スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いっちょかみでやんす

昔ねぇ、明石家さんまと、小堺一機が中心のバラエティで、こんなタイトルのがあったんですよ。
えぇっと……。
あぁ、正式には、
「さんま・一機のイッチョカミでやんす」
でした。

面白かったんだけどなぁ。
1年ほどで終わっちゃったんですよね。

思えばあのころは、夜中の番組も、ちゃんと起きてみてました。

今は無理っすね(^^ゞ
11時以降のテレビは、全部録画です(笑)

昨日も11時半ごろまで起きてた気がするけど、記憶は11時ごろで途切れてます(^^ゞ

年ですねぇ。
ほ~んと、年です、えぇ。

さて。
「いっちょかみ」という言葉は、どうやら大阪弁のようです。
「一丁噛みたがる人」ってことですね。
つまり、どんなことにでも、ちょろっと手を出したがる人。
私のことです(笑)

とりあえず、知らないことを見たら、
「これはなに?」
と思う。

調べてみて、
「ちょっとだけやってみたい」
と手をだす。

そして、すぐ飽きる。

こういう奴のことを「いっちょかみ」というわけですよ。

手芸用品とかも、あほみたいにゴチャゴチャしてます。
私の中でちょっと流行したビーズ細工も、最近全然してません(笑)
だって、アクセサリーなんかしないもんなぁ。

そのほか、フェルティングだの、アジアン・ノットだの、ごちゃごちゃそろってんだけどね。
フェルト細工もしてたから、フェルトの余り切れを捨てるべきかどうかも悩んでるし。

活字中毒だったときは、本屋で「この作者の小説は読んだことない」と思ったら、とりあえず買ってました。
まぁ、それは別に、間違った本の選び方じゃあないとは思うけどさ。

でも一般的に「いっちょかみ」は、つまみ食いみたいで行儀が悪いです。
自分でもわかってます。

が。

この仕事してたら、いっちょかみな性格は得だよなとつくづく思いますわ。

今とりかかっているのは、子供向けの本なんです。
いわゆる、「学習本」ですが、一つのテーマを深く掘り下げるのではなく、ちょっとずついろんなことを学びましょうというコンセプト。

ということで、雑学が要求されるんですよ。

子供に教える本なので、深い専門的な知識は必要ないけど、何かとりかかりがなければ、話しを広げられません。
私の場合、まったく深い知識はないんだけど、とっかかりは山ほどある(笑)

ってことで、昨日の午後はず~っと仕事してました。
思った以上に進んだんだけど、苦戦したテーマも2つ。

これは、旦那に
「た~す~~~~~け~~~~~~~~~~~~て~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」
ってんで、赤ペン入れてもらいました(笑)

旦那も、言ってみりゃいっちょかみなんですよね~~~。
しかも、私が苦手な分野をカバーしてるんで、ありがたい。

1つのテーマは、
「これについてはよう知らん」
って言ってましたが、
「んじゃ調べて。あなたの方がとっつきいいはず!!」
と調べてもらいました(笑)

ただ、こだわるところがちょっと違う……というか。
旦那のこだわり方はライターのそれとは違う、学者の目のこだわりなんで、
「それは専門的な話でしょ?そこにこだわったら1万文字あっても説明しきれんわ」
ってことで、調べてもらっといて、強引にカットしてしまいましたが(^^ゞ

間違ったことを書くわけにはいかんので、どのテーマでも裏はちゃんととりますが、とっかかりが多ければ多いほど、裏をとるにしても楽でございます。

あぁ、いっちょかみでよかった。

今日も午後からは仕事です。
でも、量は昨日の半分だから、余裕のはず。

私が苦手なテーマもないし。

ってことで、そろそろバリバリ動きます!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。