FC2ブログ

ヨニ・ほと考

昨日はまずあほ犬の散歩&自分の散歩を済ませた後、体操に掃除……って感じでいつものプログラムを変更しました。
理由は、荷物が届くからどす。

荷物の配達時間指定を午前中にしたんですが、うちの近所の場合、クロネコヤマトの配達時間は10:00~12:00の一時間半ぐらいになる可能性がほぼ100%。
外出がその時間帯にかからないように、先に済ませたんです。
まぁ、それぐらい楽しみだったってことですね(笑)

届いたのは、「図説エジプト神話物語」と「古代エジプトうんちく図鑑」。
とりあえず、「神話物語」から入りましたが、この本、パピュルスや王墓の壁に描かれた物語を英語に翻訳したイギリスの歴史研究家さんの本を、さらに日本語に翻訳したもので、日本ではあまり知られていない物語が掲載されている一方、ちょっち……いやかなり不親切だったりします(^^ゞ

「図説」とある通り、写真はたくさん載せられてるんですが、なんの写真かという説明が一切なし!!

後ろの頁にまとめて説明があるのかな……と甘い期待を抱きつつ探しましたが、ほんまに一切ありません(^^ゞ

だから、物語はわかっても、それといわゆる「史実」とされている話の比定に、確信がもてん(>_<)

たとえば、大王ラメセスに庇護を受けるべく、バクタンの王は自分の娘の一人を妃の一人として差し出します。
ところがその王女のあまりの美しさに、ラメセスは「こんな美しい姫は見たことがない。この姫は私の妃とし、他の女どもの一番上に立たせる」と宣言します。

大王ラメセスとなっていますから、多分、ラムセス二世のことだと思います。
ラムセス二世がこの上なく寵愛し、特別視した王妃と言えば、ネフェルタリだと思うんですが、本に書かれているバクタンの王女の名前は「ネフェルウラー(ラーの美しい妻)」。
う~む……。

とはいえ、エジプト神話の雰囲気はよくわかりましたよ。面白い。

字がでかいんで、あっという間に読み終わり、「うんちく図鑑」にとりかかりました。
軽い読み物かと思っていましたが、かなり詳細に解説された本です。

イシス・オリシス神話については、もしかしたら、「図説」を底本にしてるんじゃないかというぐらい同じでした(後で見たら参考資料として「図説」がしっかり掲載されてました)が、どちらもプルタルコスの記述をもとにしているようなので、同じで当然かもしれません。
ただ、「図説」ではぼかして描かれてあったことが、この「うんちく」にははっきりと書かれていました。

それは、ホルスとセトの長い長い闘争の間の話についてです。

エジプト神話なんつぅのは、いろんな部族の神話を寄せ集めて、なんとかかんとか筋の通るものにしたものだと思われます。
日本書紀や古事記がそうであるように……ね(笑)
しかも3000年の歴史がありますから、いろいろな変更もあったでしょう。
ですから、いろいろな矛盾があり、太陽神も複数存在します。

しかし、原初から単独で誕生し、「生ける太陽」として天空を、「死した太陽」として冥界を……と毎日旅をしながら、死と再生を繰り返しているという意味では、ラー神ほど重要な太陽神はいない……と、神話集を読む限りは思われます。

太陽は、人間よりもずっと速いスピードで、そして際限ないほどに何度も、死と再生を繰り返すものと見られていたようです。
ケペル……スカラベ……ふんころがしは、生まれ出る太陽の象徴と考えられていたということですが……。
そこらへんの感性はイマイチ理解できません(笑)

さて、ラー神はもっとも古い神……ということで、多少なりともおいぼれているとエジプトの人たちは考えたようです。

だから、セトとホルスの王位の奪い合いについても、正しい判断が下せません。

学問の神であるトトは、
「前王オシリスの息子であるホルスが王位を継ぐべきだ。卑怯な方法でオシリスを暗殺したセトが王でいるべきではない。ただでさえ暴君で民草は苦しめられている」
と主張するんですが、ラーは、
「確かにホルスは孫だけど~、セトも私の可愛い息子だしな~」
なんつぅて決断が下せないわけです。

んなこと言うてたら、不正義がまかり通るっつうの。

それに対していちゃもんをつけたのは、集まった中で一番位の低い神であるところのババイでした。
彼は、言うんですよ。
「ラーよ、あなたはもう老いぼれている。その証拠に誰もあなたの神殿に拝みにこないではないか。あなたの時代は終わったのだ。正しい判断もできないのならひっこんでいなさい」

うっわ~~~~~、正論だわぁ……。
正論なんですけどね(^^ゞ
ラーは、最終判断を下すべき、最高神なもんで、ババイは冥界に追放されちゃいます。

でも、それで事件は終わりません。
ババの暴言(真実だとは思うけど)により傷ついたラーは、寝所に引っ込んで出てこなくなっちゃうんです。

困り果てた神々の中で立ちあがったのは、ハトホル。
彼女は美の女神・アフロディテと習合される神様なわけで、当然美人の女神です。
ラーの娘でもあります。

ハトホルはラーの部屋へ行くと、衣を脱ぎ捨て、素っ裸になります。
そして自分の女性器をですね。

べっろ~~~~~~~んっ!!

と(笑)

するとラーは大笑い。
ご機嫌も直って、神々のところに姿を見せたのでした。
ってんです。


さて。
どこかで聞いたことはありませんか、この話?

そう。
天照大神の岩戸隠れですよね。

天照大神は、弟スサノオの乱暴に怒って天の岩戸に隠れます。
困った神々は相談して、祝詞を読んだりいろいろするんですが、天照大神が岩戸から出てくる直接の原因となったのは、アメノウズメでした。

彼女は体を露出する衣装で踊りを舞い、あまつさえ自分の性器を神々の前で、
「べっろ~~~ん」
すると神々大笑い。

天照大神は、
「なんなの、楽しそうにしてるわね?」
と岩戸から顔を出し……。

そんな筋書きになっていますよね。

つまり、太陽神が隠れた後、美女神がみずからの性器を露出し、大笑いを引き起こすことによって問題を解決するという筋書きはまったく同じ。

またちなみに、ババイとスサノオの関係なんてのもちょっと考えたりします。
なにしろババイはその後、冥界へ行き、罪人として裁かれた死者の臓物を喰らい続けてるって言うんですから。

とするとほら、「罪喰い」でしょう?
スサノオの一つの側面ともいえる「贖罪」に関係が非常に深いように思われます。
つまり、ラーと天照大神、ハトホルとアメノウズメ、ババイとスサノオには、深い関係がありそうな気がするわけです。


さて、神話学に多少ともくわしいかたならばご存知の通り、実はこの筋書き、ギリシャ神話にも登場しますよね。

ギリシャ神話もまた、エジプト、日本と同じく、さまざまな部族がさまざまな神々を信奉していたのを、一つの体系にまとめたものでしょう。
ですから、すべての地方において、ゼウスが最高神だとは言えません。

たとえば、エレシウスでは、デメテルとペルセフォネが絶大な信仰の対象となっていたと言われます。

デメテルは穀物の神様で、季節の変化の原因は、彼女の悲嘆にあると言われています。
デメテルの娘であるペルセフォネは、冥王ハデスにさらわれ、ゼウスの審判の結果、一年のうち三ヶ月だけ冥界に、9カ月はデメテルの元にいることになります。
そのため、ペルセフォネがいる9カ月……春から秋にかけては穀物が実り、残りの3カ月……冬は穀物が実らないと考えられているわけですね。

これは有名なギリシャ神話の一節ですが、実はあまり知られていない逸話があります。
これはエレシウス秘儀の「デメテル賛歌」にある話らしいので、一般的な話じゃないのかもしれませんが、つまりこんな話。

娘をハデスに奪われたデメテルは、怒りと悲しみのあまり、真っ黒な衣装をまとってエレシウス王の神殿に籠り、一切何も食べなくなってしまいます。

穀物の女神が隠れたわけで、地上にはまったく作物がならず、人々は大困り。

せめて何か食べていただこう……といろいろな慰めを口にするのですが、女神はかたくなに何も食べません。

そこに登場するのは、イアンベ、もしくはバウボという侍女です。
彼女たちが女神を笑わせ、彼女に食べ物を食べさせることに成功するのですが、その方法はそれぞれちょっと違います。

イアンベは卑猥な冗談を言って笑わせた……とされています。
そしてバウボは……。
はい。ご想像の通り。
自分の性器をべッろ~~~ンと見せるわけですね。
女神大笑い。
ご機嫌も直って、ご飯を食べ始めた……と。

ね?
似てますよね?

また、「沙石集」では、遠のいた夫の愛情を復活させるべく、貴船神社を訪れた和泉式部の物語が載っています。
巫女さんは、自分の性器を露出させ、
「こうやったら、夫の愛を取り戻せますよ~~ん!」
と請けあうんですが、慎み深い和泉式部にはそんなことできません。

不思議なご縁もあったもので、この場面にたまたま彼女の夫である藤原保昌が通りがかります。

保昌は、恥じらう和泉式部を観て惚れ直し、めでたしめでたし。

和泉式部の復活愛と貴船神社は有名ですが、巫女さんが性器云々はあまり知られてないんじゃないかな。
そりゃ貴船神社としても、あんまり言いたくないですよね(^^ゞ
「うちの巫女が性器見せてね~」
……なんてね(^^ゞ

しかし。
女性が、自らの性器を見せるってことにはどういう意味があるんでしょうか?

もちろん最初に思い浮かぶのは、性的な意味です。

ラーとハトホル、アメノウズメと八百万の神々の関係においては、
「性器を見せる&相手が笑う」=「性的関係を持つ」
と翻訳しても、そんなには不都合がない……かもしれません。

でも、デメテルは女性ですからねぇ……。
いや、レスボス島での逸話で有名なサッフォーは紀元前7世紀のギリシャ詩人であることを考えれば、デメテルも同じ傾向があった可能性がないとは言えませんけども。

でも、サッフォーには夫がいたわけで、彼女がレズビアンであったという歴史的証拠は何もないようですよね。
まぁ、どうでもいいけど。

っていうか、女性器を見た神々の反応が、どれもこれも「大笑い」っていうのが、なんだか考えさせられます。

なんで笑うの?
形が変だから?
臭いから???(←ヲイヲイ)

ただ、性を知らない人物にとっては、男性器にしろ、女性器にしろ、そりゃへんな形をしてますよね。
大笑いしても仕方ないと思う。

とすれば、女性器を見て笑う神々とはつまり、「純真」ということなのかもね。

あ、そうそう、そういえば。
単独でこの世に生まれたラーは、単独で子どもを産むんでした。
つまり、自慰で子どもを為すわけで……。
それならば、女性器を観て笑うのも当然かも(^^ゞ

ただ、一つだけ言えるのは、エジプト・ギリシャ・日本において、女性器は世界を救ったってことです(笑)

いや~~~~~~~~~~……なんつぅかかんつぅか(^^ゞ
カラッとしない話ですなぁ(笑)
スポンサーサイト



プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -