スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オマージュ

『メキシカンハットダンス』
どんな曲かご存知でしょうか?

「知らん」
なんて言わないで、考えてみてくださいよ~。

だって、もしあなたが関西以西在住で、30代以上なら、絶対知ってるはずなんです。



知らない?
でも、これと聞き比べたらわかりますよね(笑)


探偵ナイトスクープで話題になったのですごくよく覚えてます。

「パクリだはないのか?」
という質問に対してキダ・タローは、
「引用や!!」
と言い張ってました。

「メキシカンハットダンスは有名だから、アホの坂田の登場に使ってもすぐわかるだろう」
と、この曲を使ったところ、ほとんどの人が知らなかったため、大阪の人たちはこの曲を「アホの坂田のテーマソング」と思い込んでしまったという話でした。

……まぁ、これはわからんでもない(^^ゞ

ていうか、私にも似たような経験、ありまくりですもん。

たとえば昨日、こんな文章を書きました。

「彼(聖マルコ)はエジプトはアレクサンドリアで殉教したのですが、その後ヴェネツィアの商人により、肉を一ポンド切り取られてしまう……ではなく、遺骨を運ばれ、ヴェネツィアの守護聖人となったのですね。」

これも、シェイクスピアの「ヴェニスの商人」を知らない人が読んだらなんのこっちゃわからんでしょうね。
とはいえ、日本人の8割以上は知ってるだろうと踏んでます。

でも実際どうなんだろう(^^ゞ?

もし知らない人が多いなら、私はその人たちを無視した文章を書いてしまったわけで、個人的なブログなら許されても、仕事上なら、
「NG!」
と返ってくるだろうと思います。

……ので、仕事ではこういうこと、やりません。はい。

でもまぁこれは、「わかるだろう」と思ってやってしまった真似なので、失敗は失敗でもまぁ救いがあるかな、と。

問題は「わからないだろう」と真似する場合。

最近、文学賞が「パクリだと後でわかった」という理由で取り消しになるパターン、いくつか見かけました。

……真似したり、引用したりしたくなる気持ちはわかるんだけどね~……。

昔、ものすご~く物知りだと思ってた人がいました。
それほど親しいわけじゃなかったけど、
「本当のカレーの作り方、知ってる?」
などと聞いてくるんですよ。

私は当時、活字中毒だったので、相当量の本は読んでたはずですが、偏ってる……というか、小説しか読まない人間だったので、カレーの作り方などはよく知りませんでした。

なので聞いてみると、
「まずは玉ねぎをじっくり炒め、カレー粉を混ぜてまた炒め、野菜を……」
というもの。

今なら、
「つまりインド風カレーなわけね?」
とわかる程度の知識でしたが、当時は日本風カレーが「カレー」な時代でしたから、
「へぇええ」
と感心したものですよ。

が。
その後に、伊丹十三のエッセイを読んだら、その人から聞いた知識が全部載ってた(笑)
「あっさいな~」
って感じですよね(^^ゞ

まぁ、それは別にいいんです。

いいんですが……。

澁澤龍彦って有名人?

三島由紀夫をして、
「この人がゐなかつたら、日本はどんなに淋しい国になるだらう」
と言わしめた博識の人。

……っていうか、サド裁判の人って言った方が有名か。

今ある日本のサド文学は、この人が紹介(翻訳)したものがほとんどじゃないでしょうか。
というわけで、私はこの人の翻訳で、「ジュスティーヌ」や「ソドム」を読んだのでしたが、訳者については特に意識してませんでした。

その後、プリニウスについて調べてたとき、澁澤龍彦が「私のプリニウス」っていうエッセイを出していることを知り、その後彼のエッセイにちょっとハマりました。

なんせ博覧強記。
いろんな本が引用されて出てくるんですよ。

毒薬について、秘密結社について、その知識の豊富なことは、好奇心刺激されまくりましたよ。

が。

その後、彼の短編小説を読んで、

………………………………………………………………………………………………………………………

と、三点リーダ1万個ぐらいつけたくなりました(笑)

だってさ。



サドの世界をまるまる踏襲してないか、これ(^^ゞ?
……てな内容だったんですよ。

タイトル忘れちゃったんですが、いろいろな小説家の幻想短編小説を集めたアンソロジーみたいな本でした。

美しい乙女の髪を手ぬぐい代わりにするとか、まるきしサドの世界じゃん。


う~む。

でもまぁ、オマージュかもしれません。
それに、エッセイは面白いから、いっか、と思ってました。




が!!

おとといから、柴田宵曲の『妖異博物館』を読んでるんですけどね。

見たことあるんですよ。
読んだことあるんですよ。
知ってるんですっ!!!!!!!!

そう。
テーマの選び方といい、その内容といい、澁澤龍彦の『東西不思議物語』にあまりにも似てる……とうより、『東西不思議物語』が、『妖異博物館』に似てるんですようおうおうおうおうおう(T_T)

柴田宵曲が『妖異博物館』を出したのは、昭和38年。
『東西不思議物語』は、昭和50年。
……なんて年代を比べなくても、どちらが「日本における妖異」に詳しいかはわかっちゃいます。
それぐらい歴然としてます。


ふぅ。

まぁ、擁護すればですね。
『東西不思議物語』は、毎日新聞の日曜版に連載されたもので、他のエッセイ集に比べると、かなりとっつき易い内容となっています。
また、短い文章で、「ほぅ!」と思えるような知識が詰め込んである。

つまり、澁澤龍彦の本分とは違ったのかもしれないなとも思います。

でもさぁ。

う~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ん。

なんだろう、なんだろう、なんだろう……。
すごくひっかかる。
なんかひっかかる。
そういう人に対して、三島由紀夫が……ってところに引っかかりを感じまくるのであります。

なんだかな~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~。
スポンサーサイト
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。