FC2ブログ

イメージの問題

うんこって、決して綺麗なもんじゃないですよね~確かに。



……朝っぱらから何を言い出すかと言われそうですが(^^ゞ

うんこってのはうんこが汚いわけじゃなく、うんこに繁殖する黴菌が汚いんだよなと改めて思ったわけですよ。
うんこ自体は、単なる「カス」ですもんね。
例えば、りんごジュースを絞った後のカスは別に汚くないでしょ?
あれと同じはずなわけですよ。
なのになぜ、うんこはかくも汚らしく感じてしまうのか?!

便器の底にある、その身(当社製造品の場合)には多少狭すぎる穴に、体をくねらせながら消えていくブツを見ながら、そんなことを思ってしまったのでございます。

確かに、「りんごジュース」と「りんごジュースの搾りかす」のどちらが欲しいかと言われたら、そりゃぁりんごジュースの方が飲みたいですよね。

でも、「豆乳」と「おから」のどちらが欲しいかと言われたら、そのときどきによって答えは違うでしょ?
カスだからってバカにするないっ!!
……って話ですわ。
えぇ。

うんこだって、うんこだって、うんこだって、生きてるんだいっ!!!(←生きてません)


つ~かうんこにたくさんの黴菌が繁殖するってことは、それだけ栄養豊富だってことですよねぇ?
確かに、人間の体の「いらないもの」「悪いもの」を一緒に排泄するわけだから、ウィルスなんかはおからよりも多めに含まれてる気はするけども。
実際問題、人間の体から出たばかりの、まだ黴菌が繁殖する前のうんこは、どの程度、人間に害があるものを含んでるんだろう?????


なんてことをなぜ言っているかというと、今そんなことを思いついたからです(笑)

さっき、メーラさんの迷惑メールフォルダを開いたら、いつ登録したんだかわからないメルマガが入ってました。

タイトルを見ると、
「便器より汚いタッチスクリーン」
と書いてある。

正直なところ、別に意外でもなんでもないですよね。
不特定多数の人が触るものは、黴菌がつきやすいというのは、想定の範囲内です。

それに対して、便器は家族しか使わないですしね。
確かに、大小のものが飛び散りますから、それに黴菌が繁殖するかもしれないけど、飛び散る場所って決まってるし、水が流れてますからねぇ。

比較してみれば、便器はさほど汚くないものなのかもしれません。


が。

タッチスクリーンは、普通に操作しますよね。
昔ちょっと流行(?)した、潔癖症の人なら、
「手袋しないと触れません!」
とおっしゃるかもしれませんが、そういう人は一部だと思います。

例えば、街を歩いていたらいきなりテレビの取材に呼び止められ、
「すいませんが、このタッチスクリーンを操作していただけませんか?」
と依頼されたら、多くの人が、なんのためらいもなく、
「えぇいいですよ」
とタッチスクリーンをポチポチするんじゃないでしょうか?

「あらぁ~~~便利だわぁ」
ぐらいのお愛想は言っちゃうかもしれない(笑)

でも、もし、もしもですよ?
街中を歩いてたら、いきなり呼びとめられ、
「すいません。テレビの取材なんですが、この便器をペタペタしていただけますか?」
と言われたら、どうしますっ?!

「え……なんのためにですくゎ?」
って聞いちゃいますよね?

私なら多分、聞きます。

素直に、
「えぇ、かまいませんよ~」
つぅて、ベタベタ便器触る人がどれほどいるでしょうか?

でもでもでも!!
でぇ~~~もぉおおおおおおおお。

本当はね。
便器よりタッチスクリーンの方が、危険なんざますよっ!!!!!!

あらいやだっ!!


……すいません。
なんで私、今日は朝からこんなにテンション高いんでしょ(^^ゞ

いやまぁなんというか……。
人間ってのは、イマジネーションの生き物だよなとつくづく思った朝なのですよ。
あほ犬のびーこなんか、タッチパネルだろうが、便器だろうが、気にせずベロベロ舐めそうだもんなぁ……。
それはびーこがあほだからかなぁ。
ゴールデンが便器ベロベロ舐める姿をあんまり想像できないしなぁ(←ここにもイマジネーションによる偏見が(笑))

仕事柄、私はイマジネーションが割と活性化されてる方だと思います。
例えば、グルメレポートなんかの記事を書く場合、読者さんのイマジネーションをくすぐらなきゃ仕事になりませんし。
資料をもとに記事を書く場合は、その資料から、対象を生き生きとイメージしなきゃなりません。

これが結構ね……。

昨日ちょろっと書きましたが、今、主にやりとりしている仕事が、お葬式の関係なんですよ。
お葬式にもライターの入り込む余地はいろいろあるんでしょうが、私が関係しているのは、いわゆる「会葬礼状」です。
参列したくださった方にお渡しする粗品に、挨拶状がついてますよね。
あれを書く仕事です。

どうやら、その業界でも始まったばかりのようで、編プロさんも試行錯誤のよう。
軌道に載るかどうかもまだわかりません。

最初にテスト原稿を書いたんですが、それが気に入っていただけたようで、
「まだテスト段階で、いろいろと試行錯誤があるし、柔軟に仕事をしていただきたいので」
と電話があり、しょっぱなの仕事を優先的に(っていう言い方は不適切かも)まわしていただけるということになりました。

……んなわけで、待ってたんですが……。

テストで書いたのは、「大往生」と言っても良い方のものだったんですよ。
でも、昨日いただいたのは、まだお若い方のものでして……。

そうなるとですね。
いろいろいろいろいろいろいろいろいろいろ……考えてしまうんですよね。
無念だったろうとか、遺族はこれからどうされるんだろうとか。
資料から伝わってくる、故人の人柄の良さに、「なんでこんな人がこんなに若く」……とか。

救いは、こういった挨拶状をプロに頼もうという遺族は、故人に対する愛情が深いってことでしょうか。
でもだからよけいに辛いとも言えるわけで。

というわけでですね。
これからしばらく、「死」についての話題が増えたらすんません。

朝から暗いのはどうかとも思うんですが、不器用なもんで、考えてることがすぐ出ちゃうんですよね……。
スポンサーサイト



プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -