FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒りん坊とイラチ

自分で言うのもなんだけど、私は決して、怒りん坊ではないと思う。
いや確かに、「カチン!」ときやすいところはあるけど、それは怒りん坊だってことなんだろうか(^^ゞ

ツボがあるんですよね、「カチンのツボ」(笑)
でも、そこに触れない限り、あんまり怒らない方だと思うんだけど……どうかしら。
そう思ってるのは自分だけかも(^^ゞ

でも、自分が「いらち」であることは、認めざるを得ません。

もう41歳。
そろそろ落ち着いてもええはずなんやけども。
落ち着きませんわ。

なんかね。
すぐイラッとする(笑)

例えば、一緒に食事の約束をしてたとします。

「何を食べたい?」
「……なんでも……」

もうこれだけで、イラッ!!!!!

「のりちゃん何食べたい?私はなんでもえ~でぇ」
なら、いいんですよ(^^ゞ

「相手の反応待ち」「指示待ち」ってのがダメらしい。

でも、もう40歳を超えてますから(笑)
とりあえずそこは抑えて、

「んじゃ~、あそこにおいしいイタリアンのお店があるから、そこに入ろっか」

とお店に入ったとします。

「さぁ、何を食べる?」
「……………」
「私は、このAコースにするけど、どうする?」
「じゃあ、私も」

この時点で、もう、席をたちたくて、たちたくて仕方がなくなってしまうのでございます。

でも、類友なんで、そういうような友人は、私にはおりません。
幸いなことに。
なので、よっぽどのことがない限り、この手のお嬢さんとお食事をする機会はないんで、大概大丈夫です。

問題は……。
今、一番お仕事をくださってるクライアントがこのタイプなんでございますわ(T_T)
フリーでやってはる人やのに、なんでこんなことでやってけるんやろ……。

ある金曜日、いきなり電話がかかってきて、
「あのぅ、そのぅ、いきなりなんですが、来週月曜日に取材って大丈夫ですか?」
「私は大丈夫ですよ」
「あのぅ、いや、そのぅ、カメラマンさんもお願いしたいんですけど……大丈夫ですか?」
「それは確認しないとわからないです」
「そうですか」
「いや……確認したいので、時間と場所を教えてもらえませんか?」
「あぁ……時間は午後です。場所はたぶん大阪だと」
「大阪のどこですか?」
「さぁ」
「それで全然違うんですけど」
「大阪市内だと、多分……」
「多分では確認できませんから、確認してください」
「あ、大阪市内です」
「絶対ですか?」
「多分……」

もう、この時点でキーーーーーーーーーーーー(-"-)

「場所と時間を、ちゃんと確認してから、もう一度お電話ください」
「はい……」

で、結局京都だったんですけどね(^^ゞ
カメラマン忙しい人多いんで、移動時間の長短で、仕事を受けられるかどうか全然変わってくるっつの。

そもそも、私に全部丸投げの人なんで、仕事の内容は全然わかってはらへん。
だから、よけいに恐縮してしまわはってるのかなという気配もあります。

電話してくるたび、
「あの、いつもすいません。いつもほんとにすいません。お世話になってしまって……」
から始まるのに、またいらっ!!!!!

なら、ちゃんと仕事把握してくれよ……(>_<)
全部報告しとるがな。

何もかも、「多分」なんですよね。
そして、「多分じゃ困りますから確認してください」と強く言って、初めて、確認作業に入ってくださるという。
それが本当に困るったら困る。

私は仕事をいただいてる立場なのに。
なんでこんなことになっちゃってるんだろう。
なんで、私がこんな偉そうにしてるんだろう。

私も悪いんですよね。それはよくわかります。
普通のライターさんは、いちいち相談しはるのかもしれない。
だけど私は、「ここはこうしておいたら間違いないよね」と勝手に判断しがちなところがある……のかもしれません。
自分では、「勝手に決めたらまずいな」と思うことは相談してるつもりなんですが、もっと細かいことも、普通の人は相談するのかもしれない。

そう、自分でも反省することもあるのでございますが。

これもね。
相性であるような気がするんですわ。

細かいことでも相談したくなる相手っていますよね。

レギュラーでいただく仕事の中で、「季節のイベント」の取材があります。
これは、電話だけの取材だし、ギャラも超安い。作業は細かくてめんどくさい。

ただ、いろんな情報が得られるし、電話代がでるんで、イベント担当者とゆっくり話ができるんで、結構楽しい。

そんでもって、この仕事の、私の「クライアント」にあたる人が、とっても信頼感のある方なんですよね。
私よりひとつ若い女性ですが、指示は的確だし、論理的。そして判断がスピーディー。

そういう人が「上役」にあたる場合は、
「これでいいはずだけど、念のため確認しておこう」
って思えるんですよね~。

対応が早いということもあるのかもしれません。

また、先方に確認すべき場合は、確実に確認をとってから回答をしてくださるということもあります。

結局、相性なのかもしれません。

そういう「上役」からの仕事の場合、どんだけうるさいことを言われても、どんだけ仕事の内容がめんどくさくても、ギャラがバカ安くても、楽しく仕事ができるんですよね。

結局仕事って、ものすごく全体的なもんなんだと思います。

たださぁ。
私は、お仕事いただいてなんぼの仕事なんだから。
クライアントに対しては、尊敬の念をもって仕事をしないといけないんですよね。
これはもう、絶対そうすべきだと思うんです。
それは、相手のためだけじゃなく、私が楽しく仕事をするためにも。

そう思うのに……。

いらちな性格、なおさなくちゃいかんと思うのだけれど。
もう、いい年なんだから、そろそろ落ち着いた性格になりたいんですけども。
スポンサーサイト
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。