよ。

「何してはりますのん?」
って。

私が、
「何言うてるんですか!明日は皆既月食ですよ!!」
と言うと、
「へぇ~」
と興味なさげにしてはりましたが(笑)

世間の人たちは、月食にワクワクしたりしないんですね(^^ゞ
そういうもん?

でも、まさに月食の日、わたしがブツブツ言いながら写真を撮ってるのを見て、とりあえずお祝いを言うといてあげようという気になってくれはったらしいです(笑)

ただ、私が、
「いま、ちょうどいま、最大食ですよ!!見とかんと!!今、見ておかないと!!!」
と興奮して空を指差すと、

「ん~、あなた見てる方が面白いかも~(^^ゞ」
って言われました。

わっはっは!!

ま、いっか(笑)

というわけで、とりあえず、月食イベントは無事、終了しました~!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

僕は撮影中、あまり話しかけられない雰囲気を作るそうで、撮影中には家族も本当に必要なこと以外喋ってきません。不思議です。

月食の写真は、影が半分を過ぎたあたりから三脚にカメラ(と言うかレンズ)を据えて、フレーミングに注意してインターバルを仕掛けてコタツに戻りました。
数分後にカメラを見ると、ちゃんと撮れてました。 それから完全に影に入るまではずっと見届けました。すると、丁度すっぽり入ったところで雲の覆われてしまったので、それ以降は分かりません・・・。

写真は雲が出てきたので諦めて家に入ってすぐにラップトップ機で確認しましたが、ブレていないコマもレンズが解像していないためか何となく眠たい絵に。 それなりに絞ったと思ったのですが・・・
さらに、カメラがそんなに新しいものではないのでiso1600以上は全く使い物にならないレベルにノイズが出てしまうのでノイズを出したくない僕は、iso800とiso1000を使ったのですがあんまり絞るとブレてしまう・・・・  三脚は耐加重5kgクラスの物ですが、超望遠撮影とも成るとそれじゃ未だ弱いんですね・・・ 結構な枚数がブレてしまっていました。ケーブルレリーズまで使ったのに・・・
結局、まともに撮れたコマは2,3枚でした。ノイズは思ったより少なかったので、次のチャンスにはiso1600で挑戦したいです。
一番良かったコマは、iso1000 F8 2秒  2秒でも運良くブレ無い奴がいてくれた・・・

すごいですね(^^ゞ

こちらは食甚時になるまで雲ってたので、GeFoxさんのところとは反対ですね。
私は本当~に素人で、
「満月のときは露出をマイナスにしないとダメだった」
という事実から、
「食甚の時も、シャッター速度が速くても撮影できる」
と思い込んでしまったんです。

そんなもんで、三脚も用意せず(^^ゞ
ブレブレでしょ~?

いやはや、恥ずかしい。
ちなみみに私の一眼レフも古いので、ISO800以上にするとかなり粗くなります。
腕が悪いので、めったに使えません(^^ゞ
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。