スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻弄

いろいろつっこみ所があるニュースだと思う↓↓↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000011-jij-int
凶悪犯の正体、実は綿棒=DNA汚染で捜査混乱-独
3月30日6時11分配信 時事通信

 【フランクフルト30日時事】独警察当局を翻弄(ほんろう)し続けた凶悪犯の正体が、捜査で使用された綿棒のDNA汚染だったことがこのほど判明した。捜査のあまりのずさんさに「戦後の独警察の歴史で最もお粗末」(独有力紙フランクフルター・アルゲマイネ)との声も上がっている。
 独南西部バーデン・ビュルテンベルク州刑事局や同国メディアによると、2007年に同州ハイルブロンで女性警察官が殺害された事件を含め、オーストリアなど隣国にも及ぶ計40件のさまざまな犯罪現場から同一女性のDNAが検出され、「ハイルブロンの怪人」と呼ばれていた。
 ところが今年2月以降、少年らが窃盗目的で学校に侵入した事件からもこの女性のDNAが検出されるなど、明らかにつじつまの合わないケースが続出。当局が改めて調査した結果、問題のDNAが、綿棒を納入していた業者の女性従業員のものであることが、27日明らかになった。


何をどう、いろいろ考えちゃうかと言いますとですね(^^ゞ

一番笑っちゃうのは、綿棒という、「清潔」がかなり重要なファクターとなる商品に、製造業者の従業員のDNAがべったしとついていたという事実じゃないっすかね(^^ゞ

私は、「実験」なんてのはほとんどやったことないけどさ~……。
実験のやり方を説明する文章を読んでいると、「清潔な綿棒などで」なんて風に、綿棒の綿部分はほぼ無菌であることを前提に書かれたものが多いような気がする。

そして、ドイツの警察当局もそう思ってたんですよね。

だから、さまざまな事件現場で綿棒を使って、DNAの採取をしてたわけでしょう。

そして、「こんなにさまざまな事件現場に、同一のDNAが?!」とびっくりしちゃったというわけで(笑)

まさに「翻弄された」って感じですね(^^ゞ
しかし、そのDNAの付着した時期なんてのは科学捜査では判明しないもんなんでしょうかねぇ?

まぁ、いくら翻弄されたって言うても、こんな風に、事実がちゃんとわかればいいんですけどね。
わかんない場合は、とっても困る。

つぅのも、時期選挙ですね。

私は、次の総選挙のときは、「自民党以外に入れる」と決めております。
これはもう、去年の暫定税率復活のときから、揺るがぬ決意だったりします。

でもね~……んじゃどこに入れたらいいのかがわからんのですよね。

報道はアテにならない。

ただ、今のこの状況に、椿事件をあてはめて考えるのも、どうかと思う。

たしかに、報道を見ていると、自民党を叩くやり方がヒステリックなことには気づく。
でも、それぐらい叩かれてもいいと、私は思う。

何がいやかって。
何をやるにしても、自分たちは変わらずに、国民にツケを負わせる形で……ばっかりだもんね。

これはいかがなもんかと思うので、とりあえず、今の状況はぶっ壊したいんですよね。

「他の党にやらせても同じだよ」
なんて意見も聞きますけども。

んなもんやってみなわからんわけだし。
今の状況が良くないのは間違いないと私は思うので。

でも、具体的に、どこを応援したらいいんでしょうか……。

こういう「翻弄のされ方」は、いや~んなのでありました……。
スポンサーサイト
プロフィール

のりちゃん1968

Author:のりちゃん1968
大阪生まれ、大阪育ちのおばちゃんです。
40の大台を超えて、ますますおばちゃんに磨きがかかってます。

HP:http://www.norichan.jp/
Mail:norichan★norichan.jp
(★を@に替えてください)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。