FC2ブログ

謙譲語

外人さんが日本語を学ぶ時、大変だと感じるのは「敬語」だと言いますよね。

例えば、「言う」だと、「おっしゃる」「申す」の言い換えがあります。
「おっしゃる」は尊敬語、「申す」は謙譲語。
この他、丁寧語では「言います」になるんですよね。

丁寧語はまぁいいとして、尊敬語と謙譲語を取り違えるパターンを、よく見かけます。

会社員時代、
「もうすぐ部長が参られますので」
とか、
「課長が申されておりました」
とか。

よく聞いたなぁ(笑)

もちろん、社外の人に申し上げるときにはそれでもいいんです。
が、社外の人に「部長」「課長」を単体では使いません。

「部長の○○」
「課長の○○」
と、苗字を言うのが普通でしょう。

このとき気をつけたいのは、前後関係。
「課長」「部長」はいちおう尊称なので、「○○課長」「○○部長」とすると、身内を尊称で呼ぶことになってしまいます。

「課長の○○」とすると、「課長」は尊称ではなく役職となる。

……ややこしいっすね(^^ゞ

そのほか、目上の人に「お疲れ様です」という言葉を使っていいのかどうかなんていう議論もときどき見かけますね。
あぁ、ややこしい。
「ニホンゴむずかしいよ~」
と言いたくなる気持ちもよくわかります(笑)

さて。
つかこうへいのエッセーを呼んでいると、「愚妻」という単語がたくさん出てきます。
「愚妻はりんとした品があるので」
「愚妻の長いまつげが云々」
「愚妻の後ろ姿が鳴きたくなるほど美しい」
「愚妻ほどの美女だから」
「愚妻がいじらしくて」
などなど。
まぁ、ベタ褒めというやつですか(笑)

ときどき「愚妻直子」と書かれていますし、多分、実在の奥さまの話をある程度アレンジして書かれているのだと思います。

で、なんとなく「つかこうへい」で検索してみると、奥さまの直子さんは元女優だと書かれているじゃあありませんか。
なら画像があるんじゃないのか?と検索してみたくなりません?
だって、こんなにベタ褒めなんだもん(笑)

ところが……。
どうやら、演歌歌手に生駒尚子さんとおっしゃる方がおられるらしく、こっちばっかりひっかかってくる(^^ゞ
これは別のキーワードも入れねばと、「つかこうへい 生駒直子」で検索しても、なぜだか尚子さんの方ばっかり。
いろいろやってもやっぱり尚子(←失礼)

なんとなく煮え立ってきて、「愚妻 生駒直子」で入れてみることにしました。

すると……。

「愚妻」という言葉に対してムカついておられる方の文章やらブログが上位にぞくぞくとヒットしたんですわ。

「『愚妻』という言葉があるのに『愚夫』という言葉がないのは不公平だ!!」
とかですね(笑)
「妻に対して愛情があるなら、『愚妻』なんて言い方ができるはずがない!」
などの論調でした。

そしてそれとは別に、
「日本人は自分を謙譲することは良しとしても他人を貶めるようなことは良しとするわけがない。『愚妻』の『愚』は『妻』ではなく自分にかかっている。つまり『愚かな妻』ではなく『愚かな自分』の『妻』なのだ」
というお話もありました。

例えば、「拙著」という言葉も「拙い著作」ではなく「拙い自分」の「著作」だとおっしゃるんですね。

なるほど。

なるほどとは思うけど……どうも屁理屈な気がする(^^ゞ

Facebookにそのことを書いたら、愛妻家(自称では恐妻家)の知人からコメントをいただきました。
彼はクリスチャンで、奥さまのことを「最高の親友という感覚に近い」とおっしゃってたと思います。

彼曰く、
「家族を一体として感じ得るとき、『愚妻』『愚息』などという表現があり得るんじゃないか」
とのこと。

実はこれ、私も同じようなことを考えていました。
つまり、「夫婦は一心同体」という確固とした思想があれば、「愚妻」の「愚」は妻にも自分にもかかってくる。
「私たち二人とも、本当に考えなしなのでご鞭撻くださいね」
という気持ちがそこに読みとれます。

私個人は、そういう感性は、なんとなく好き(笑)
無条件に、相手は自分より偉いに違いないと信じている人って、なんか素敵です。

繰り返しになりますが、つかさんのエッセーでは、奥さまのことをベタ褒めです。
というか、通常ならあり得ないほどのいい女なんですよ。

合気道の使い手で、だから凛としていてしなやか。
その上美人で品があり、たたずまいを崩すことはない。
性格は素直で勤勉。まじめで熱心でそのくせ控え目。
純粋過ぎて少し間が抜けることはあるが、聡い気質である。
親の教育が少し変わっていて世の中のことを知らず、テレビという機械があることさえ知らない。

ね?
まぁ、こんな人はいないと思います(笑)

彼女をして、「愚妻」と言うから、「愚」が活きるんですね。

奥さんの悪口ばっかり言ってる男が、「愚妻」なんて言えば、
「そんな女性と結婚するお前が愚かなんやろが」
と、毒舌のひとつも吐きたくなるってもんですよ。

私がうちの、世界一可愛いチュリーを、「あほ鳥」と呼ぶのは、あんまり可愛くて、美しくて賢いので、「うちの賢くて可愛い鳥が」なんて書いたら、自慢になっちゃうからです。
そしてうちの世界一食いしん坊なびーこを、「あほ犬」と呼ぶのは、あほだからです(←ヲイ)。

まぁそういうわけで、例えば奥さんのことを好きで好きで仕方ないんだなと誰もが感じる男性が、「愚妻がね」なんてことを言うと、「なに??自慢???」とか思っちゃう(笑)

ただ、上記知人は、こんなこともおっしゃってました。
これはママ転載しますね。
「謙譲語に、ともすると美徳よりも卑屈さを感じることがあるような気がしますが、これはもしかしたら近代、というよりも現代になって「目に見えない、自分(人間)より偉いもん」を意識しなくなり、謙譲が対人的にしか意識されなくなったということがあったりしないかなぁなどとも思いました。」

これには目からウロコでした。

確かに、謙譲する相手は、人間ばっかりじゃないんですよね。
祝詞でも、「かしこみかしこみ 申す」で〆るもんなぁ。

そして神から見れば、どんなに賢い人でもやっぱり「愚」でしょうから、「愚妻」と言っても、なんの悪口でもないわけです(笑)

んなことを考えればやっぱり、人は「神」を意識して生きる方が生きやすいなぁ……。
謙譲語のことを考えてたら、神にまで行きついちゃいました(^^ゞ
スポンサーサイト
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31