FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラテン系

昨日の昼間、旦那の実家で義母を合わせて三人で、なんとなくテレビを見ていたら、「秘密のケンミンショー」をやっていました。
実は私、これを見るのは初めてなんだけど、この番組の中で、「大阪人」はよくネタとして使われてるみたいです。
まぁ、久本雅美もMCをやってるから、その絡みもあるんでしょうね。

私はほんまに、生まれてから今までず~っと大阪なんで、反対に
「え?大阪以外ではこうと違うんや?」
と驚いちゃうんですけどね(^^ゞ

例えば、
「え?土曜日の昼間は、よしもと新喜劇を見ながら昼ごはんを食べるんがデフォルトとちゃうん?」
とか(笑)

昨日の番組で取り上げられていたのは、
「大阪人はテレビに映りたがる」
ってことでした。

東京での街頭インタビュー風景は、インタビュアーがマイクを向けると、町を行く人はみんな顔が映らないように顔をそむけ、「何もないです」というように足早に行ってしまう……というようなものですが、大阪では、まずおっちゃんが、
「え?なにこれ、テレビ?映ってるん?え?何時に放送?」
と寄ってきて、ついでおばちゃんが、
「なんやのんな。テレビなん?私も映してぇな」
と寄ってくる……というようなVを流してました。

でもね。
東京はどこでロケしたのか知りませんが、大阪は、新世界でっせ?
新世界ていうたら、下町中の下町でんがな。
キタでロケしたら、またちょっと違う風景が撮れたかもしらんと思いますわ、私。

どうもね~~~~~~。
テレビのVって、「いかにも」なものをとろうとしすぎて、あざといです(^^ゞ

とはいえ、大阪人が「目立つことが嫌いじゃない」ってのは、まぁ、ほんまなような気がするし、私も街を歩いていて、カメラを持った人が声かけてきたら、逃げたりはせぇへんと思います(^^ゞ
んでもって、ギョロギョロと見回して、
「ネタになることあらへんかな?」
と探しまくると思う(笑)

……などと思っていたら、横で義母が、
「あの東京の人たち、本心から恥ずかしいと思ってんのかなぁ?」
と、首をかしげました。

「私には大阪の人の方が素直で正直に見える」
と。

どっちかというと控えめな義母がこう思うってことは、やっぱり大阪人は目立つのが好きなのかもね(笑)

「目立つのが好き」というか、何かのムーブメントに自分も参加したいという思いが強いのかもしれません。
「他人事」にできることは超少ないっていうか(笑)

で、そのとき、コメンテイターの誰かが、「大阪はラテン系だ」という発言をし。
「ラテン系って具体的にどういうことだろう?」と疑問に思ったというわけです。

以前、歌手のKさんにインタビューをしたことがあるのですが、Kさん(ものすごい感じの良い人でした)は、
「大阪の人は、韓国の人と熱さが同じラテン系なので、親しみが持てます」
とおっしゃってました。

つまり、Kさんは、大阪の人間は「熱い」と感じられたってことでしょうね。

ということは、ラテン系と呼ばれる要素の一つに「熱い」ってことがあるのかもしれません。

んじゃ、「ラテン人」とは?
定義は一つじゃないみたいですが、「ラティウム・ベトゥス(古代ラティウム・今のイタリア半島南西部あたり)に住んでいた人たちの流れ」ということで大体一致しているみたいですね。

彼らの子孫は、イタリア・フランス・スペイン・ポルトガル・ルーマニアそして中南米に移住してきたため、これらの国々の国民が、「ラテン系」と呼ばれるということのようです。

この中で、私が旅したことがあるのは、イタリアとフランスだけですが、フランスはたった一日、ルーブルとシャンゼリゼに行っただけなんで、どんな雰囲気だったか忘れました(^^ゞ

ただ、シャンゼリゼを歩いていたら、
「シノワ?シノワ?シノワ?」
とうるさく聞かれたことだけは覚えてます。

あんまりしつこいんで、
「中国人やったらなんやっつぅんやろ?」
と、
「ウィ」
と答えてみたらば、

「ジ・ュ・テーム」

……あほか(笑)
あんた、私が、
「ノン・ジャポネ」
って答えてても同じこと言うたやろ(笑)

そういう意味では、イタリア人男性のノリと似てるかもなぁ。
イタリアでは、どの店に入っても、
「あなたはとても素敵な女性だ。あなたにだけ素晴らしいものを見せたい」
みたいなノリで、私の右手を両手でそっと挟み、頬ズリしてみたりするんすよね(笑)

そりゃ~さぁ、アラン・ドロンみたいな人にそうされたら、ついつい買っちゃうかもしんないけど、
「いかにもイタリア人」
な、ビール樽体形のおっちゃんでもこのノリっすからねぇ(^^ゞ

でも、
「いらな~い」
と反応しても、明るいんですよね。買わないと決めた後でも、なんとはなしにだらだらとだべってることができるような雰囲気。

そういう意味では、大阪のおばちゃんは、ラテン系だよなぁ。
とにかく、「人としゃべるのが好き」ってところが(笑)

というわけで、このままでは話にオチができないんで、以前(以前っていうか10年近く前だったけど)に遭遇した、ボーイズバーの客引き(多分)の兄ちゃんについて書いて終わりにしようと思います。

あれは、大阪の道頓堀橋、通称ひっかけ橋の手前で信号待ちをしていたときでした。

歩くのが速いので、ナンパはおろか、客引きにつかまることもまずないんですが(でもなぜか道はよく聞かれる)、この日は信号があったので……チクショウ(笑)

彼は、私のカバンをつかみ、
「カバン持たせてください」
と来ました。

なるほど。カバンを奪って店へ直行すれば、客もついてこざるを得ませんもんね。
よぅ考えたぁる(^^ゞ

でも残念でした。
私のカバンはリュックなので、そう簡単には奪えないんですよね~~~~~。
兄ちゃんも、マニュアルをただ暗記するんじゃなく、「なぜそういうふうなマニュアルになっているのか」を勉強した方がいいと思うよ、頑張りな、ね(笑)

で、私がカバンを降ろさないと、今度は、
「ビールをおごらせてください♪」
とぬかした。
おごるんじゃね~だろ(笑)

「ビールはき・ら・い・でぇす♪」
うふっと肩をすくめて答えると、今度はそれを無視して、
「20代前半に見えますが、おいくつですかぁ?ご結婚なさってるんですかぁ?」
と来たもんだ。

当時私はまだ30歳だったけど、いくらなんでも20代前半は言い過ぎやろ(^^ゞ
嘘っぽいっつぅねん。

なんとなく意地悪な気持ちが芽生えてしまい、困らせてやろうと、
「年は55歳。レズビアンだから法律上は結婚してないけど、同居人はいるわよ~~~ん♪」
と答えてやったら、こういう言葉に対するマニュアルはなかったらしく、固まっちゃいました(笑)

で、退散するかなぁ~??と思ってたら……。
その兄ちゃん、どうしたと思います?

「うそっ!!!!!!!!!!!!!!」
両手をグーにして口元にあて、三歩ほど後ろに下がったんざます。

そしてそこにあった電柱にすがりつき、
「うそうそ、うそ~~~~~ん!!!!!」
お尻と頭を振って、右手を差し伸べてきます。

ひぇええええええええええええええ(^^ゞ

ちょうどそのとき、信号が青に変わったので、私は……逃げました。

でも橋を渡り終わる直前、恐る恐る振り返ると、その兄ちゃんはまだ、電柱にすがりついて、右手をこっちに伸ばしてたんですよね(^^ゞ

なんか……完敗です(^^ゞ
完膚なきまでの惨敗です。

まだ若い兄ちゃんでしたが、腕あるなぁ???
(いや、私は店に行きませんでしたが)

ようわかりませんが、多分これは、「大阪ならでは」の風景なような気がします。
それとももしかして、他の地域では、こういう客引き方法が一般的だったりしますか(笑)?????

とはいえ、こういうニュースを見るとね(^^ゞ↓↓↓
「最初の患者」男児が銅像に=新型インフルで有名人-メキシコ

つまり、今回の新型インフルエンザがメキシコで発生したおかげで、メディアに注目され、発生源となった村は超有名になったんだそうです。
なので、発生源とされる男の子の「功績」をたたえて、銅像が作られる……と(^^ゞ
この「功績」は、多分皮肉ではないようですよ、うん。

不謹慎だという思いもありながら、そういう感性について……嫌いじゃあないんだよなぁ(^^ゞ
スポンサーサイト
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。