スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

距離感

休みだというのに、この土日は5時半起きに6時半起き。
普段は8時ごろまで寝てるので、比較的早起きでした。

土曜日は宇陀の酒蔵へ行くためでしたが、日曜はもっと個人的な理由。

旦那が昼から出勤だったので、午前中にいつもの公園へ行って、帰ってきたかったからなんですよね。
これから3週間、旦那は土日も仕事。
もちろん、電車とバスを使えば私一人でも行けるけど、3倍ぐらいの時間がかかるんだよね~……。
バスも一時間に一本しかないし(T_T)
なので、この期間は一週間に二日出かけるというわけにはいかないんです。

さて、公園に着いて、真っ先に出会ったのが、いつものジョウ君です。

「いつもの場所」から、道を挟んだ林の、入り口あたりにある樹の枝に止まり、小さく鳴いていました。

「おはよう!」
と声をかけて近づくのですが、逃げません。
私の姿を確認すると、枝から地面に降りて、土をほじくり始めました。

0130_7.jpg

ハイタカが出るようになったため、小鳥たちの観察が難しくなった……と探鳥会の方はおっしゃってるようです。

このジョウ君と顔なじみのブロガーさんも、
「かなり探したのだが会えなかった」
と書いておられたので、普段は林の中に隠れてるのかもしれません。

こんなことを言うと、鳥研究家さんに、
「ええ加減なことを言うな」
と言われるかもしれませんが、ジョウ君の行動を見ていると、やっぱり、
「人間は盾になる」
と理解しているような気がします。

少なくとも私は、
「他の動物を近寄らせないために使える」
と思われているような気がする。

ほとんどの動物にとって私は、動体視力も疾走能力も、もちろん飛翔能力も劣った存在ですが、なんやいうても「道具を使う大きな動物」ですから。
近寄りたくない存在のはず。

「これは自分に害をなす存在ではない」
と知っているジョウ君にとっては、便利な存在と感じられるのかもしれません。

ここのところいつも、私の顔を見ると、まず挨拶のようにすれすれのところを飛んで着地し、地面をほじくり返しはじめるんですよね。
私が公園についたときには姿が見えなくても、ウロウロしていると林の中から飛んできて、目の前に着地することもあります。

「『盾』が来た!」
ってんで飛んできてくれるんじゃないかな……と。

……という意識があるもので、私も周囲を見回しながら、危険はないかと警戒し、ジョウ君を見守ります。

0130_1.jpg

捕まえたのはカメムシみたいですね。
三回に一回ぐらいは、口に何かを咥え、飲みこんでます。

一通り一周して、「いつもの場所」の木の上へ。
食べ終わったので、テリトリーを視察するのでしょう。

その際はそばにいても邪魔になるだけなので、私たちは公園を一周することに。

0130_2.jpg

この日はビンズイが群れになっているのを見ました。
6~7羽いたかな?
こんなにたくさんのビンズイを一度に見たのは初めてです。

0130_4.jpg

ホオジロですね。

ホオジロはね~、厄介な存在なんですよ~。

なんせ鳴き方のバリエーションが豊富でしょ?

「あ、聞いたことのないさえずりだ!なんだこの鳥は?!」
ってんで血眼になって捜したあげく、
「なんだホオジロかよ」
ってことが今まで何度あったことか(笑)

そんなこともあって、ホオジロが悪いわけじゃないとわかってても、
「シャクに触る!」
ってんで、あんまり写真に撮ってなかったりします(^^ゞ

可愛い鳥なんだけど。
なんか、ごめんね(笑)

0130_5.jpg

これは旦那の撮影。
セグロはなんか可愛いですよね。
目の上の白線が眉毛みたい。

0130_8.jpg

ジョウビタキの♀も元気そうでした。

この子は3年前から馴染みの子……だと思うのですが、最近テリトリーを変えちゃったみたいで、去年までみたいに毎回会えるというわけにはいかなくなりました。

でも元気そうで何より。

と、公園内を一周。
ルリビタキも探しましたが、残念ながらこの日は会えませんでした。

そしてまた、「いつもの場所」へ。

でもそこにいたのは、ジョウビタキの♀。
ジョウ君が留守中にこっそり入ってるんですよね、この子。
すごく要領がよい(笑)

で、写真を撮らせてもらうかな、とカメラを構えると……。

ジョウ君が飛んできて、雌はどこかへ逃げちゃいました。

そしてジョウ君はまた私の足元をチョロチョロほじくり始めます。

このときは結構あちこち周ったような。
でも、近すぎて、望遠レンズをつけていると、ピントが合わないんです。
写真がなくて、すいません(^^ゞ

冬でもけっこうイモムシがいるみたいですね。
観察してると、何度か長い虫を飲みこんでるように見えたことがありました。
とはいえ、動きが素早いんで、よくわからないんですけどね。

土の中だし、もしかしたらミミズなのかなぁ?
でも、ミミズにしては太短いし、柔らかそうな感じに見えます。

虫についてもちょっと研究したいなぁ。
幅広げすぎたら大変かな(^^ゞ

さて、しきりに地の中の獲物をあさっていたジョウ君。

ふと、繁みのそばで動きを止めました。

1分ほど、繁みの中を覗き込み、何かを警戒していましたが、
0130_6.jpg

「大丈夫」
と確信したのでしょうか?
体をぷっと丸めます。

0130_3.jpg

ここらへん、も少しはっきり映ってたらいいんだけど。
結構離れた場所から旦那が撮影したものなんですよね、これ。

私にピントが合ってしまってるんで、ジョウ君の様子がイマイチよくわからないかも。
一枚目は藪の中を警戒しています。
二枚目は体を丸めてのどを震わせているところ。
わかりづらくてすいません(^^ゞ

のどをプルプルさせてるな~……と思ったら、消化できない種らしきものの固まりを、
「ペッ」
と吐き出しました。

ヒサカキの種?
こうやって、植物はあちらこちらに散らばっていくんですね。

未消化物を吐いてしまうと、杭の上に飛んで行ってこちらを見てます。

そろそろ帰らないと、旦那が仕事に間に合いませんので、
「あのね、これから3週間ほど会いにこれないと思う。でも3週間後、元気な顔を見せてね」
と挨拶します。

私は、あんまり人目を気にしない人間なので(笑)
ジョウ君に対しては、常時何かを話しかけるようにしてます。

だって鳥って耳がいいじゃないですか。
話しかける方が、私のことを覚えてもらえる確率が高くなると思うんですよ。

「私はジョウ君のことが大好きだからね。ずっと元気でいて欲しいと願ってる。だから長生きして、これからも可愛い顔を私に見せてね」
なんつぅて話しかけていると……。

ジョウ君、どうしたと思います?

ツッと羽ばたくと、私のお腹あたりスレスレまで飛び、触れるか触れないかというところで身をひるがえすと、飛んでいってしまいました。

まるで、私が何を言ったかわかっているかのように。

「わかった!」
と言ってくれたかのように。

野鳥とこころが通じ合えるかどうか。
専門家の意見は知りません。

でも、私は「通じ合える」と思う。
思いたい。

「3週間会えない」
って言っちゃいましたが……。

たぶん、一度ぐらい、電車を使って来ると思います(^^ゞ
「盾」になってあげたいもんね。
スポンサーサイト
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。